安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

軽井沢漫遊 2日目

朝から良いお天気に恵まれ、いよいよ軽井沢バスツアーの出発です^^

f0233414_22585621.jpg

まず最初に訪れたのは、軽井沢の有名な観光スポット、雲場池。
別名スワンレイクともいい、一周20~30分で歩ける小さな池です。

初夏の緑と秋の紅葉の季節は、特に美しいと言われているようですが、
残念なことに、今年は猛暑の影響か、まだ紅葉にはちょっと早いようでした。

f0233414_22551227.jpg

次は、碓氷峠にある熊野皇大神社。
熊野神社とも言い、神社の社殿が長野県と群馬県の両県にまたがっている珍しい神社で、
参道と本宮の中央が県境にあたるそうで、この通り標識が^^;

f0233414_22541735.jpg

進行方向左手にある長野県側の那智宮は事解男命(コトサカノオ)、

f0233414_2256241.jpg

右手にある群馬県側の新宮は速玉男命(ハヤタマオノカミ)

f0233414_22564642.jpg

そして、真ん中の本宮は伊邪那美命(イザナミノミコト)を祀っています。

f0233414_2302658.jpg

長野県側にあるこのシナノキは、樹齢850余年だそうで、
長野県の天然記念物に指定されています。
シナノキとは、長野県の別称「信濃」の語源ともなったとも言われている樹ですが、
この樹をよく見ると、幹の瘤が人の顔のように見えますね(人面樹?)^^;

f0233414_234451.jpg

その後、各自それぞれの自由行動となり、
旧軽井沢の商店街をブラブラと散策しながら駅の方へと下って行くと、
大正10年にカナダ人宣教師、アレキサンダー・クロフト・ショーが
創立した軽井沢ショー記念礼拝堂がひっそりと建っていました。

f0233414_2318208.jpg

更に下って行くと、あのジョン・レノンも軽井沢滞在中にしばしば訪れたという
有名な「茜屋珈琲店」がありました。
コーヒーが美味しいとの先生のご推薦もあって、ちょっと立ち寄ることに^^

f0233414_0185482.jpg

茜屋珈琲店では、店内に並ぶ数多くのコーヒーカップの中から、
そのお客のイメージにあったコーヒーカップを選んで、サーブしてくれるそうで、

f0233414_23221580.jpg

私達には、この大倉陶園のブルーローズを選んでくれました^^
あまり苦くない甘みのあるコーヒーで、
コーヒーの苦手な私でも、飲みやすい美味しいコーヒーでした^^

f0233414_0383158.jpg

そして、大急ぎで、石の教会 内村鑑三記念館を見学。
ケンドリック・ケロッグという建築家の作品だそうで、
天地創造の五大要素、石、光、緑、水、木によって創られているそうです。

f0233414_23264741.jpg

駆け足で回ってきましたが、そろそろ、お昼時。
沢山歩いたので、お腹も空いてきました^^;
今日、一番のハイライト、ランチの時間です!(食べることが一番の楽しみ?^^;)

バスで移動して、軽井沢レイクガーデンの中にある「ブラッセリーナカガワ」へ^^

f0233414_23271542.jpg

新しい建物ですが、古い英国の煉瓦造りの古屋敷のような雰囲気で、
ロマンチックでお洒落な建物に女性陣はウットリ^^;

f0233414_23515315.jpg

軽井沢らしいセンスの良いエクステリア、インテリアで、ランチへの期待が高まります^^

f0233414_23273848.jpg

メニューは、今日のスープ、かぼちゃのポタージュ。

f0233414_23275172.jpg

鯛のポワレ・ホウレンソウのソース

f0233414_2328877.jpg

デザートは、パンナコッタ。
それに、パンと食後のドリンクがつきます。

f0233414_23285291.jpg

ゆっくりお食事を楽しんだ後は、イングリッシュガーデンを散策しました。

f0233414_2329923.jpg

雲場池ではまだでしたが、ここでは綺麗な紅葉を見ることができました^^

f0233414_23292098.jpg

秋バラも綺麗に可憐に咲いていました。

f0233414_23293443.jpg

お天気にも恵まれ、(晴女、晴男が揃っていた?^^;)
美味しい食事と楽しい会話で大いに盛り上がった2日間!

お別れが惜しまれましたが、帰路につく時間となり、
楽しい思い出を胸に、再会を誓い、軽井沢を後にしました^^
(先生、皆さん、楽しかったです^^ありがとうございました!)
by azumino-macro | 2010-10-13 23:21 | 信州あれこれ