安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

カフェ・ギャラリー縁縁 松下英友 パステル画展

今日は、久しぶりにゆっくりゆったり過ごしたいと思い、山麓線の方へ行って、(観光客気分?^^;)
カフェ・ギャラリー縁縁で開催されている「松下英友 パステル画展」を見て来ました。

f0233414_20432517.jpg

いろいろなお店や宿泊施設などが並んでいる山麓線で一番賑やかなこの場所へ
一年半ほど前に移転したというカフェ・ギャラリー縁縁さん。

f0233414_20565666.jpg

今日は、安曇野市生まれ、松本市在住のパステル画家の松下英友さんの個展が開かれていました。

f0233414_21482.jpg

カフェでは、飲み物や軽食、ケーキを頂きながら、
壁に飾られた作品をゆっくりと鑑賞することができます^^

f0233414_20583144.jpg

飾られていたのは、パステルで描かれた安曇野や信州の風景の細密画で、

昔、ボタニカルアート(植物の細密画)を描いていたことがあるので、
一枚一枚のパステル画の息を呑むほどの緻密さに目が釘付けになってしまいました^^;
(額の表面にアクリル板を使っているので、光が反射してしまい、絵が分かり難く申し訳ありません^^;)

f0233414_21235540.jpg

その中で、見たことがあるような風景が描かれている一枚のパステル画が目に留まりました。

これは、枝を切られる前の安曇野の桜の名所、堀金の扇町桜堤の桜を描いた一枚で、
満開の桜と北アルプス、そして満月が描かれていました。

この絵を描いた松下さんにお伺いしたところ、桜堤でこの風景をスケッチをした後、
まもなくして、桜の枝は切られてしまったそうで、この絵に描かれている風景は、
桜堤で咲く満開の桜の最後の姿なのではないかと思い、

もう二度と、安曇野でこの桜と北アルプスのコラボの景色を見ることができないのは、
本当に残念だと言う他ありません。

失われてしまった風景を描いているこの絵は、今ではとても貴重な一枚と言えますね。

f0233414_222485.jpg

カフェの外に出て、ふと気が付くと、カフェの入り口のかえでが真っ赤に色付いていました。

f0233414_21582116.jpg

北アルプスの前山も紅葉が始まったようで、所々木々も色付いています。

今は、1,500m辺りの紅葉が綺麗だそうで、
紅葉前線は、足早に下りてきて、安曇野にもとうとう紅葉の季節が廻って来たようです^^

これからしばらくは、安曇野の美しく色付いた紅葉の風景をあちこちで見ることができるので、
今からとっても楽しみですね^^
by azumino-macro | 2011-10-15 22:33 | 安曇野あれこれ