安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

マクロビオティック カンフェレンス2010@小淵沢 3日目


夜は、大久保地和子先生ご夫婦の計らいで、
蓼科にあるホーナー制の超豪華リゾートホテル「EXIV」に泊まり、
翌朝、会場になっている小淵沢のアルソワ本社に向かいました。

f0233414_2174486.jpg

朝からよいお天気で、途中、蓼科山がすっきりときれいに見えていました^^

まもなく会場に到着。
まずは、朝食ですね^^

f0233414_21131168.jpg

朝食をとりながら、午前中にお互い受講したい講座を念入りにチェック。

この時間帯は、中島デコさんのクッキングライブもあってどのプログラムに参加しようか悩みましたが、
結局、以前から憧れのパトリシオ・ガルシア・デ・パレデス先生のクッキングライブに参加することに^^

f0233414_2114367.jpg

「身土不二~環境にやさしい料理~」というテーマのもと、クッキングライブは始まりました。

f0233414_21144236.jpg

メニューは、枝豆のスコーン

f0233414_21375136.jpg

パエリア
(スペイン生まれのパトリシオ先生ならではのメニューですね^^)

f0233414_21152860.jpg

ほうとう(山梨の郷土料理!)

f0233414_21154441.jpg

山の幸のサラダ
(15種類近くのお野菜が使われています)

f0233414_21161248.jpg

この時期に小淵沢周辺で採れる地場の有機野菜を使い、うどんも手打ちで、
日本の伝統食の中にこそ、マクロビオティックのお料理の基本があるのだと再認識。

f0233414_21163455.jpg

今まで数多くの美味しいマクロビオティックのレシピを世に送り出してきたパトリシオ先生らしい、
素晴らしい内容の講習会でした^^

お料理をしながらのお話の内容も素晴らしく、丁寧に調理されたお料理もとても美味しかったです。
一度だけでなく、何度でも受講したい講習会でした^^

f0233414_21425765.jpg

昼食の後は、いよいよこのカンフェレンスのクライマックス、
食品添加物を取り上げて食品の安全性への警鐘を鳴らした「食品の裏側」著者の安部司先生と
アメリカを本拠に世界各国でマクロビオティックの普及啓蒙活動に従事されている久司道夫先生の講演です。

f0233414_21432578.jpg

安部先生の講演では、食品の安全性について深く考えさせられ、
食品に対する確かな知識を持って、自分で選択していくことの大切さを感じました。

久司先生のご講演は、今まで何度か拝聴させて頂いていますが、
いつ聞いても感動的で、聞く度に、マクロビオティックの進むべき道や
最終的な目的である「恒久的な世界平和と幸福」を再確認させられます。

f0233414_2225318.jpg

1日目、2日目と内容の濃いプログラムが続き、しばらく興奮冷めやらぬ思いで、夕食へ^^

f0233414_2231486.jpg

今回は、初めての参加でしたが、地和子先生ご夫妻とくーちゃん、石川さんとご一緒させて頂き、
楽しく充実した時間を過ごすことが出来ました^^

まだまだいろいろと学びたいという気持ちでしたが、カンフェレンスは明日が最終日。
4日目は、クロージングの後、マルシェが出店されます。

美味しい楽しい思い出を胸に、名残惜しい気持ちで、小淵沢を後にしたのでした。
by azumino-macro | 2010-09-21 22:22 | Macrobiotic