安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

金太郎伝説の大姥山へ

梅雨明けしたら北アルプスへと思っていたのが、
準備が全然整わない内に、
平年より12日、昨年より8日早く梅雨明けしてしまったので、
予定が大幅に狂ってしまいましたが^^;

少しでもトレーニングになればと思い、
暑い中、金太郎伝説が残る大町市八坂にある大姥山へ行ってきました。
自遊人さんのブログで紹介されていて知った低いながらも隠れた名山です^^;)

f0233414_21591310.jpg

本来なら、登山口まで車で行くことができる筈なのですが、
運悪く、国道19号から入っていこうとすると、通行止めの看板が!^^;

f0233414_223284.jpg

大姥神社本宮まで車で行き、山頂まで鎖場が続く道を1時間ほど登れば登頂、
というスケジュールだったのですが、
大姥神社前宮から荷物を担いで林道を歩いていく羽目に!@@;

しかも、トレーニングのため、ザックを10kg程度まで重くしてきたので、
今日は、しょっぱなからアンラッキーですねーー;;

f0233414_229586.jpg

国道19号沿いにある大姥神社前宮にお参りしました。

f0233414_22113177.jpg

大姥神社の由来と金太郎伝説について書かれている看板がありました。
これによると、どうも、金太郎は、本当に実在していた人物のようで^^;

金太郎は、有明山(の魏石鬼の岩屋)に住んでいた八面大王
(坂上田村麿に退治され、現在の大王わさび農場に胴体を葬られたと伝えられています)と
大姥山に住んでいた大姥との間に生まれた子で^^;

山頂近くには、大姥と金太郎が住んでいたという洞穴があるそうです。

f0233414_22165190.jpg

金太郎、と言えば、鉞(まさかり)ですね^^;
大姥神社前宮には、りっぱなまさかりが奉られていました。

f0233414_22204975.jpg

大姥神社本宮まで重い荷物を背負って歩いたので、
ここまででかなりのエネルギーを消費してしまった感じです^^;

f0233414_22265787.jpg

大姥神社本宮からは、いきなり急な登りになり、
話に聞いていた通り、鎖場の連続で@@;
どう登ったらよいのかわからないほどの難所が数ヵ所あり、
低山ながら北アルプスの山道より険しい道が山頂まで続いていました。

f0233414_22421069.jpg

おまけに、背中の荷物が重く、脚力がないので登りに相当時間がかかってしまい、
北アルプス登山が、急に遠のいたように感じました^^;

f0233414_22441615.jpg

お花の時期ではありませんでしたが、イチヤクソウがひっそりと咲いていました。
足元に咲く可憐な花は、登りの辛さを和らげてくれますね^^

f0233414_22465877.jpg

ようやく眼下に犀川と遠方に北アルプスが視界に入って来ました。
が、雲が多く、あまりはっきりと見えませんでした^^;

f0233414_22494823.jpg

遠くに、以前に登った京ヶ倉が見えますね。

f0233414_22524049.jpg

東の方角には、聖山が見えます。

f0233414_22544897.jpg

山頂には、金太郎のおやつ?、いえいえ、キイチゴが沢山実っていました^^
あまりに美味しそうだったので、思わず、手で摘まんで口に入れ、
デザートとして頂きましたが、甘酸っぱくて美味しかったです^^

f0233414_232268.jpg

下山時に、大姥と金太郎が住んでいたという洞穴へ立ち寄りました。
中には、大姥神社奥宮が祀られています。

f0233414_2342628.jpg

金太郎がつけたという洞穴天井に残っている足跡^^;

f0233414_23191931.jpg

往復2時間ほどの行程を大幅に超過してしまい、
ヘトヘトになりながらも、何とか下山出来ました^^;

夏の猛暑の中での低山ウォークは、暑くてかないませんが、
今日は、良いトレーニングになりました。

今回は、金時の小路を歩きましたが、
次回は、大姥の散歩道を歩いてみたいですね^^

それにしても、こんな体力で、北アルプス大丈夫なのか、少々、不安に・・・?^^;
by azumino-macro | 2011-07-10 21:43 | トレッキング