安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

Graceful Sweets School Texture Course

先月受講した東京、自由ヶ丘にあるマクロビオティックスウィーツのお店
Simple Modern Macrobioticで開催されたGraceful Sweets Schoolの
Experience Courseに引き続き、Texture Courseを受講してきました。

f0233414_2239592.jpg

講習会第一日目は、まずは油、植物性油脂の勉強から始まりました。

f0233414_22495736.jpg

マクロビオティックでも使う8種類の植物性の油、菜種油、オリーブオイル、ごま油(太白油)、
アーモンドオイル、ピーナッツオイル、ウォルナッツオイル、グレープシードオイル、
アボガドオイルをそれぞれテイスティングして、味や匂いを確認しました。

f0233414_22542754.jpg

その後、講師水野さんによるメープルホロン(スノーボール)のデモストがありました。

f0233414_22571749.jpg

生地をスプーンを使って丸め、オーブンで焼きます。

f0233414_22584072.jpg

焼き上がったホロンにメープルシュガーパウダーをまぶして出来上がり。

f0233414_2305021.jpg

そして、今日は、特別に、「デリシャスタタン」というタルト系のお菓子を作って下さいました。

台の部分は、先回習ったパートシュクレ、そしてフィリングは、ソイクリーム、
そして、焼いたグラノーラクラストと林檎を煮詰めて作ったアップルコンポートを組み立てます。

f0233414_235493.jpg

濃縮された林檎の味と葛粉を使ったタルト生地とヘルシーなソイクリーム、
そしてナッツを沢山使ったクラストの4つの味が重なったかなり濃厚で贅沢なタルトの出来上がり。

f0233414_2383744.jpg

デモストしていただいたメープルホロンとデリシャスタタン 
お茶は、三年番茶。

f0233414_23103637.jpg

2番目の講義は、塩について。
徹底主義の(?)水野さんが用意して下さったお塩の種類は、ナント、20種類!@@;

これらは、主に知られている世界各地のお塩や日本各地のお塩ですが、
世界で市販されているお塩の種類は、もしかしたら、天文学的な数になるかもしれませんね^^;
お塩の世界も、奥が深そうです^^;

f0233414_23123565.jpg

これらのお塩を全て、お豆腐につけて味の違いを確認しました^^;
驚いたことに、お塩の味がそれぞれ全て違っていたこと!
塩辛さにも、微妙な違いがあるという画期的な発見だったと言えます^^;

料理の味は、塩加減が一番重要であり、難しいと言われていますが、
お塩自体の味がこれほど違うということは、同じように調理していても、
使っているお塩で、微妙にお料理の味が違ってくるということになりますね^^;

f0233414_23181184.jpg

2品目の試食は、甘くないちょっとビターなソリティショコラ
台は葛クッキーパート、フィリングはアーモンドクリーム、そして
ちょっと塩味がするショコラクリーム

ここ数年、チョコレートは、全く食べていなかったので、ちょっと躊躇しましたが、
このショコラクリームは、チョコレートが苦手な人でも食べやすい味になっていました。

f0233414_23261679.jpg

この日の最後の講習は、木の実、ナッツについて。

カシューナッツ、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツ、ウォルナッツ(胡桃)、
アーモンド、ピスタチオ をそれぞれ試食し、食感や味を確認します。

f0233414_23295845.jpg

そして最後のデモストは、2品目に試食したソリティショコラにも使われていた
アーモンドクリームです。

f0233414_2333344.jpg

ココアのタルト生地にアーモンドクリームを入れ、

f0233414_23385615.jpg

グラサージュショコラ(チョコレートクリーム)を塗り、
飴掛けされたナッツとドライイチジクを飾ったフォレストギフト。

こんなお洒落なケーキをプレゼントされたら、思わず笑顔になりますね^^

f0233414_23435860.jpg

翌日の講習は、お馴染みのマフィンとビスコッティのデモストから始まりました。

f0233414_23534644.jpg

焼きっぱなしのお菓子は、定番なので、簡単に美味しく作ることができたら、
プレゼントなどにとても役立ちそうですね^^

f0233414_23484035.jpg

試食は、カシューナッツパウダー入りのマフィンとアーモンドパウダー入りのマフィン、
ベーキングパウダーの量が倍入っているマフィンの3種類。
水野さんお気に入りのソイミルクティーと共に、

f0233414_2352497.jpg

そしてアーモンドビスコッティ

f0233414_23545511.jpg

応用例として、マフィンを苺とブルーベリーでデコレーションしてくれました。
(食べてしまうのが、惜しいくらいかわいいですね!^^)

f0233414_23574837.jpg

最後のデモストは、塩味のクッキー、セイボリーオーガニックトマト です。
トマトソースを煮詰めて作ったトマトペーストを塩味のクッキー生地に混ぜます。

f0233414_23595427.jpg

オレンジ色のセイボリーオーガニックトマトと緑色のバジル味のセイボリージェノベーゼ、
そして、ベジロールキャロット&アップル

最後に塩味のクッキーが、とても新鮮で美味しかったです^^
(私には、チョコレート味のお菓子より、塩味のお菓子の方が合っているようです^^;)

日常でも基本のレシピを変化させ、バリエーションが無限に広がるように
いつも楽しく充実した内容で、プロの技を徹底的に披露して下さる水野さんの姿勢に
心から感謝したいと思います。

私がマクロビオティックを始めた頃に比べて、
水野さんが教えて下さるマクロのお菓子は、格段に進化しているというのが実感です。

マクロビオティックの精神は、SHARE(共有)すること、分かち合うこと、と水野さん。

私も、ここで学んだことを誰かとSHAREできるように、
そして、マクロビオティックの環が少しずつ広がっていくように
安曇野の地で頑張っていきたいと、またまた気持ちを新たにしたのでした。
by azumino-macro | 2011-06-01 22:12 | Macrobiotic