安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

秋の高ボッチ高原 鉢伏山ウォーキング

長期天気予報によると、来週からまたぐずついたお天気が続くようだったので^^;
それならば、と夏の暑さが戻ってきて行楽日和となった今日、

f0233414_2105490.jpg

レンゲツツジを見に行った時に、梅雨時だったため、
結局一歩も歩かなかった高ボッチ高原の鉢伏山に行ってみることにしました^^

f0233414_216782.jpg

標高1,928mの鉢伏山では、ススキが風に揺られ、すでに秋の気配が高まっていました。

f0233414_2182622.jpg

秋の花も少しですが咲いていました。
一番咲いていて目立ったのは、トリカブト^^;

f0233414_21976.jpg

マツムシソウ

f0233414_21102777.jpg

ハクサンフウロ

f0233414_21114430.jpg

ウメバチソウ?

f0233414_22511078.jpg

まずは、前鉢伏山(1,836m)から行ってみることにしました。
山頂一帯に広がる草原に伸びる気持ちの良い小道を辿っていく途中から見えたのは、

f0233414_2252384.jpg

今まで何回か登ってよく知っている美ヶ原です。
テーブル状の稜線がすぐ隣に見え、王ヶ頭の電波塔や王ヶ鼻もよく見えます。
(王ヶ鼻は、本当に鼻のように突き出ているので、そう名付けられたのかもしれませんね^^;)

f0233414_21215530.jpg

前鉢伏山からの眺め。
生憎と、北アルプスはすっぽりと雲の中でした^^;

f0233414_2125588.jpg

振り返ると、鉢伏山が見えます。
今日は、雲がとってもユニークで、面白い形をした雲が沢山浮かんでいました^^

f0233414_22221358.jpg

鉢伏山を登っていく途中で振り返りると、さっきまでいた前鉢伏山が見えます。
今日は、雲で覆われていますが、遥か遠くには、北アルプスが見えるようです^^;

f0233414_2142866.jpg

30分ほどなだらかな道を登ると、だだっ広い頂上(1,928m)に到着します。

f0233414_2144318.jpg

鉢伏山の山頂には、鉢伏神社が祀られています。

f0233414_21455994.jpg

そして、山の南側からは、これまた遠くに、諏訪湖を見下ろすことが出来ます^^

f0233414_21473757.jpg

地学的見地からすると、諏訪湖は、
糸魚川静岡構造線の断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)だそうで、
糸魚川静岡構造線と中央構造線が交差する地でもあるそうで、

今のこのご時世に非常に興味深い湖と言えますね^^;

f0233414_21544362.jpg

塩尻市、松本市から北へと続いている街並み。
そして一直線を描くように連なる北アルプスの稜線(と言っても、今日は見えていませんが・・・^^;)

f0233414_2253926.jpg

そして安曇野市の市街地もよく見えます。

f0233414_2272246.jpg

今日は、山の風景は全くと言っていいほど楽しめませんでしたが、
ユニークな形の雲を見ることが出来て、とても楽しかったです^^

f0233414_2212676.jpg

夏の雲と秋の空の鬩ぎ合い?^^;

f0233414_2314228.jpg

日中の最高気温、安曇野では31.6℃と、まだ真夏日ですが、
高原はすでに秋。
高原の空を飛んでいた赤トンボと共に、秋は、やがて里へと下りて来ることでしょう^^

f0233414_22294584.jpg

良く晴れた秋晴れの日に、今度は北アルプスの絶景を見に、再び訪れたいですね^^
by azumino-macro | 2011-09-13 22:31 | トレッキング