安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

赤そばの里 

蕎麦の花の色は白、と思い込んでいたら、赤もあると聞いたので、
興味をそそられ、見に行くことにしました^^;

先週、こっふぇるさんが見に行ったそうで、行き方を丁寧に教えてくれました。
(ありがとうございます^^)

向かったのは、辰野町のお隣の箕輪町、上古田地区、赤そばの里。

f0233414_20142596.jpg

箕輪町の上古田地区に広がる赤蕎麦は、高嶺ルビーと呼ばれ、
ヒマヤラの標高3800メートルに咲く赤い花の咲く蕎麦を日本に持ち帰り
品種改良したものだそうです。

f0233414_2019427.jpg

白い蕎麦畑の趣とまた違って、色鮮やかなピンク色の蕎麦の花が一面に広がります。

f0233414_20274994.jpg

高嶺ルビーという名前にピッタリのルビー色のそばの花。
一体どんなお味なのでしょうか?
(花より団子は、食いしん坊の証でしょうか?^^;)

f0233414_20301846.jpg

赤蕎麦のお蕎麦を食べさせてくれるお蕎麦屋さんがあるそうなので、
赤蕎麦の味を確かめたくて、立ち寄ってみました^^;

f0233414_20303637.jpg

これは、赤蕎麦100%の十割蕎麦です。

見た目は、今まで食べてきた蕎麦と全く変わりません^^;
花の色は違っていても、蕎麦粉の色は変わらない、ということなのでしょう。
(当たり前?^^;)

ところで、お味は?というと、
赤蕎麦のお蕎麦と言われなければ、絶対にわからないと思います^^;
(つまり、私には、違いが全くわかりませんでした・・・・^^;)

f0233414_2039153.jpg

本州では、高山に生息していると言われているクジャクチョウが、
赤蕎麦の花にとまって、花の蜜を吸っていました。

f0233414_20473846.jpg

一面のレッドカーペットも綺麗で素敵ですが、
赤と白の蕎麦の花のコントラストも面白そうですね!^^;

そんな蕎麦畑も一度、見てみたいです?
by azumino-macro | 2010-10-09 21:13 | そば三昧