安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

時雨味噌と塩味のサブレ

今年の5月末から6月初めにかけて、
おぐらやま農場でリンゴの摘花作業のお手伝いをした時に知り合い、
マクロビオティックを習いたいと一日だけ我が家で臨時マクロビオティック料理教室を受講したTさん。

今尚、地震と津波の傷跡残る被災地の故郷へ帰ったTさんから、
マクロビオティックを実践しながら、少しずつ元気を取り戻しつつある、との嬉しいお便りが^^

Tさんのために、マクロビオティックを少しでも実践することで、
元気や健康や幸福を取り戻そうと頑張っている年の離れた友人のために、
安曇野に居る私に何かできないかと考え、思いついたのが、時雨味噌(しぐれみそ)でした^^;

f0233414_21592679.jpg

マクロビオティックの食養生と言われる伝統的なレシピですが、
作るのにとっても時間がかかるので、私もマクロビオティックを習い始めた時に作ったきりで、
その後、長い間、体に、特に養血に良いと分かっていても、なかなか作る気になれないでいました^^;

まずは、牛蒡を出来る限り細かく微塵に切ります。
(これが、結構大変です。これだけで、30分以上かかります^^;)

f0233414_2235146.jpg

そして、ごま油少々で根気よく焦がさないように炒めます。
牛蒡臭さが抜けて、牛蒡が甘く感じられるようになるまで、これまた30分以上かかります^^;

f0233414_2243815.jpg

お次は、玉ねぎをやはり出来る限り細かく微塵に切ります。
そして、やはり、甘みが出るまでじっくりと炒めます。
これで、更に40分以上かかります。

f0233414_2264690.jpg

そして、蓮根と人参も同じように微塵に切り、よく炒めます。

f0233414_2275626.jpg

野菜が全てよく火が通った後、麦味噌を上にのせて、蓋をして弱火で
味噌がふっくらとして全体に水分がなくなるまで、じっくり1時間以上蒸し煮にします。

f0233414_2295262.jpg

最後に、生姜の微塵切りを加えたら完成!

f0233414_22122086.jpg

調理開始から、5時間以上もかかって、やっと出来上がった時雨味噌です^^;

贅沢な食材は一切使っていませんが、時間と手間がかかっているので、
ある意味、とっても贅沢な一品です?^^;

毎日小さじ1杯程度摂るようにすると、血液が強化され、強い体を作ることが出来ると言われています。
(沢山作ったので、私も、これから毎日頂くことにいたしましょう^^;)

f0233414_22204146.jpg

被災地で今を頑張っているTさんに、安曇野よりエールを込めて!
時雨味噌のパワーが、きっと今の難局を乗り切ろうとしているTさんの心と体を強くしてくれることでしょう^^;

f0233414_22251419.jpg

これだけでは、何なので^^;
自家製トマトソース(イタリアントマトは、おぐらやま農場さんから分けて頂きました^^)を使った
塩味のトマトサブレ

f0233414_22254070.jpg

甘いクッキーに飽きたら、塩味のクッキーの味が新鮮です^^

f0233414_22312912.jpg

ついでに、庭で沢山採れた時に作っておいたバジルソースでバジル味のバジルサブレも作ってみました。

f0233414_22315431.jpg

両方とも、東京自由が丘のグレイスフルスウィーツスクールのレシピです^^
(ほうれん草パウダーがなかったので、グリーン色が薄くなってしまいましたが、
味はそんなに変わらないと思います^^;)

f0233414_22324153.jpg

セイボリーオーガニックトマト
これを作りたくて、トマトソースを作ったようなもの^^;

f0233414_22344082.jpg

セイボリージュノベーゼ
今だけ作れる季節限定のお菓子です。

f0233414_22421945.jpg

いつかTさんに会いたいな^^
安曇野でもいいし、もちろん、Tさんの故郷でも。
マクロビオティックを始めて、どう変わったか、会うのがとっても楽しみです^^

一緒に摘花したリンゴは、もうすぐ収穫の時期を迎えます^^
by azumino-macro | 2011-09-16 22:51 | Macrobiotic