安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

精進おでん

今日の最低気温は、-3.3℃(と、まぁ、これはそれほど低いという訳ではありませんが^^;)、
最高気温は、2.4℃と、日中でもそれほど気温が上がらないため、冬眠状態になりつつある今日この頃^^;

そんな寒い日には、温かい食べ物が一番ですね^^

来週から再開する季節のマクロビオティック応用料理コースで、
生徒さんからリクエストのあった「精進おでん」にトライしてみようと思っているので、

試作のため、マクロビオティックな「おでん」を作ってみることにしました^^;

f0233414_22434720.jpg

まずは、飛龍頭(がんもどき)を手作りで^^
(ひじき入り飛龍頭、これだけで、りっぱな一品になりますね)

f0233414_22491416.jpg

市販の魚介類を使った練り製品が一切入っていない精進おでん

おでん種は、飛龍頭(がんもどき)、餅巾着、裏白椎茸、テンペ入りロールキャベツ、
大豆タンパクと松本一本葱、蒟蒻、大根、厚揚げ、昆布

f0233414_22555771.jpg

練り製品が入っていなくても、「おでん」としてなかなか美味しい、と家族には好評でした^^v

もう少しレシピを見直したり、品数を増やしたりして、来週の講習会に備えたいと思います^^;

(「おでん」という料理名の由来ですが、調べてみると、
 具材を串に刺した(味噌)田楽に由来しているそうです。
(味噌)田楽は、伝統芸能の田楽で、棒に乗って演じられる「高足」に似ている事が名前の由来とされ、
 おでんは、この(味噌)田楽から来ているようです。ということは、
 おでん種を串に刺すのが本来の「おでん」なのかもしれませんね^^;)
by azumino-macro | 2012-01-11 23:03 | Macrobiotic