安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

初めてのお料理教室


今日は、資格認定後初めて、クッキングインストラクターとして
マクロビオティックのお料理をお教えする機会を持ちました。
(ただし、生徒さんは一人ですが・・・・^^;)

マクロビオティックは初めてという初心者のためのメニューは、
まずは何と言っても、やはり玄米の炊き方からでしょう。

マクロビオティックは、玄米に始まり、玄米に終わると言っても過言ではないので、
おいしい玄米を炊くということは、マクロビオティックを実践する上でとても大切です。

圧力鍋で炊いた玄米と土鍋で炊いた玄米の味や食感の違いを食べ比べてもらいました。
(圧力鍋で炊いた玄米の写真を撮るのを忘れました^^;)

f0233414_22175195.jpg

土鍋で炊いた玄米です。
開いたカニ穴は、ふっくらおいしく炊けた証ですね^^

土鍋で炊いたご飯は、梅酢とすだち酢で寿司飯にし、
りんごジュースとお醤油で煮た油揚げに詰めて、稲荷寿司にしました^^

f0233414_22222878.jpg

副菜2品は、マクロビオティックの食養の基本レシピ、切り干し大根の煮物、と きんぴらごぼう です。

f0233414_222588.jpg

切干大根の味付けは、お醤油のみですが、切り干し大根の甘みで、とっても甘く仕上がりました。

f0233414_22265998.jpg

きんぴらごぼうは、弱火でじっくりとごぼうに火を通すことで、ごぼうの持っている甘みを引き出します。
ごぼうのえぐみが、ある瞬間から、甘みに変わったら、成功です!?^^;
味付けは、やはりお醤油だけ。夏場にふさわしく、あっさりと仕上げました。

f0233414_22291452.jpg

汁物は、玉ねぎの味噌煮。
玉ねぎに麦味噌を塗りつけて、とろ火でじっくりと煮込むだけですが、
玉ねぎの甘みが引き出されて、そのあまりの甘さにビックリするほどです。
(パセリのみじんをのせるのを忘れました^^;)

f0233414_22332868.jpg

一番好評だったのは、稲荷寿司でした。
おいしいと言って、何個も食べてくれました!^^;
(食べ過ぎはよくありませんが、主食の玄米なので、大目に見ましょう!)

今回は、マクロビオティックの基本中の基本のレシピを一緒に作りました。

その他、マクロビオティックの基本の考え方(一物全体、身土不二)や、
マクロビオティックの標準食(食事量の50~60%を全粒穀物でとる)についてお話しました。

いろいろ反省すべき点は多く、課題だらけの講習となってしまいましたが、
今回の反省は、必ずや次回に反映させたいと思います^^;

f0233414_1952137.jpg

玄米がおいしい!と言っていただけたのが、何よりも、嬉しい一日でした^^
by azumino-macro | 2010-09-10 23:22 | マクロビオティック料理教室