安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

松本 ナワテ(縄手)通り商店街


今日は用事で松本へ行ったついでに、
JR松本駅から国宝松本城へと到る道と交差して流れる女鳥羽川に沿って、
昔ながらの白漆喰の壁と、腰の「なまこ壁」による土蔵造りの町並みが続く商店街、
ナワテ(縄手)通りを歩いてみました^^

f0233414_2326353.jpg

今日は、松本で今までに観測された最高気温36.1℃を記録したそうで^^;
(何もそんな日に、わざわざ見物に行かなくてもよさそうなものですが・・・・^^;)
強い日差しが照りつける中、商店街を歩いている人は、いつもより少なめです。

観光用に新しく造られた町並みの中に、

f0233414_23252630.jpg

昔からある古い町家が点在します。

f0233414_23254381.jpg

今でも使われていることが、感動的でさえあります。

f0233414_2326931.jpg

営業しているお店も、下駄屋、骨董品屋、和装店、民芸家具店などなど
日本の文化を今に伝えるお店が多いのが特徴です。

f0233414_23273100.jpg

新しく建てられた建物も、城下町らしい景観を損なわないようにと、
白い漆喰壁となまこ壁が雰囲気を盛り上げていますね。

f0233414_23273446.jpg

こちらは、信用組合だそうですが、町の景観形成に一役買っているようです^^

f0233414_23282732.jpg

お腹も空いてきたので、お蕎麦でもと辺りを見回すと、有名なお蕎麦屋さんには、
多くの観光客が、この暑いのに外で順番待ちをしています^^;

諦めて帰ろうとした時、ナワテ通りよりちょっと脇道に入った処に
静かに佇む「草菴」というお蕎麦屋さん?を見つけたので、入ることに。
(草菴は、日本料理店で紹介されることが多いようですが、メニューにはお蕎麦しかありませんでした?^^;)

f0233414_23275741.jpg

安曇野産の蕎麦粉を使った二八そば。
驚いたことに、新蕎麦ということで、早々と今年の新蕎麦をいただきました!^^

春に種蒔いた蕎麦は、今頃収穫するそうで、
今花が咲いているのは、秋蕎麦で、11月頃に新蕎麦として出回ります。

f0233414_23281185.jpg

こちらは、十割そば。
気がついたら、戸隠そばでも使っていた竹編みの丸いざるを使っていました!^^
(このざるに盛られて提供されるお蕎麦は、水切りがよいので、美味しいお蕎麦が多いです^^)

f0233414_23284417.jpg

帰り際に松本駅で見た、昔の駅舎にかかっていた駅名の看板が、今でも駅の入り口に掲げられています。

古い歴史と伝統が感じられる落ち着いた雰囲気が漂う城下町、松本。
今度はもっと涼しい時期に、ゆっくりとそぞろ歩きを愉しみたいと思いました^^
(今日は、暑すぎました~~!@@;)
by azumino-macro | 2010-09-05 23:16 | 信州あれこれ