安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

十五夜の秋祭り

今夜は、十五夜、中秋の名月だそうですね^^
天気予報では、穂高地域は夕方から雨という予報でしたが、
安曇野では、宵の口に少しだけ、お月様が顔を見せてくれました^^

f0233414_22453998.jpg

今夜はまた、近くの神社の秋祭りの宵宮(前夜祭)で、綺麗に飾り付けされた「お船」を
地区の子供達が神社まで曳いていくことになっています。

初めての鎮守様のお祭りなので、見に行くことにしました^^

f0233414_23223733.jpg

先日、新屋地区の「お船」をUPしましたが、我が地区のお船も、なかなかりっぱです^^

お船の真ん中に飾られているのは、今年実ったばかりの黄金色に輝く稲穂です。
日本人の主食、お米をお船という山車に乗せて、感謝の気持ちと共に神様のいらっしゃる神社まで運びます。

f0233414_23231263.jpg

お船の上の人形は、甲冑姿の武士が多いようで、
お船の由来は、何か戦国時代に関係があるのかもしれませんね。

f0233414_22504486.jpg

こちらは、大人が曳く山車です。

f0233414_23255173.jpg

お船は、子供達や氏子の大人たちに曳かれて、神社へゆっくりと滑るように進んでいきます。

f0233414_23263087.jpg

お船が神社に到着すると、待ち構えていた氏子達が、歓声で迎えます。
この後、神事が粛々と執り行われ、浦安の舞という神楽が上演されます。

f0233414_22574017.jpg

そして、その後は、カラオカ大会だそうで、雨が降るという天気予報が見事に外れてくれたお陰で、
十五夜のお月様のもと、お祭りの賑わいが、いつもは静かな夜空に遅くまで響いていました。

最近は、安曇野でも専業農家が少なくなっているようですが、
お祭りは、五穀豊穣への感謝の表れなのでしょうね。

穏やかに更けていく宵空には、まあるいお月様が雲に見え隠れしながら、明るく輝いていました^^
by azumino-macro | 2010-09-22 23:16 | 安曇野あれこれ