安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

安曇野スタイル2011

安曇野スタイルが始まりましたね。

明日、茨城県からやって来る友人と安曇野スタイルを見て回ることになっているので、
今日は、少しだけ、特に気になる工房を訪ねてみました^^

f0233414_20503574.jpg

まずは、かじかの里で開催されている5人の作家さんの共同展示場を訪ねました。
木工家具の「Wood Work Shop 大地」さん

f0233414_20542468.jpg

昨年訪れた白露さんも、この会場で展示されていました^^

f0233414_2102688.jpg

白露さん、いつ見てもいいですね^^

f0233414_2113948.jpg

お二人の兄弟の作家さんのそれぞれの個性が光っています^^

f0233414_216069.jpg

「工房から箱」の陶器

f0233414_22413943.jpg

普段使いの食器や小物が、とてもかわいいですね^^

f0233414_2172767.jpg

ステンド&アートセラピー「Maua」

f0233414_2192527.jpg

ハンドメイク&リメイク 「ジャキジャキ屋」

f0233414_2112366.jpg

喫茶コーナーも設けられていて、ケーキやクッキー、珈琲、紅茶を頂くことができます。

白露さんにとって、今回会場を変えての展示は初めての試みだったようですが、
確かに、一か所で、5人の作家さんの作品をいっぺんに見ることができるので、とても便利でしたが、

その代わり、作家さんの作業所や工房の様子を伺い知ることができないのが、ちょっと残念?^^;

f0233414_21151983.jpg

そして、その次に訪ねたのは、松川村に窯を持つ「やまもギャラリー」

f0233414_21202686.jpg

松本市、城山公園近くにあるギャラリー・カフェ「憩いの森」さんで作品を見てからというもの、
すっかり「やまも」さんの陶器の持つ不思議な魅力に憑りつかれてしまい^^;
今回、是非ともお訪ねしたいと思っていたのでした^^

f0233414_21233368.jpg


f0233414_21243381.jpg


f0233414_21255542.jpg


f0233414_21262212.jpg


f0233414_21272247.jpg

「やまも」さんの窯を見せて頂きました。

f0233414_21293665.jpg

焼きあがったばかりの作品を前にして、いろいろお話を伺うことができました^^

f0233414_21323640.jpg

陶器は、釉薬を使わず、素焼きだそうで、
火入れの具合により、色や光沢が決定するのだそうです。

f0233414_21341771.jpg

アカマツの薪を燃やすので、窯が高温になり、高熱で焼かれた陶器は、
灰の中から取り出して初めて色合いがわかるそうで、
これらは、完全に自然が創り出した色だということでした。

f0233414_2202328.jpg

それぞれの作品から、土と火が持つ力強いエネルギーを感じ、
ますますやまもさんのファンに^^

f0233414_21375186.jpg

夕方、ワームウッド8さんからお誘いがあったので、お蕎麦の「ふじもり」さんへ

f0233414_2140665.jpg

ふじもりさんでは、ワームウッド8さんのライアー、和泉田仁美さんの古伝の色染、
蓮月工房さんの蜜蝋キャンドルが展示されていました。

f0233414_21433154.jpg

安曇野スタイル初日の夜だけ、
マイライアーの制作者であるワームウッド8さんの自作ライアーによるミニコンサートが開催され、

安曇野スタイル初日は、癒しの音ライアーの静かな音色と共に終わりました^^;

f0233414_2147910.jpg

昨年の安曇野スタイル2010の初日は、とっても良いお天気でしたが、
今年は、どんよりしたお天気で、イマイチ盛り上がりが?と気になスタートの安曇野スタイル2011^^;

まだまだ開催期間は、明日から明々後日まで、あと3日もあります^^;
気になる作家さんの作品を、直に見て触れることができる数少ないチャンスですので、

是非是非、足をお運び下さいね^^

(明日茨城県から来るMさんと一緒に、まだまだこれから沢山見て回るつもりで~す^^)
by azumino-macro | 2011-11-03 21:54 | 安曇野あれこれ