安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

Graceful Sweets School Innovation Course

時間が経ってしまいましたが、先日、東京自由ヶ丘にある
Patisserie Simple Modern MacrobioticのGraceful Sweets Schoolにて、
Innovation Courseを受講してきました。

今回は、今までの体験コースと趣が異なり、お店で提供されているスウィーツの作り方を
一からデモストして下さる内容となっています。

f0233414_21263484.jpg

講師は、いつも素晴らしいトークとデモストで人気の水野さん。

f0233414_2129087.jpg

まずは、お店で一番人気の「ビーミングスマイル」と命名された苺のロールケーキから

f0233414_21294526.jpg

卵、乳製品(バター、牛乳、生クリーム)、白砂糖を使わないでスポンジを焼きます。

f0233414_2130159.jpg

お次に、豆乳から作ったソイクリームを塗り、苺を挟みます。

f0233414_21305310.jpg

トレーシングペーパーを使って、上手に巻いていきます。

f0233414_21312258.jpg

芯になる部分をしっかり作り、後は、力を入れずにくるりと巻きます。

f0233414_21314879.jpg

そして、トレーシングペーパーを使って、形を整えたら出来上がりです。

f0233414_21384094.jpg

苺のロールケーキ、「ビーミングスマイル」(はじける笑顔、とでも訳しましょうか?^^;)

卵を使わなくても、ふんわり、しっとり、ふわふわのスポンジ。
マクロビオティックでは、なかなかロールケーキを作ることは難しかったのですが、
このレシピだと、こんなに簡単に美味しいマクロのロールケーキを作ることが出来ます^^

アレルギーを持つお子さんにも、きっと喜ばれることでしょうね^^

f0233414_2143033.jpg

お次は、トーフチーズケーキのデモストです。

まずは、クラストを焼きます。
クラストは、以前に習った葛クッキーの応用です。

f0233414_2242035.jpg

そして、お豆腐を使い、フィリングを作ります。

f0233414_22424684.jpg

材料を全てフードプロセッサーに入れ、滑らかにします。

f0233414_22442916.jpg

裏ごしをしたものにレモンの皮の擂りおろしを入れ、

f0233414_22454257.jpg

クラストを敷いた型に入れ、焼きます。

f0233414_22502036.jpg

トーフチーズケーキ「ピースフル」の出来上がり^^

レアチーズの代わりに、お豆腐が使われているなんて、言われなければ、絶対にわからないほど^^
滑らかで、口融けの良い、ヘルシーなチーズケーキ。

f0233414_22533897.jpg

次のデモストは、お馴染みのモンブラン。
マロンペーストの作り方から始まりました。

f0233414_22565668.jpg

ビスキュイの上に、中にアーモンドクリームの入ったマロンクリームをのせ、
その上に、マロンクリームを絞り金に入れて、お蕎麦のように細く絞りだしたものを飾ります。

f0233414_2257421.jpg

トップに、寒天で照りをつけた甘栗を乗せ、完成です。

f0233414_233925.jpg

翌日は、チョコレートクリームが入った「ギャラクシーショコラ」

スポンジは、ココア入りです。

f0233414_2382252.jpg

まずは、ショコラクリームを作ります。
もちろん、マクロなので、生クリームなどは使わず、お豆腐を使っているので、
カロリー控えめ、食後感がとても軽いです^^

f0233414_23111612.jpg

スポンジにセルクルリングをはめます。

f0233414_23132316.jpg

そして、ショコラクリームを入れます。

f0233414_23151266.jpg

最後に、チョコレートがけをするために、ミロワールショコラを作ります。

f0233414_0162861.jpg

このケーキを上手に作るには、顔が映る鏡のように仕上げるのがコツだそうで、
そのためには、チョコレートがけは、二度がけしないこと、だそうです。

f0233414_2341633.jpg

ビターなチョコレート味のチョコレート菓子。

f0233414_2345874.jpg

金箔でおめかしして、「ギャラクシーショコラ」の出来上がり^^

f0233414_23472115.jpg

最後は、ケーキの定番、苺のショートケーキ

f0233414_2350210.jpg

焼いたスポンジにストロベリージャムを塗ります。

f0233414_23512038.jpg

そしてソイクリームを作り、

f0233414_23521530.jpg

スポンジにソイクリームを塗り、カットした苺を綺麗に並べます。

f0233414_2354024.jpg

ソイクリームで固めて、冷蔵庫でしばらく冷やします。

f0233414_23555565.jpg

苺のショートケーキ 「フリーダム ウィング」

f0233414_23571974.jpg

今日は、特別に、水野さんご考案の「いちごミルク」と一緒に頂きます^^
ミルクと言っても、使っているのは、豆乳です。

f0233414_23592448.jpg

苺は、自称、苺研究家(?)の水野さんお勧めの無農薬栽培の「越後姫」

苺の味がしっかりして、美味しい苺を使ったいちごミルクと苺のショートケーキ^^
いちごミルクは、テイクアウトできるそうで、お店でも人気商品になっているようです。

f0233414_035331.jpg

今回は、短時間の間に5種類ものケーキの作り方を教えて頂きました。

日々、進化しているマクロビオティックのケーキ。
体に優しく、ローカロリーなのでヘルシー、そしてとびっきり美味しい!

こんなスウィーツを作れるようになれたら素敵ですね^^

少しずつ、前へ進めるように、頑張りま~す?^^;
by azumino-macro | 2011-07-03 00:21 | Macrobiotic