安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

信州といえば・・・

信州といえば蕎麦!とすぐに返事が返ってくるほど
言わずと知れたこのあたりは、蕎麦で有名な蕎麦どころです。

信州そばは、日本での生産量第1位だそうですが、
お蕎麦屋さんの数も多いので、
地元産のそば粉を使っているお店ばかりではなく、
全部が地産地消という訳にはいかないのが実情のようです。

その中でも今日は、信州産のそば粉を使っているという
「こうの」というお蕎麦屋さんに行ってみました。

築400年を越す庄屋屋敷を利用したという重厚な外観。


f0233414_1255767.jpg



どんなお蕎麦か期待が高まります。


f0233414_1225552.jpg



そばがきも注文してみることにしました。
そばがきは、そば粉をお湯で練って作ります。
出来たてを食べると、そば粉の甘みがほんのり口に広がります。


f0233414_12262132.jpg



蕎麦は、そば粉と水とつなぎだけで打つ
(つなぎを入れない十割蕎麦もありますが)
とってもシンプルなお料理です。

シンプルだからこそ、そば粉やお水の質、そして打ち手の技で
おいしい、まずいが決まります。

ちょっとマクロビオティックのお料理に通じるものがありますね^^

安曇野地域だけでも、50軒余りのお蕎麦屋さんがあるようです。
安曇野の清廉な湧き水で打ったおいしいお蕎麦、
これも安曇野の魅力の一つですね^^

(但し、そばは陽性なので、マクロでは、女性は週1回程度まで、としています。
 おいしいからといって、食べ過ぎは禁物!ですね^^;)
by azumino-macro | 2010-04-19 12:38 | そば三昧