安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

第3回木曜日マクロビオティック料理教室

今日は、マクロビオティック料理教室の木曜日コースの第3回目でした。

今日の講義は、いよいよマクロビオティックの核心である陰陽論に入ります^^

この世に存在する相反する二つの力、
陰のエネルギーと陽のエネルギーについて、それぞれの特徴などをお話し、
「調理における陰陽のバランス」「陰陽の原理(無双原理)」について学びました。

本日のメニューは、

f0233414_2182790.jpg

玄米稲荷寿司

玄米は土鍋で炊き、梅酢とゆずの絞り汁で寿司飯にし、
薄口醤油とりんごジュースで煮た油揚げに詰めて、お稲荷さんにしました。

f0233414_2185041.jpg

食養のひとつ、ひじき蓮根。

海草には、カルシウムが豊富にふくまれていて、造血、浄血作用があり、
体を弱アルカリ性に保ちます。

また、海草は、骨粗鬆症の予防や、老化防止に効果がありますので、
出来るだけ毎日の食事に取り入れたいですね^^

f0233414_219678.jpg

青菜とにんじんの胡麻和え

もちろん、胡麻の合え衣には、お砂糖やみりんは一切使いません。
にんじんをお水を一滴も加えないで蒸し煮にて、にんじんの甘さを引き出します。

f0233414_2192250.jpg

わかめとお麩のお吸物
昆布と干し椎茸の旨みに、わかめや柚子、えのき、三つ葉の味が加わり、
なんとも上品で贅沢なお味のお吸い物となりました。

f0233414_2193363.jpg

レーズン小豆
レーズンで甘みを付け、米飴もプラスして、甘さが後味として口の中に残らない
甘さ控えめのマクロビオティックの小倉餡です。

白玉と一緒に食べました(写真ではちょっと分りづらいですね^^;)

一般の小豆餡に比べると、かなり甘さ控えめですが、
生徒さんに、「この味、好きです」と言われ、とても嬉しかったです。

f0233414_21101368.jpg

無双原理(陰陽論)は、最初はちょっと難しく感じるかもしれませんが、
マクロビオティックの料理には必要な考え方ですので、よく理解して、
調理の際に役立てて下さいね。
by azumino-macro | 2011-02-10 21:38 | マクロビオティック料理教室