安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

コハクチョウの北帰行

今季、安曇野に飛来したコハクチョウの数は、最高だった2月16日の1338羽から徐々に減り、
安曇野市HPの情報では、3月12日現在では、残っているのは750羽ほどだそうで^^;

このところ雪の日が多かったせいもあり、
すっかりコハクチョウの撮影から遠のいていたので、慌てて、撮影しに行くことにしました^^;

f0233414_22104681.jpg

御宝田遊水地には、一羽もいなかったので、まさかもうすでに北帰行してしまったかと焦りましたが^^;
北穂高の田んぼに行くと、コハクチョウの姿が!

f0233414_22131034.jpg

みんな、相変わらず元気ですね!^^
コハクチョウの変わらない元気で賑やかな様子を見たら、何だかホッとしました?^^;

f0233414_22145447.jpg

午後の餌やりの時間、コハクチョウ達がひと際声高く賑やかになる時間。

雪の日も、餌やりのおじさんは、こうしてコハクチョウにえさをあげて下さったのでしょうね。
安曇野に飛来するコハクチョウは、幸せですね^^

f0233414_22244623.jpg

お腹もいっぱいになると、今度は、御宝田遊水地の白鳥湖へ向けて、飛び立っていきます。

f0233414_2222289.jpg

毎日、毎日繰り返されているこの日課のようなコハクチョウの行動も、
もうそろそろ見られなくなるのかと思うと、毎年のこととは言え、ちょっぴり寂しいですね^^;

f0233414_22275984.jpg

北帰行のコハクチョウの群れを見ることはできませんでしたが、
30、40羽ほどが、北に向かって一斉に飛び立ち、V字型になって高度を上げて飛んでいくそうで、

シベリアの大地に辿り着くまで、休むため何か所かに立ち寄るそうですが、
どうやら大変な思いをして、帰っていくようです^^;

f0233414_22345570.jpg

この冬、カップルになったばかりのコハクチョウもいて、
人間にも通じる愛情表現が、何とも微笑ましいですね^^
(二羽が首を曲げてハート型を形作っているところに注目!^^b;)

f0233414_22294319.jpg

来季は、かわいい幼鳥を連れてファミリーとなって、
是非、また安曇野へ帰ってきて欲しいものです^^

f0233414_22413139.jpg

今日の最低気温、-6.6℃、最高気温4.7℃、両方とも、2月上旬並みだそうで@@;
この分だとコハクチョウも、もう少し、安曇野でゆっくり過ごしてくれるかもしれませんね?^^;

f0233414_22403398.jpg

今年こそ、北帰行の写真、撮れるといいな、と思っていますが・・・・?^^;

コハクチョウの行動に詳しいカメラマンの方のお話では、
何でも、飛び立つ前に相当練習飛行をするそうで^^;

f0233414_23455010.jpg

何がその日を決定するかは分からないそうですが、
早朝、或いは、夜間に、ある日、突然、一斉に飛び立つのだそうです。
 
そんなコハクチョウの一群を、一度は、見送ってみたいものです^^
by azumino-macro | 2012-03-13 22:45 | 安曇野あれこれ