安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

芦ノ尻道祖神

先日、北アルプスのビューポイント探しに行った際、車で通った県道12号沿いに、
芦ノ尻道祖神」という一風変わったユニークな姿の道祖神に遭遇しました^^;


f0233414_22183486.jpg


道祖神は、昔の人が、村に邪気や厄が入ってこないように、村の入り口に道祖神を祀り、
無病息災を願ったと言われていますが、
石像であることが多く、縄で作られているのは、長野県では珍しいようです。


f0233414_22185611.jpg


これがその、道祖神です。
見れば見るほど、ユニークな顔をしていますね!^^;

縁結びの神様としても祀られているそうで、、
正月の松飾りのしめ縄で、毎年1月7日に作られるそうです。
なので、毎年、顔が少しずつ違うようで、
来年また見に来ると面白いかもしれませんね^^


f0233414_22193892.jpg


そして、この道祖神が真っ直ぐ前を見据えている先には、こんな風景が広がっています^^


f0233414_22251381.jpg


北アルプスを一望できる見晴らしの良いこの場所で、
昔からず~と、この美しい風景を眺めてきたというのですから
なんとも羨ましい限りですね!^^;

今回は、ちょっと前の写真のUPで申し訳ありませんが
最近、北アルプスが雲に隠れて姿を現さないので、その姿が懐かしくてUPしました^^;

ちなみに安曇野の道祖神は、


f0233414_2246618.jpg


石に彫刻された双体道祖神が多いですね^^
しかも、とっても男女仲の良い円満な雰囲気で微笑ましいです^^

この道祖神は、数ある道祖神の中でも、特に好きな道祖神です^^

(そう言えば、道祖神についてまだUPしていませんでした!@@;
 安曇野と言えば道祖神、というイメージが強いのに、うっかりしていました^^;
 道祖神は、知れば知るほど奥が深いようで、
 詳しくは、もう少し勉強してからUPすることにいたします^^;)
by azumino-macro | 2010-12-15 23:04 | 信州あれこれ