安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

ビューポイント探し

現在、安曇野市の安曇野ブランドデザイン会議「安曇野百選プロジェクト」では
私の好きなビューポイント募集 あづみのの秋」と銘打って
安曇野の秋のビューポイントを募集しています。
(自遊人さん、情報ありがとうございます^^)

そこで、という訳ではありませんが^^;
松本へ買い物に行きがてら、北アルプスがよく見えるビューポイントを探してみることに^^

f0233414_025115.jpg

やっと探し当てた場所は、雲がかかっていなければ、
常念岳を真正面から見ることができるなかなかのビューポイントだったのですが、

f0233414_085213.jpg

残念ながら、ここは惜しくも、松本市なので、
募集内容にあった「安曇野市内の」という条件には合いませんね^^;
(アト数百mで、安曇野市なんですが、ちょっとばかり外れてしまいました・・・・^^;)

f0233414_0161927.jpg

帰り道、丁度夕日が沈む時間と重なり、松本市より綺麗な夕焼けを見ることができました^^

北アルプスに面している市町村では、
水平線より3,000mも高い山影に太陽が早く隠れてしまうため、
日の入りが、通常の日の入り時刻より早いということに最近気づきました^^;

f0233414_0315397.jpg

また、半年前のGWには、夕日は、常念岳の辺りに沈んで行ったのですが、
(上の写真は、長峰山から5月16日に撮った写真です)

f0233414_0342820.jpg

今の時期は、太陽が沈むポイントは、常念岳よりも南に移動していて、
北アルプスを外れて、大滝山の辺りに沈んでいくように見えます。

調べてみると、 春分の日と秋分の日は真西に沈み、
6月の夏至の時に最も北側に沈み、12月の冬至の時には最も南側に沈むそうで、
太陽は1年に約60°も沈む方向を変えているのだそうです^^;
(たしか、小学校の理科の時間に習いましたね^^;)

f0233414_0532488.jpg

冬至までまだ1ヶ月以上あるので、
太陽の沈む位置は、更に南へ移動していくということになり、

この分だと、安曇野から眺めるきれいな夕日は、
しばらくの間はお預けになるかもしれません^^;
by azumino-macro | 2010-11-17 23:50 | 安曇野あれこれ