安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

真冬日の北アルプスと白鳥と

気象庁発表の今日の最低気温、穂高は、-5.3℃
(一昨日の-9.9℃に比べたら、まだまだ序の口です?^^;)

f0233414_2214599.jpg

エ?最低気温は、-0.4℃!!??
ということは、今日は一日、ず~とマイナス気温?!@@;
真冬日というんだそうで・・・・^^;

2℃に設定してある我が家の冷蔵庫の中より寒いということで!
さすがに冷凍庫は、-20℃に設定してありますが・・・・^^;
こんな気温が続くようなら、冬の間は、食品を冷蔵庫に入れる必要ナシ?^^;)

f0233414_22162186.jpg

そんなに寒かったとは知らず、このところ雪が降っていないことをいいことに、
最近ぱったりと行かなくなってしまった大町の方へ^^

大町は、降った雪が道路の脇に積まれていて、この寒さで溶けずに、根雪になっていました!^^;
(大町は、最低気温-10℃、最高気温-2.1℃!
 そうとは知らず、私、さらに寒い所に行っていたんですね!^^;)

f0233414_22175991.jpg

マイナスの気温だけあって、空気が澄んで、北アルプスの姿も凛々しく、
見ていて、清清しい気持ちになりますね^^
(とは言うものの、シャッターを押す指が悴んで、極寒の季節の撮影は、結構大変です^^;)

f0233414_2220842.jpg

せっかく大町へ行ったので、久しぶりに「わちがい」さんへ^^
わちがいさんでは、膝に乗せるアンカを用意してくれていました^^
(わちがいさんのおもてなしの心、素晴らしいですね^^)

f0233414_22205123.jpg

いつ来ても、美味しい「わちがい」さんの現代風にアレンジした郷土料理の数々。
マクロビオティックではありませんが、いつも、どのお料理も丁寧に作られていて
食材を気にせず、安心して頂くことのできる数少ないお店です。

f0233414_22213174.jpg

帰り道、北穂高の孤島の白鳥が気になり、立ち寄ってみました^^

f0233414_22232733.jpg

真っ白な白鳥の中に、体(特に首から頭にかけて)が少し灰色の白鳥が混ざっていますが、
これが幼鳥でしょうか?(幼鳥と言っても、体の大きさは成鳥と同じくらいありますね^^;)

今日は、まったく一羽もカモさんがいませんねぇー?不思議です?

f0233414_22355732.jpg

周りに十羽ほどトンビがいたので、これが原因かもしれませんね?
(白鳥は、トンビより大きいので、トンビは天敵ではないのでしょう?)

f0233414_22243824.jpg

コハクチョウが飛び立つのを待っていたら、反対に飛んできました!
(あまりに急だったので、かじかんだ指では、シャッターが間に合いません!^^;)

f0233414_222511.jpg

何とか、飛翔の一枚が撮れました!^^

f0233414_22252442.jpg

というより、着水の一枚、という方が正しい?

f0233414_22254564.jpg

着水してやれやれと思う間もなく、この後、あのコハクチョウが?と目を疑うような光景が!^^;

f0233414_236249.jpg

新参者にいきなりの一撃^^;
コハクチョウの世界にも、縄張り争い(?)があるようで・・・・^^;

f0233414_2362135.jpg

このような人間界さながらの小競り合いは、結構目にするので、
実際のコハクチョウは、あの優雅なイメージとは違い、かなり荒々しい面もあるようです^^;

f0233414_22294655.jpg

これは、どう見ても、威嚇のポーズか、勝者のガッツポーズにしか見えないんですけど・・・?^^;

f0233414_2321725.jpg

マイナス気温の寒さの中でも、自然界に生きる鳥などの生き物は、逞しくて、元気です^^

今日の時点での白鳥飛来数は、355羽。
一時多いときは、2000羽を超えていた安曇野の白鳥飛来数。
少しずつ増えてきているとはいえ、やはり、今年は例年よりかなり少ないと言えそうですね^^;
by azumino-macro | 2011-01-10 23:37 | 安曇野あれこれ