安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

美ヶ原王ヶ鼻から北アルプスを望む

先週の金曜日に、安曇野の平地にも雪が降ってから、毎日翌日の天気予報をチェックし、
北アルプスがきれいに見える日に、北アルプスを撮影するために、
美ヶ原に登ろうと考えていました。

ところが、土曜日から昨日の火曜日までふられっぱなしで、お天気は良いのですが、
雲が多くて、これでは、せっかく登っても写真にならないので、諦めていました^^;

f0233414_2249440.jpg

今朝はどうだろうと窓の外を見ると、モルゲンロートに染まる常念岳の上空に上弦の月がかかっていました。

f0233414_21314142.jpg

絶好の撮影日和!
久しぶりに北アルプスがすっきりと見えていました^^v

待ってました!とばかり、先日の降雪で山頂辺りが白くなった美ヶ原へ急ぎます^^;
(林道美ヶ原線とビーナスラインが冬期閉鎖になった関係で、現在では美ヶ原へは、足で歩いて登るか、
 王ヶ頭にあるホテルに宿泊し、その送迎バスに乗るしか手がありません^^;)

f0233414_21344076.jpg

ビーナスラインは、冬季閉鎖になっていますが、
その手前のよもぎこば林道は、三城牧場まで通行できるということなので、
桜清水まで行き、これまで数回歩いて登り慣れている石切り場コースを登ることにしました。

冬期閉鎖中の桜清水のキャンプ場周辺には、
先日の雪が、ほとんど融けずに残っていて、かなり冷や汗を掻きましたが、何とか無事、到着^^;

f0233414_2140137.jpg

山道は、日が当たらない北斜面の道は、まだ雪が残っていましたが、
南斜面の道は、大丈夫だったので、持って行ったアイゼンはつけずに歩きました。
(用心のために持っていきましたが、12月では、まだアイゼンは必要なさそうですね^^:)

f0233414_21455923.jpg

人間以外にも、いろいろな動物が徘徊しているようで、大小さまざまな足跡が雪の上に残っていました。
(こんなに小動物がいるんですね^^;大きな足跡はなかったので、熊さんは歩いていないようです^^;)

f0233414_2150483.jpg

期待していた北アルプスですが、安曇野から見えていた北アルプスには雲はかかっていませんでしたが、
登山口までの時間と登頂にかかった時間を合計して、2時間半が過ぎていたため^^;

山頂から見た時は、すでに遅しで==;
穂高連峰と槍ヶ岳の一番いい所に雲がついてしまっていました!><;

f0233414_2157768.jpg

王ヶ鼻からの眺望で、一番楽しみにしているのが、
安曇野からは見ることができない穂高連峰と槍ヶ岳なだけに、ガックリですTT

f0233414_2204268.jpg

でも、常念岳より以北の北アルプス、後立山連峰の山々は、この通り、素晴らしい眺めでした!^^v

f0233414_2261068.jpg

雪がついて白くなり、ますます美しく輝く爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳、五竜岳
(後立山連峰の山々の美しさは、日本でも屈指の美しさだと思います^^)

f0233414_2214851.jpg

今日は、日中の松本は、12℃まで気温が上がったようですが、
2,000m近い山頂は、風が強く吹き飛ばされそうで、とっても寒かったです。
(もちろん、かなり着込んでいきました。手袋なんて、2枚重ねです^^;)

そんな時、持参した「ホット甘酒」が、予想以上に、体を温めてくれ、
優しい甘さで、疲れを取ってくれました^^v

f0233414_2215059.jpg

今回は、いつものおにぎりとは別に、体を温めてくれるこんなものもお昼ご飯に持参しました^^;

f0233414_22165142.jpg

あまりの強風に、ガスバーナーの火が消えそうになるのを何とかもたせて、
やっとできた即席麺(マクロビオティック仕様の即席麺です^^;)

寒い季節のトレッキングには、冷え切った体を温めてくれる温かい食べ物が、最高のご馳走ですね^^;

f0233414_22244178.jpg

振り返ると、王ヶ頭、その向こうに浅間山と八ヶ岳が、ぼんやりと見えました。
南アルプス、乗鞍岳は、全く見えず!><;

もっとすっきりとしたパノラマ風景を期待していたのですが、どうやら今日は空振りのようです^^;

f0233414_22275458.jpg

100%満足のいく景色ではありませんでしたが、
それでも、この北アルプスの連なりを見たのは久しぶりなので(先日の思い出の以来?)
今日のところは、雪の登山道を何とか歩いて登った甲斐はあったと言えそうです?^^;

f0233414_2233358.jpg

ただ、下山後、安曇野へ戻る途中、気が付くと、穂高連峰、槍ヶ岳についていた雲が消えて(?)、
槍ケ岳の矛先が、常念岳の肩越しに見えていました@@?

槍ケ岳を見に行ったようなものなのに^^;
山頂ではその姿を確認することができず、ガッカリしたのでしたが、
下山後、空は雲一つなく、すっきりと晴れていたのには、ビックリです@@?
(1時間余りの間に、あの雲が跡形もなく消えていたので、きつねにつままれたような気分に?^^;)

f0233414_23205390.jpg

今度、美ヶ原に登る時までには、更に雪が深くなると予想されるので、
冬山登山の装備と覚悟で登ることになりそうですが、

北アルプスの美しい冬山の稜線の連なりを楽しみに、リベンジを誓ったのでした^^;
by azumino-macro | 2011-12-14 22:49 | トレッキング