安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

Galerie Steine et Patisserie Salon de The La Rayonne Verte

予定していたことがキャンセルになり、
急に時間がポッカリ空いた日曜日の午後、

少し前の夏休みには、大勢の観光客で賑わっていた(と思われる)山麓線沿線の方へ、
久しぶりに足を運んでみました。

(安曇野の観光シーズン中は、地元住民(?^^;)にとっては、
 観光客向けのお店や観光施設、宿泊施設が乱立する山麓線沿線地帯は、
 近寄りがたい雰囲気があるんですよね^^;)

f0233414_2117148.jpg

ギャラリーシュタイネさんを訪ねるのも、本当に久しぶりです。

f0233414_21191978.jpg

「すてきな三人ぐみ」展の最終日に辛うじて間に合いました^^;
(ご免なさい、最終日で^^;)

f0233414_21254034.jpg

「すてきな三人」とは、硝子工芸作家の土屋章さん。

f0233414_21255936.jpg

土屋章さんは、あづみ野ガラス工房でご活躍されている作家さんです。

f0233414_21262526.jpg

土屋さんの造り出すガラスワークのそのあまりに透明なクリスタルが放つ輝きに
ついつい魅せられてしまいますね^^;

f0233414_21273168.jpg

そして、木工作家の花塚光弘さん
松川村在住の作家さんだそうです^^

f0233414_21334783.jpg

三人目は、漆作家の窪田直弘さん

f0233414_21292096.jpg

窪田さんは、栃木県足利市にある漆工房でご活躍されています。

f0233414_21543551.jpg

こちらは、常設展示の作品たち。

f0233414_21551637.jpg

ギャラリーシュタイネ、いつ行っても、
物腰柔らかなオーナーご夫妻の真摯な接客対応に、心和みますね^^

この後、安曇野の一大観光スポット山麓線を車で走りながら、
素敵な作品を鑑賞した後の余韻のまま、
どこか雰囲気のいいカフェでゆっくりしたいと思っていたら、

f0233414_2283265.jpg

いつも素敵だなぁーと思いながらも、中を見ると、観光客が多すぎてゆっくりできそうにないので、
前を通り過ぎるだけだった「安曇野ジャンセン美術館」の敷地内に建っている
「Patisserie Salon de The La Rayonne Verte」へ思い切って(?^^;)入ってみることにしました^^;

f0233414_2292555.jpg

見れば見るほど、素敵な洋館です^^
(こんな素敵な洋館に住みたかったのですが、ちょっと違ってしまいました・・・?^^;)

f0233414_22114598.jpg

煉瓦の壁には、バラやアイビーの蔓がからみついていて、ヨーロッパの古民家風の雰囲気にうっとりです^^
バラの開花期には、是非とも訪れたいですね^^

f0233414_22142991.jpg

落ち着いた雰囲気の店内。
夏休みも終わり、観光ハイシーズンも終わろうとしているこの時期、
やっとゆっくりとくつろいでお茶を楽しむことができる季節がやってきたようです^^

f0233414_22183718.jpg

大きな飾り窓といい、壁に掛けられたアルフォンス ミュシャなどの名版画といい、
さすが、美術館併設のカフェだけあって、感性豊かな情緒ある佇まいです^^

f0233414_22171542.jpg

外には、白いバルコニーがあって、テラス席もあります。
緑の木々に囲まれているので、自然を感じながらゆっくりできそうですね^^

f0233414_22204356.jpg

本日の安曇野の最高気温、32.7℃^^;
秋めいてきているとは言え、少し暑さが戻った安曇野。

冷たい飲み物で、少しばかりクールダウン。

f0233414_22233830.jpg

ところで、このカフェの名前の「La Rayonne Verte」ですが、
どう見ても、これはフランス語ですよね・・?^^;

30年以上も前に習ったフランス語の知識を総動員して気付いたのですが^^;
rayonは男性名詞で「光線」という意味ですが、
ここではわざと「La」という女性冠詞をつけて(男性名詞の場合は、冠詞は「Le」になります)
rayonneという女性名詞にし、
vert(緑の)という形容詞は、女性名詞rayonneを形容するので、verteと女性形にしています。

f0233414_22443491.jpg

つまり、(ゴチャゴチャ書きましたが^^;)
何故、女性名詞にしたか分かりませんが^^;
「La Rayonne Verte」これは、完全に「作ったフランス語」で、
この世には存在しない単語なんですね^^;
(確かに、カフェの中に居るだけで、ほんのひと時とはいえ、日常を忘れてしまいそうです^^;)

緑の光線、
グリーンシャワーを浴びたくなったら、
是非、「La Rayonne Verte」へどうぞ^^
冬季休業が多い安曇野のカフェの中で、ここは一年中オープンしているというのも嬉しいですね^^

珈琲や紅茶などの飲み物とケーキ、軽食を頂きながら、
ゆっくりと安曇野時間を過ごすことが出来る素敵な空間です^^

(先日、権現山ウォーキングの記事にUPしたヤナバスキー場から撮影した写真が、
「晩秋の北アルプスと青木湖と」というタイトルで「撮るしん。」に掲載されました^^v)
by azumino-macro | 2011-09-11 22:58 | 安曇野あれこれ