安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

素食(スーシー)!健福 立川店

1年ほど前に地和子先生が台湾で食べられた素食というお料理についての
いろいろ楽しいお話をお聞きしてからと言うもの、

この世に素食なるものがあることすら知らなかった私は^^;
それからというもの、一度でいいから素食を食べてみたいと
ず~とず~と、思っていたのでした^^b

素食は「そしょく」ではなく、「スーシー」と読みます^^
台湾の菜食主義料理で、元来は宗教的な理由で食べられていた精進料理だそうで、
中国語で「菜食」を指し、「質素な料理」という意味ではありません(念のため)^^;

f0233414_23301324.jpg

その本場台湾さながらの素食を食べられるということで、立川にある「健福」へ行って来ました^^
(立川と国立にあるそうですが、立川店が3月いっぱいで閉店になるということで、
今回急遽、その前に、食べに行くことにしたのでした^^;)

マクロビオティックを始めてから、こんな本格的な中華料理屋さんに入るのは、久しぶりです^^;

f0233414_23344882.jpg

中華料理と言っても、素食は、仏教で食べることが禁じられている
三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)、
そして、五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキ)を一切使わないそうで、

肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わず、
出汁にも肉や魚介類を一切使っていない、という徹底振り!@@

日本の精進料理は素食から来ているようで、違いは、素食はあくまで中華料理で、
精進料理は、日本料理、ということでしょうか?^^;

マクロビアンには、動物性なしということで、嬉しい限りのお料理ですが、
お砂糖は、三温糖を使っている所が、マクロビオティックとちょっと違いますね^^;

f0233414_022313.jpg

前置きが、長くなりましたが(いつも長くてスミマセン^^;)
今回は初めてということで、コース料理を頼み、
少量ずつ、いろいろなお料理を食べてみることにしました^^

まず出てきたのが、前菜(焼き豚風大豆タンパク、いかもどきと春雨のサラダ、カシューナッツ)
この焼き豚風の大豆タンパクは、本物のお肉そっくりの味と食感で、ビックリ!@@;
言われなければ、絶対にわからないほど、お肉そっくりでした!
(どーやって、そっくりの味と食感を作り出しているのか、驚くばかりです!^^;)

f0233414_23472925.jpg

ヤマイモと大豆鶏肉風のうま煮
これも鶏肉だんごにそっくりの大豆タンパクです^^;

f0233414_2349811.jpg

揚物の盛り合わせ(チキンナゲット風と鳥の唐揚げ風)
その二つも、言われなければ、絶対にお肉、でしょう!^^;

f0233414_23511195.jpg

ゆば鰻風の蒸し料理
この鰻もどきは、本物そっくり!
絶対にわかりません。というより、本物の鰻より美味しいかも?!^^;

f0233414_23533432.jpg

もやしと椎茸とセロリの炒め煮

f0233414_23551640.jpg

アスパラガスのクリーム煮

f0233414_23555322.jpg

山百合の蕾となつめの炒め物
山百合の蕾は、高級食材だそうで、初めて食べるお味でした^^

f0233414_034311.jpg

焼き麺の野菜あんかけ

f0233414_01291.jpg

薬膳:漢方スープ鍋
スープのベースは植物性なので、とても飲み易く、美味しいスープでした^^

f0233414_0244951.jpg

デザートは杏仁豆腐

動物性は使っていなくても、どのお料理も味も見た目も本格的中華で、驚きの連続でした!^^;
久しぶりに中華料理をお腹一杯食べました^^(イエ、食べ過ぎました~!^^;)

台湾には、ベジタリアンが人口の約1割もいるそうで、インドに次ぐ第2位だそうですが、
この素食は、今密かなブームになっていて、素食専門のレストランも沢山あるそうです^^

そして、お料理の種類もハンパでないほどあるそうで、食べきれないそうです!^^
(中でも、ベジタリアン仕様のハーゲンダッツのアイスクリームがあると聞いたのですが、
 一体どんなお味なんでしょうねぇ~?^^;)

今回素食を食べてみて、ますます、台湾へ行ってみたくなってしまいました!^^;
(素食食べ歩きツアー、いいですねぇ~^^)
by azumino-macro | 2011-02-28 23:23 | スローフード