安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

第5回マクロビオティック料理教室

今日は、マクロビオティック料理教室の第5回目です。

今日の講義では、食物の一般的陰陽の見分け方、特徴、
動物界、植物界の陰陽、そして、桜沢如一先生が唱えられた無双原理、
すなわち、宇宙の秩序7つの原則と
無限宇宙の12の変化の法則を勉強しました。

メニューは、

雑穀入りご飯

f0233414_21321248.jpg

玄米に、黒豆、ひえ、あわを混ぜて炊きました。

f0233414_21335512.jpg

そして、甘い野菜のスープ
玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんのみじん切りを同量用意し、
陰→陽になるように重ね、静かに煮出します。

f0233414_21341080.jpg

そして、漉してできたのが、この野菜エキスいっぱいのスープです。
この甘い野菜のスープは、動物性の食品の摂取による硬化を和らげてくれます。
特に膵臓を和らげて、血糖値を安定させ、
体と筋肉をリラックスさせてくれる効果があります。

f0233414_2215960.jpg

にんじん葉入り、スクランブル豆腐。
お塩のみの味付けですが、玉ねぎ、にんじんの甘みが出て、
お豆腐もふっくらした食感で、スクランブルエッグのような味わいです^^

ここに使われているにんじん葉は、
生徒さんが自分の畑で作ったにんじんを一本丸ごと持ってきてくれたので、
その葉を使わせてもらいました。新鮮で柔らかい葉っぱでした^^

f0233414_2145820.jpg

茹で野菜とわかめのサラダ
野菜をそれぞれ茹でて、味噌ドレッシングで和えます。

野菜を茹でる事で体を冷やしすぎないため、これからの季節にはピッタリのサラダ。
どんな野菜で作ってもOKです。

f0233414_21513495.jpg

ドレッシングも、味噌を使う事で、体を温める効果が。

寒い季節に、生野菜にオイルを使ったドレッシングをかけて食べるのは、
体を冷やすことになるので、控えましょう。
(体を冷やすと、風邪などの体調不良の原因になります)

f0233414_22371789.jpg

甘酒ゼリー・フルーツソースかけ
材料は、甘酒、豆乳、りんごジュース、葛、寒天で、
上にブルーベリーで作ったソースをかけました。

f0233414_22585117.jpg

試食後の残ったお料理は、生徒さんのご家族に食べてもらえるようにと、
持ち帰ってもらっています。

そのお料理を、美味しい、とご家族が、楽しみにしてくれていると聞いて、
とても嬉しくなりました^^

f0233414_22355367.jpg

マクロビオティックのお料理は、一見とても難しそうですが、そんなことはありません。
陰陽の原理も、それほど難しいものではありません。

そして、作り方は、とってもシンプル!

毎日のおかず作りに役立つレシピばかりです^^
by azumino-macro | 2010-10-22 22:37 | マクロビオティック料理教室