安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

カフェ 風のいろ

雲に覆われていた後立山連峰の山々が、少しだけ見え始めた日の午後に、
昨年の6月にお隣の池田町にオープンした「カフェ風のいろ」さんに行ってきました。

f0233414_2138764.jpg

大峰高原に通じる道よりもう一本大町寄りの道を入ってしばらく行くと、
北アルプスを見下ろすことが出来る東に広がる見晴らしの良い高台に建っていました。

f0233414_21412049.jpg

お店の正面はこんな感じで、北アルプスを真正面から眺めることが出来ます^^

f0233414_21434824.jpg

この日は、運よく、雲の合間から爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳を見ることが出来ました^^

f0233414_21451889.jpg

カフェのお庭に天文ドームがある、ちょっと変わった(?)カフェです。
時々、星空ウォッチングなどのイベントを開催して、天体望遠鏡を覗く機会を設けて下さっているようです。
(次回の「冬の星空ウォッチング」は1月21日(土)に開催予定のようです。
 詳しくは、こちらから)

f0233414_21512540.jpg

ランチは、パスタ3種類の中から選び、これにサラダとパン、飲み物(珈琲or紅茶)が付きます。

ランチ以外では、焼き菓子が何種類かあります。

f0233414_21551940.jpg

窓の外に広がる北アルプスを眺めながら、お茶をゆっくりと飲んでいたら、
素敵なギターの柔らかい暖かな音色に包まれました。

f0233414_21565025.jpg

オーナーご夫妻にお話しを伺ったところ、
上田市在住のクラシックギター製作者で演奏もされる白柳淳さんのオリジナルのメロディーだそうで、

何でも白柳さんは、見た作品に感銘を受けると、インスピレーションが湧いて曲を作るのだそうで、
流れていたギターの曲も、CDのカバーに使われている絵を見て感銘を受けて作った曲だというお話でした。

f0233414_22252091.jpg

そのカバーの絵を見た時に、アレ?どこかで見たような絵のタッチ?と思ったら、

f0233414_22261027.jpg

その絵は、秋に「縁縁」さんで個展をされていた松下英友さんの絵でした^^

f0233414_22274799.jpg

パステルで描かれたその細密画の風景は、安曇野のどこかの風景なのですが、
私達が心の中に描いている安曇野の風景であり、

いつまでも変わることのない永遠の安曇野の風景なのではないかと思い、
松下さんが描く安曇野の大ファンになっていた私は、この出会いに不思議なご縁を感じたのでした^^

f0233414_2235424.jpg

私も大好きな松下さんの絵にインスピレーションを得て、
こんな素敵な音楽を作られた白柳さんて、どんな方なんだろう?と思っていたら、

2月25日(土)13・30~カフェ風のいろさんでミニコンサートがあると教えて頂きました^^

松下さんの絵と同じように、透明感のある美しいクラシックギターの音色は、
安曇野の澄んだ空気にぴったりと合って、さらに美しく響くことでしょう^^

ゆったりと安曇野時間が流れる中、

「カフェ風のいろ」で、美味しい珈琲を飲みながら、
是非、白柳さんのギターの透明な音色をお聞きになってみて下さいね^^
by azumino-macro | 2012-01-19 22:41 | 安曇野あれこれ