安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

車山高原


35℃に迫る猛暑がまだまだ続いている安曇野@@;
関東圏に住んでいた頃は、長野県は、夏場の避暑地として訪れることが多かったので、
私の頭の中には、ごく自然に、長野県=涼しい、という公式が成り立っていたのですが、
今年のこの猛暑を体験して、これは全くの思い込みだということがよくわかりました!^^;

それでも、近距離にいろいろな高原があるお陰で、
暑さを逃れて涼みに行くことが出来るので、助かっています^^;
と、前置きが長くなってしまいましたが、
早速、涼を求めて、標高2,000mの車山高原に行ってきました^^

f0233414_0443187.jpg

車山高原は、八ヶ岳中信高原国定公園の大自然の中、
標高1925mの主峰車山を中心としたなだらかな起伏の草原で、
車山の山頂からは、360度の展望を楽しむことができます。
晴れていれば、富士山まで見えるそうですから、スゴイですね^^

f0233414_23433321.jpg

と言っても、この日は、丁度、富士山が見える辺りに雲がかかっていて
その姿を見ることはできませんでした(残念!^^;)

f0233414_23485377.jpg

車山山頂を見上げると、何か建物らしきものが建っています。
車山に最後に来たのは、娘がまだよちよち歩きだった頃なのですが、
その時には、確か、山頂には何もありませんでした。

f0233414_23524475.jpg

平成11年に気象庁により設置された気象レーダーだそうで、
このこともあって、山頂の雰囲気が随分と様変わりしていたので、驚きました!^^;

f0233414_23455683.jpg

秋の高原を代表する花、マツムシソウ。

そういえば、以前来た時(平成11年より前ということですね^^;)には、
もっと沢山咲いていたような記憶なのですが・・・。

季節は8月の末、その頃の車山では、マツムシソウが薄紫色の絨毯のように密集して咲いていて、
高原の涼風に吹かれている様が、何とも可憐で、感動したことを覚えています。

f0233414_12513413.jpg

今年の車山では、ニッコウキスゲが鹿による食害で壊滅的な被害を被ったため、
ニッコウキスゲの黄色に彩られた車山の初夏のお馴染みの風景が、全く見られなかったそうです。

ところどころにしか咲いていないマツムシソウ。
これは、一体どうしたことなのでしょう?
今年の暑さのせいなのでしょうか、それとも・・・・・?
(一面に咲いているマツムシソウのお花畑の写真をUPしようと思っていたのですが、
 完全に空振りでした^^;)

f0233414_1477.jpg

車山周辺の風景は、かなり様変わりしてしまった感が否めませんが、
山頂から見た風景は、昔見た風景と変わらず、感動的でした^^

それにしても、車山の昔の姿を記憶している者としては、
車山からニッコウキスゲやマツムシソウが消えてしまわないようにと、願うばかりです。
by azumino-macro | 2010-09-01 23:14 | トレッキング