安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

延命水

今日の安曇野は、日中30℃を越す夏日(!)となり、
このところの急な気温の上昇にからだが完全についていけませんーー;

そこで、涼を求めて、延命水を飲みに行くことにしました。

f0233414_2057569.jpg

国営アルプスあづみの公園入り口より烏川に沿って走っている
蝶が岳や常念岳への登山道(車道)をしばらく行くと、
いくつもの清水が岩から流れ落ちている光景に出会います。

f0233414_20591814.jpg

これが、延命水です。

f0233414_20584419.jpg

周りに、マイナスイオンを放っているのを感じます^^

f0233414_20594130.jpg

岩の間から流れ落ちている地下水は、
飲むと冷たくてほんのり甘いおいしいお水でした^^

f0233414_2191425.jpg

水は命の源です。
確かに、こんなにおいしいお水は、
命を延ばしてくれるかもしれませんね^^

f0233414_21284366.jpg

近くを流れる烏川は、蝶が岳や常念岳付近に源を発し、
下流に運ばれた雪解けの冷たい水は、多くの堰で取水して農業用水に利用されています。

f0233414_21265479.jpg

道沿いに、見つけた「ハシリドコロ」です。
全ての部位に毒がありますが、中でも地下茎が猛毒で、
中毒を起こすと走り回って苦しむというところからこの名がつけられたそうです。
春一番に芽を出し、時期といい新芽の形といい、
フキノトウに良く似ているので、誤食されることが多いので要注意です。

f0233414_0575915.jpg

山に春を告げるカタクリや

f0233414_21272352.jpg

白いキクザキイチゲの花も咲いていました。

里は、春を通り越して初夏のようでしたが^^;
北アルプスの山々は、これからゆっくりと春を迎えるようです。
by azumino-macro | 2010-05-06 21:43 | 安曇野あれこれ