安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

おぐらやま農場 りんごの収穫作業

今年も昨年同様、おぐらやま農場のりんごの木のオーナーとして、
昨年は、「ふじ」でしたが、今年は、「秋映え」という品種のりんごを収穫してきました。

f0233414_2201351.jpg

収穫作業は、高い所に生っているりんごは大きな脚立を使って、枝を傷つけないようにそおっと、
りんごの実が枝にくっ付いている軸を捻じって、捥ぎ取ります。

f0233414_225055.jpg

実は、このりんご達、この春に摘花作業をお手伝いしたりんごなんですよね^^;

あの小さな白い花の一つ、一つがこんなに大きくてりっぱなりんごに育つなんて、
本当に自然の力って、凄いですね!^^;

f0233414_2261920.jpg

安曇野の澄んだ空気と水と、そしておひさまをいっぱいに浴びて育った
安曇野の秋の実りの代表、とも言えるりんご。

f0233414_227732.jpg

捥ぎ取ったりんごは、全部で40kg!@@;

一部は、安曇野の秋の実りを味わって頂きたい方々にお裾分けすることに^^

f0233414_22133049.jpg

田んぼの稲刈りもほとんど終了し、
りんごもあとは、ふじの収穫を残すのみとなった安曇野のりんご畑。

f0233414_22152494.jpg

りんご畑から、真っ赤なりんごの実が姿を消すと、安曇野はいよいよモノトーンの冬へと突入します^^;

そば畑では、そばの収穫作業がピークで、新蕎麦がそろそろ出回ってくる頃ですね^^

農家の庭の柿の実も次第に橙色に熟してきていて、
秋たけなわ、安曇野が冬という長く静かな眠りにつく前の
一年間で一番豊かな実りの季節が、いよいよ終盤を迎えようとしています。
by azumino-macro | 2011-10-12 22:27 | 安曇野あれこれ