安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

安曇野の風になって

相変わらず寒い日が続いていますが、今日は午後からゆっくりと雲が切れてきて、
少しの間でしたが、久しぶりに北アルプスの姿を拝むことができました^^

f0233414_2123798.jpg

実は、所属する隣組(自治会のことをこの辺りではそう呼びます)に不幸があり、
昨日、今日と弔事に、隣組の一員として参列することになりました。
(引っ越ししてから、今回で2回目です^^;ちょっと多いかな?^^;)

f0233414_21285534.jpg

よそ者と言うことで、地元の方々が多く住んでいらっしゃる地区への移住は、
最初、とまどいもありましたが、みなさんとても親切によくして下さり、
昔からある地元の行事にも参加しやすい雰囲気を作って下さるので、とても助かっています。

f0233414_21333749.jpg

亡くなられたのは、三軒隣の89歳のお爺さんで、
北アルプスが綺麗に見える日などに、家の前の塀に腰掛けて、ゆっくりとタバコをふかしながら、
目を細めて美しい北アルプスを眺めているお姿をよくお見かけしました。

f0233414_21373541.jpg

前を通り過ぎようとすると、顔見知りでもないのに、黙って頭を下げてくれる
物静かな穏やかなお爺さんでした。

お話によると、太平洋戦争で出兵され、シペリア抑留の身となり、
命からがら引き上げてきたという辛いご経験もあったそうですが、
無事、故郷安曇野へ生還することが出来、

逝去される日まで過ごされた故郷の安曇野の美しい風景を、
どのような想いで、眺めていらっしゃったのかは知る由もありませんが、

昔も今もそう変わることがない壮大な北アルプスの風景と共に歩んだ人生は、
いろいろあったとしても、幸せな人生だったのではないかという気がします。

f0233414_2249286.jpg

式の最後に、「千の風になって」が流れ、そのメロディーを聞いていたら、

このような美しい風景の中で暮らし、死した後は自由な体になって
この雄大な北アルプスの美しい風景の中を、安曇野に吹く風のように、
どこまでもそよいでいくイメージが頭に浮かんできて、胸が熱くなりました。

f0233414_22175728.jpg

いつか、そんな風になれたら、しあわせですね^^

それまでは、まだもう少し時間がありそうなので、(ないかもしれませんが?^^;)
この美しい風景を、ゆっくりとたっぷりと楽しみたいと思います^^

(明日から、少しの間ブログをお休みします。
 コメントへのお返事は遅くなりますが、ご了承下さい^^)
by azumino-macro | 2011-03-10 22:43 | 安曇野あれこれ