安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

安曇野マクロビオティック・キッチン料理教室-第1回基礎コース

先回のブログでお知らせしましたが、
本日、マクロビオティックの料理教室、安曇野マクロビオティック・キッチンの
基礎コースの第1回目を開催しました。

マクロビオティックに興味はあるけれど、
マクロビオティックの考え方や調理法は、習ったことがないという方に、
基本的な調理法と理論を学習して頂くコースです。

今回は、今までのような調理実習ではなく、初めて、デモスト形式で行うことにしました。
講義時間は、30分。デモスト90分。試食30分という配分です。

第一回目は、マクロビオティックの基本的な考え方、主に、一物全体、身土不二についてお話しました。

生徒さんから、多くの質問を受け、答えている内に時間が・・・!^^;
(生徒さん達のマクロビオティックに対する好奇心と興味は、素晴らしいのですが^^;
 デモストの時間が~~!=3=3)

手早く、デモストを始めて、お料理を完成させないと、
帰る時間までに、試食を終わらせることができなくなってしまいます!^^;

f0233414_20473467.jpg

基礎コースで最初に作ったのは、やはり、これ。
切干大根の煮物。
お砂糖などの甘みは使わなくても、切干大根の素材が持つ甘みをじっくり引き出すことで、
十分甘い切干大根の煮物が完成しました。

その甘さに、生徒さん達は、ビックリ^^v

f0233414_20495489.jpg

そして、ごま塩。
これと、玄米さえあれば、直ぐにでも、マクロビオティックを始められます^^

今日は、夏場ということで、汗と共に失われていくミネラル分やナトリウムを補うため、
塩と胡麻の比率は、1:12にしました。
(胡麻を擂るのは、生徒さんにやって頂きました^^;
 胡麻を擂る感覚は、実際にやって頂かないと会得できないと思うので・・・・)

f0233414_20524327.jpg

昆布と干し椎茸の出し汁で作った大根と油揚げの味噌汁。
味噌は、麦味噌、大根は我が家の畑で採れた無農薬栽培の大根を使いました。
葉っぱも入れて、一物全体をいただきます。

f0233414_2055951.jpg

そして今日の玄米は、圧力鍋で炊きました。
炊き上がりの食感が硬すぎず柔らか過ぎず、
生徒さんに美味しい!と言って頂けたので、玄米の美味しさを味わって頂けたと思います^^v

初回、デモストしたお料理は、マクロビオティックの基本中の基本のお料理なので、
何度でも繰り返し作って、作り方をマスターし、日々の食事作りに生かして欲しい、と思います^^

基礎コースは、2週間に一度、全部で8回。
4ヶ月かけて、マクロビオティックを無理なくゆっくりと理解し、
徐々に深い内容を理解できるようプログラムを組んでいます。

f0233414_2126620.jpg

デモストで作ったお料理を試食して頂いた後、
昨日作っておいた「豆腐ベイクドチーズケーキ」の第2弾ブルーベーリ入りを試食して頂きました^^

ブルーベリーを入れた以外は、シンプルモダンマクロビオティックのレシピです。

とてもお豆腐で作ったとは思えない!美味しい!と絶賛して頂きました^^v

この豆腐ベイクドブルーベリーチーズケーキをもう少し改良したものを
Sabou しが むすびや さんに置いて頂こうかと考えています。
試作は、まだまだ続きます^^;

それにしても、今日は暑かったですね^^;
穂高の日中の最高気温は、36.8℃まで上がりました@@;

部屋でデモストの最中、テーブルの上で調理のため、カセットコンロを使わなくてはならず、
あまりの暑さで熱中症にならないようにと、不本意ながら、エアコンを使ってしまいました^^;
(ちょうどこの時間帯、中部電力の電力使用率は、92%までいってしまったそうで><)

これから始まるお盆休みも、暑い日が続きそうですね^^;
身体を冷やす陰性な食べ物の力を借りて、暑い夏を乗り切りましょう!
by azumino-macro | 2011-08-10 21:26 | マクロビオティック料理教室