安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

空ぬるむ?

日本海側に大雪を降らせている冬型の低気圧は相変わらず、
日本列島の真上に居座っていて、

今日の安曇野の最低気温は、-10.4℃、最高気温0.6℃@@;
かろうじて真冬日は免れたようですが^^;

そんな極寒の寒さの中、
午後から北アルプスを覆っていた雲が晴れて、
夕方にかけて、常念岳とその周辺の山々だけですが、現れてくれました^^

f0233414_21133024.jpg

久しぶりに夕焼けを撮影しようと、いつもの撮影ポイントから西の空を見上げると、
日の入りを迎えようとしている太陽の光が、今までより若干力強く感じられます^^

f0233414_21142792.jpg

太陽が沈み込む位置も、少しずつ南より北へと移動しているようで、
大滝山付近だったものが、今は蝶ケ岳の左端に沈んでいくように見えます。
(冬至にもっとも南に沈んだ太陽ですが、
 今は徐々に日の入りのポイントが北へ移動中ということになります^^;)

雲も、厳しい季節を象徴する雪雲ではなく、穏やかな感じの雲が浮かんでいました。
(秋にこういう雲が浮かんでいるのをよく見ましたっけ^^)

f0233414_21165525.jpg

凍っていた水が急にゆるんで溶け始めることを「ぬるむ」と言うそうですが、

今日の空は、そんな「ぬるむ」という言葉がピッタリの
どことなく、やわらかい優しい、春を予感させる「ぬるんだ空」でした。
(そうは言っても、日中の最高気温0.6℃ですから、空気は冷たかったですが・・・^^;)

明日には、大雪を降らせた雪雲も移動して、全国的に暖かくなる予報^^

そう言えば、もうすぐ立春ですね^^
by azumino-macro | 2011-01-31 21:47 | 安曇野あれこれ