安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

秋祭り

広大な田んぼが広がる北穂高の田園地帯で車を走らせていたところ、
遠くの方に何やら旗らしきものが、空高く風に吹かれて翻っていました。

f0233414_21345871.jpg

お祭りの旗のようです。
のろしの様で、その大きさといい高さといい、物凄い迫力です。
遠くからでも、よく目立ちます。

f0233414_2135181.jpg

近くで見上げると、少なく見積もっても10m以上ありそうです。
こんな長い支柱を、一体どうやって建てかけたのでしょうか?

地区のお祭りでは、氏子がお祭りの準備をすることになっているので、
この辺りの住民の方が作業されたのだと思いますが、
それにしてもこの長さの竿をどうやってここに運こび、立てかけたのか、考えれば考えるほど不思議です^^;

f0233414_21423368.jpg

先日、穂高神社の近くで、
9月26日、27日に催される穂高神社のお船祭りに用意された「お船」の台が飾り付けを待っていました。
(「お船祭り」とは、穂高神社の祭神が安曇族の祖神(おやがみ)である海神をお祀りして行われるお祭り)

このお船も巨大な代物で、全て木で作られていることにも驚きです。

f0233414_21472741.jpg

これは、古厩会館前に置かれていた飾り付けされ、お祭りの山車として出陣(?)を待つ「お船」です。
上の木の骨組みは、こんな風に綺麗に飾り付けされ、「お船」になるんですね^^

f0233414_21474598.jpg

お人形や背景は何かの物語の一場面のようですが、歴史音痴の私にはよくわかりません^^;

f0233414_21562972.jpg

見上げると、空はすっかり秋空です。
これから、9月いっぱい、安曇野の各地にある鎮守様では、秋祭りが行われます。

稲刈りの頃に行われる秋祭りの盛り上がりは、なかなか盛大のようで、
安曇野に暮らす人々のその年の収穫の喜びを、最大限に表現しているのかもしれませんね^^

穂高神社の「お船まつり」今年は初めての見学です。
今から、とっても楽しみです^^
by azumino-macro | 2010-09-12 22:03 | 安曇野あれこれ