安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

秋の乗鞍岳

三連休の秋晴れの日、
紅葉が真っ盛りだと聞いて、乗鞍岳に行ってきました。

f0233414_215587.jpg

すっきり、くっきりと、乗鞍岳が見えていました^^
乗鞍岳は、23の峰からなる火山で、
日本で自転車で走行できる最も標高の高い県道の地点があります。

f0233414_2164128.jpg

紅葉は、乗鞍高原(1,500m)付近は、まだ紅葉になっていませんでしたが、
2,000m以上では、ブナの黄色と、ツタウルシ、ナナカマドの赤の対比が、とても綺麗でした。

f0233414_2194077.jpg

富士見岳と摩利支天岳の間にある不消ヶ池(きえずがいけ)を眼下に見下ろしながら、
往復30分ほどの、魔王岳(まおうだけ)に登りました。

f0233414_21203947.jpg

よく晴れていたため、遠くの北アルプスがよく見えました^^

f0233414_21221886.jpg

真正面に写っているのは、穂高連峰、
そして、左手奥の鏃の先のような尖った峰は、槍ケ岳。
右奥に写っているのは、常念岳と横通岳、です。

f0233414_21254166.jpg

南アルプスもシルエットのみですが、見えていました。

f0233414_212884.jpg

それにしても、前夜に雪が降ったということで、
登山道には、白い雪がうっすらと残っていました><;

風が冷たく、3,000m級の高山は、秋を通り越して、初冬の装いでした^^;
by azumino-macro | 2013-10-15 21:31 | 信州あれこれ