安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

試作 煮りんご入りおやき

今月の24日に(もう2週間ありませんね^^;)地和子先生の教室で
「信州安曇野の郷土料理」をマクロビオティクにアレンジし
デモスト形式でご紹介する料理講習会をやることになっている関係で、
この所、毎日、試作、試作が続いています^^;

メニューはほぼ決まり、あとはひたすらレシピ作りに励むのみですが^^;

一番問題なのは、デザート(?)の「おやき」
信州と言ったら、やっぱりおやつは、「おやき」でしょ!と
インストラクター仲間のMちゃんに言われたものだから、
ついつい私もその気になって、「おやき」に決めたのはいいけれど、
信州のおやきに恥じないおやきを作らなくては、おやきに申し訳ない?^^;

(でも、おやきって、お店によっていろいろ味や食感の違いがあって、
どういうおやきにしようか迷ってしまいます^^:)

f0233414_20445363.jpg

安曇野、豊科にある石焼きおやきのお店「うしこし

f0233414_20463662.jpg

しっかり、どっしりした大き目のおやきで、成形した後、石で焼いている関係で、皮は固め。
昔は、囲炉裏の火の中に放り込んで、焼けたら拾い上げて、灰を掃って食べたそうで、
石焼きおやきは、おやきの原型と言えるかもしれません。

f0233414_2046594.jpg

中の具もぎっしり詰まっていて、ひとつ食べるとお腹がいっぱいになります^^;

f0233414_20531144.jpg

こちらは、松本市新村にある和菓子も売っている「さかた」

f0233414_20545277.jpg

ここのおやきは小ぶりで、皮は薄く、蒸した後、軽く表面を焼いているようです。

f0233414_2055971.jpg

今まで食べたおやきの中でも、この皮の薄さはダントツ!
薄く味付けされた具がびっしり入っていて、一度に2、3個はぺろっと食べられます^^;

f0233414_20551738.jpg

おやきって、本当にいろいろあって、蕎麦と同じく、奥が深いと言えますね^^

どちらかと言うと、薄皮の方が好みなので^^;
さかたのおやきを目指して頑張ってみようかと、試作第一号に挑戦しました!^^;

f0233414_2055566.jpg

皮に少しばかり、味噌を入れ、具の煮りんごにも胡桃と味噌を入れてみました^^
(信州と言ったら、やはり味噌でしょう!^^)

f0233414_21511257.jpg

試作第一号の出来上がり!^^;(少々不恰好ですが、第一号ということでお許しを^^;)

試作した胡桃味噌入りりんごのおやきは、お店で売っていない新しい味で^^
思わず2個ぺろぺろっと食べてしまいました^^

我が家の味のチェッカー(娘^^;)も、美味しい、美味しい、と言って食べてくれました^^v

我ながら、大成功?(自画自賛?^^;>)
(でも、さかたのおやきのような薄皮とはいきませんでした^^;)

あとは、本番まで、もう少し形良く成形できるように頑張るのみ、ですかね?^^;
by azumino-macro | 2011-01-12 21:43 | スローフード