安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

安曇野マクロビオティック・キッチン料理教室-第3回基礎コース

大分遅くなってしまいましたが、
7日にマクロビオティック料理教室の基礎コースの第3回をしました。

講義内容は、マクロビオティックによる「健康的な暮らしのガイドライン」について。

生徒さん達からは、矢継ぎ早にいろいろな質問が飛び出し、答えている内に
あっという間に時間が!@@;
(皆さん、なかなか熱心なので、嬉しいです^^;)

メニューは、

f0233414_2215738.jpg

30分以上もゆっくりと弱火で炒め、じっくりと牛蒡の甘みを引き出して作ったきんぴらごぼう。

お醤油のみの味付けですが、生徒さん達一様に、
牛蒡の持つほのかな甘みに驚いて、感激されていました^^v

f0233414_22191150.jpg

玉ねぎとあらめの煮物
こちらは、リンゴジュースで甘みをつけた女性に人気のメニュー
ミネラル豊富な海草は、毎日少しずつ摂りたい食材ですね。

f0233414_22253687.jpg

わかめとお麩のお吸い物
昆布と干し椎茸の出汁を使った上品なお吸い物です。

f0233414_22221147.jpg

玄米ご飯は、今回は、麦を入れて炊きました。
麦の陰性な力を借りることで、玄米が食べにくい暑い日にも、玄米が食べやすくなります。

f0233414_22395716.jpg

今日は、夕焼けがきれいでした^^

季節は巡り、夏から秋へ、エネルギーも陰から陽へと移っていくことになります。
摂り入れる食物も、陰性なものから陽性なものを多く摂るように、
少しずつシフトしていくように心掛けると、
体調を崩して風邪などを呼び込むことがなくなります。

身土不二(しんどふじ)
体と環境はひとつのものである。

暑かったり涼しかったり寒暖の差が激しいこの時期を
取り込むエネルギーを調節することで、上手に乗り切りましょう。
by azumino-macro | 2011-09-09 23:00 | マクロビオティック料理教室