安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

初雪 in 軽井沢

安曇野の最低気温-1.8℃、最高気温も5.8℃と寒い一日となった昨日、
茨城県取手市にある地和子先生の教室でマクロビオティックのおせち料理を習いに行く途中、
欲しい物があったので、軽井沢に立ち寄りました。

f0233414_22233354.jpg

昨年、初めて地和子先生や先生の生徒さん達と一緒に訪ねた日本聖公会・ショー記念礼拝堂(旧軽井沢)。
軽井沢で最古の教会だそうで、これからクリスマスを迎えるに相応しい神聖な雰囲気に包まれていました。

f0233414_22271279.jpg

この日、軽井沢は、最低気温-3.7℃、最高気温でも1.5℃だったそうで@@;
どーりで寒い筈ですね^^;
凍えそうになりながら、お目当てのものを探して旧軽井沢銀座商店街を歩いていると、
お腹も空いてきて、心まで寒々しくなっていた所、「黒うどん」なる看板が目に留まりました。

何でも、「山長」さんの黒うどんは、地粉と玄米(?^^;)で打ったうどんだそうで、
玄米入りうどん、は今まで聞いたことも見たこともなかったので、即、入ってみることに^^;

f0233414_22332393.jpg

鍋焼きうどん、醤油味を注文してみました。
(後で知ったことですが、味噌味の方が、このお店のお勧めだったようです^^;)

入っている野菜は、ほとんど全てお店のご主人が、無農薬、無化学肥料で作ったお野菜だそうで、
野菜も出汁も、もちろんうどんも、全てこだわりの鍋焼きうどんでした^^

f0233414_2237330.jpg

黒うどんは、玄米の色と同じ薄茶で、ほうとううどんに似て太くもちもちとした食感で、
煮込むほどに出汁が滲み込んで、今まで食べたことがないほど美味しかったです^^
(スミマセン、食べるのに夢中で、写真がボケボケで・・・^^;)

f0233414_224458.jpg

温かくて美味しいうどんを食べて、心も體もホカホカとなって外に出ると、
今にも降り出しそうな鉛色の空から、ふわりふわりと白いものが舞い降りてきました。

降り出した雪を見て、お店から外に出てきた店員さんが、
「今日は雪になるね。初雪だぁ」と空を見上げて何故だか嬉しそうでした^^;

f0233414_224759100.jpg

すっかりクリスマス色にデコレーションされた軽井沢の街中に降る初雪は、
それはそれは、とてもロマンティックで、この時季にピッタリ^^

f0233414_22493849.jpg

そういえば、昨日から12月でしたね。
12月1日に初雪を見たお蔭で、一気にクリスマスムードが高まってきました^^;(やっと?^^;)

f0233414_22531166.jpg

これは、軽井沢ではなく、東京で見かけたクリスマスツリー

f0233414_22541586.jpg

都会のクリスマスデコレーションは、クリスマス商戦と密接に関係していることもあってか、
華やかで大がかりなものが多いですね。

安曇野にいると、周りのクリスマス色はあまり濃くないので
都会のクリスマス時季の喧騒と商魂逞しいクリスマス商戦に彩られたデコレーションが
少々懐かしい気もするこの頃です^^

安曇野で迎える2回目のクリスマス。
今年は、どんなクリスマスになるのかな?^^;
(安曇野で、ホワイトクリスマス、期待したいですね^^)
by azumino-macro | 2011-12-02 23:14 | 信州あれこれ