安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

マクロビオティックのおせち料理

取手にある地和子マクロビオティック・クッキングスクールにて開催された
おせち料理の講習会に参加してきました。

f0233414_20121389.jpg

先生の教室をお訪ねするのは久しぶりで、その上、
生徒として先生の講習会を受講するのも久しぶりだったので、少しばかり緊張^^;

お正月のおせち料理を動物性や白砂糖を一切使わないマクロビオティックで、
13品も作ることになっているので、以前からとても楽しみにしていたのでした^^;

f0233414_20194817.jpg

メニューは、黒豆の含め煮
白砂糖を使わなくても、甘い黒豆ができました^^

f0233414_20224428.jpg

これは、伊達巻です。
これを、鬼すだれで巻いていきます。

f0233414_20254980.jpg

卵、魚肉、お砂糖を使わないで、甘くてふんわりとした伊達巻ができました。
(見た目もお味も普通の伊達巻と違いが分からないほどです^^;材料は?フフフ、秘密です^^b)

f0233414_2028416.jpg

りんご入りきんとん
これもお砂糖を一切使わず、サツマイモとかぼちゃの甘みだけですが、とても甘いきんとんができました。

f0233414_20303958.jpg

テンペの南蛮漬け
揚げたテンペをマリネ液につけました。

f0233414_20335722.jpg

昆布巻き。
中身は、人参と牛蒡を巻きました。

f0233414_212312.jpg

菊花かぶ

f0233414_2039575.jpg

蒸したサトイモにゆかりを入れて混ぜ、丸く丸めます。

f0233414_20344775.jpg

そして、周りにしんびき粉をつけ油で揚げた、里いものしんびき粉揚げ

f0233414_20364896.jpg

お豆腐やキクラゲなどを入れ、油揚げに詰め、干瓢で縛り、お醤油で煮込みました。

f0233414_20354257.jpg

何が入っているかな?お豆腐の宝袋^^

f0233414_20415447.jpg

ただの干し椎茸に、切込みを入れ、

f0233414_2043937.jpg

お醤油で味付けし、

f0233414_20435528.jpg

片栗粉をまぶし

f0233414_20452182.jpg

油で揚げ、

f0233414_204623100.jpg

再び煮汁で煮込み、出来上がったのが、鮑もどき
(本物の鮑より、こちらの方が美味しいとの声も?^^;)

f0233414_20474982.jpg

ひえを使ったひえの蒲鉾もどき
(蒲鉾のような食感です^^)

f0233414_20483244.jpg

蓮の実あん入りれんこん

f0233414_2103898.jpg

花形人参と蒟蒻の味噌煮

f0233414_21542.jpg

出来上がったおせち料理は、お重に詰めました^^

f0233414_2164653.jpg

地和子先生の盛り付けは、いつも、素晴らしく美しいです^^;

f0233414_2172978.jpg

美しく盛り付けるのも、お料理のテクニックの一つですね^^;
見習いたいと思いつつ・・・・^^;

f0233414_2195093.jpg

そして、焼いた玄米餅が入った関東風のお雑煮を頂きました^^

f0233414_2137068.jpg

日本の伝統食、おせち料理。
このような素晴らしい文化を持った日本人の知恵と心を
これからも未来へと繋げていくことができるように、是非とも次世代に伝えていきたいものですね。

(安曇野マクロビオティック・キッチンでも、生徒さんの希望により、
おせち講習会を開催する予定です^^;←大丈夫?私・・・^^;)

f0233414_2129528.jpg

(この写真は、私の盛り付けです^^;)
それにしても、早々に、本格的なおせち料理を頂いてしまったので、
クリスマスを通り越して、一気にお正月がやって来てしまったような一日でした^^;
by azumino-macro | 2011-12-03 21:19 | Macrobiotic