安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

長峰山

今朝の安曇野は、4月だというのに、霜が降りるほど冷え込みました。


f0233414_20371527.jpg



農作物への影響が心配ですが、
そんなよく晴れて冷え込んだ朝は、
決まって北アルプスがくっきりはっきりとよく見えます。
(水の張られた水田の表面は凍っていました!)



f0233414_21322773.jpg



こんな日には、きっと長峰山からの眺めがサイコーでしょう!
ということで、早速、朝早く、絶景を求めて長峰山に行ってきました^^



f0233414_21403336.jpg



長峰山は、
安曇野の東側(北アルプスとは反対側)にある約900mほどの低山で、
頂上に展望台やパラグライダーの基地があり、
車で行くことができる手軽さから、多くの観光客が訪れるビューポイントになっています。



f0233414_2238426.jpg



常念岳から白馬三山にかけて南北に広がる山また山の連なり。
この大パノラマの風景の圧倒的な迫力は、
きっとどんなに上手なカメラマンでも、写し撮ることは不可能でしょう。



f0233414_2147217.jpg



長峰山を訪れた際、ここからの眺めに、作家の川端康成氏は
「残したい静けさ美しさ」という言葉を残したと言われています。



f0233414_2292480.jpg



長峰山の頂上から眼下に広がる安曇野と
遥か遠くにそびえる北アルプスの両者が織り成す美しい風景を見ていると、
本当に「いつまでも残したい静けさ美しさ」だと思わずにはいられません^^
by azumino-macro | 2010-04-25 22:07 | 安曇野あれこれ