安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

京ケ倉トレッキング


安曇野から北東の方向を眺めると、面白い形をした山が目に留まります。
(写真の真ん中に見える、双峰の山です)

f0233414_2174228.jpg

安曇野市のお隣、生坂村にある京ケ倉です。

標高990mの低山ですが、登山道は鎖場や痩せ尾根など、北アルプス顔負けの難しいコースもあるそうで、
3,000m級の山に行く前に足慣らしとして登る人も多いと聞いたので、挑戦してみることにしました^^;

f0233414_21174284.jpg

どこまで登れるか分かりませんが、とにかく行ってみることに^^:

f0233414_2121020.jpg

途中、見慣れないキノコが数多く生えていているのを発見!
そう言えば、そろそろキノコの季節ですね^^
(写真は、どうも猛毒のシロタマゴテングタケのようです^^;)

京ケ倉は、山全体が赤松林になっているので、条件さえ揃えば松茸にお目にかかれるかもしれません?
(今年は、雨が少なく、猛暑の影響で、松茸はまだまだ生えてきていないようですが・・・^^;)

f0233414_21283074.jpg

登ること約1時間半。
最初の難関のロープを使っての上りです^^;

ヒーヒー言いながら、やっとのことで上ると、そこには、話に聞いていた痩せ尾根が目の前に!

f0233414_2129788.jpg

頂上は、一枚岩の上に伸びるこの道の先にあるので、
登頂するには、何としてもこの痩せ尾根を行くしかありません!^^;

道と言っても、岩の上を歩いて行くだけなので、バランスを崩すととても危険です^^;
両側が切り立った崖になっているので、一歩間違えば、谷底に転落してしまう恐怖と戦いながら、
一歩一歩ゆっくりと歩を進め、何とか無事に渡りきりました!
(今思うと、よく行ったよねーと思います^^; 高所恐怖症なので、足震えていました!^^;)

f0233414_21484575.jpg

が、ほっとする間もなく、次の難関、またもやロープ場!
どうやって登るのー!?という思いでしたが、でも、ここまで来たら行くしかありません!
渾身の力を振り絞って、頑張りました!

f0233414_21514361.jpg

1,000mもない低山とは思えないほどの難関コースをやっとのことで制し、
ヘロヘロ状態でしたが、何とか頂上に辿り着きました^^;

頂上からの景色はご覧の通り!
頑張って登ってきたご褒美は、この素晴らしい景色でした^^

f0233414_21501830.jpg

お天気が良ければ、遠く、北アルプスの山々の連なりが見えるそうですが、
残念ながら、雲に覆われていて、その姿を確認することは出来ませんでした^^;

眼下には、安曇野から長野市へと流れ、その後、千曲川と合流し、
信濃川となって日本海に流れ込んでいく犀川が蛇行しながら流れているのが見て取れます。

f0233414_22282930.jpg

そして東側には、上田市方面の山々の連なりが見えて、360℃のパノラマを楽しむことができました^^

しかし、行きはよいよい、帰りはナントカ・・・で、
帰りも同じ道を通って下っていくわけで、下山は上りよりも数倍冷や汗を掻きながら、
ゆっくりゆっくり怪我しないように下りていったのは言うまでもありません^^;

(今、改めて写真を見ながら振り返ると、よく登れたものだと我ながら感心しています^^;)
by azumino-macro | 2010-09-24 22:17 | トレッキング