安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

蒲公英根 (ぼこうえいこん)

先日の田中愛子先生の講演会でお聞きした
野草、特にタンポポのお話があまりにも印象的だったので、
早速、私もタンポポを食してみることにしました^^

家の周りは、この通り、タンポポだらけ!
(庭の手入れを怠けているのがバレバレです・・・ね^^;)


f0233414_2157549.jpg


それまでは、ただの雑草ぐらいにしか考えていなかったタンポポですが、
実は、その根は蒲公英根(ぼこうえいこん)という漢方薬で、
健胃、利胆、解熱、強壮などの多種多用の目的で広く用いられていて、
中国のみならず、西洋でも健胃薬の薬草として知られているそうです。
(知らなかった~)


f0233414_21572536.jpg


確かに、抜いても抜いてもすぐに生えてくるタンポポの生命力は
他の植物に比べ群を抜いています。

このエネルギーをいただくのですから、ものすごいパワーとなりそうですね^^


f0233414_2212893.jpg


タンポポの根は、地下に真っ直ぐに伸びていて、掘り起こすのはなかなか大変です。
(地下に深く伸びる性質から、かなりの陽性と言えます)


f0233414_22123785.jpg


30分かかって、やっと少しだけゲットできました^^


f0233414_22125872.jpg


きれに洗って、細かく刻んで、きんぴらにしてみました。
ごぼうに似て、ちょっとほろ苦いですが、結構食べられます^^;

ちなみに、タンポポの根を乾燥させたものは、タンポポコーヒーと呼ばれ、
お湯を注いで、コーヒーのように飲むこともできます。

タンポポコーヒーは、刻んだタンポポの根を干した後、焦げないようによく煎って作ります。

タンポポの陽性のエネルギーは、からだを暖める効果があるので、
甘い物の摂り過ぎで陰性過多に傾いているからだには、きっと良い効果がある筈です^^

タンポポを食べて元気になり、
そのうえ、庭もきれいになるなら、一石二鳥ですね!
(しかもお金もかからなくて経済的!一石三鳥かも?^^;)
by azumino-macro | 2010-05-11 22:48 | Macrobiotic