安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

2010年 08月 07日 ( 1 )

波田町産のスイカ


今日は立秋、明日から暦の上では、秋なんですね・・・^^;

そう言えば、気づくと、夜、秋の虫の音が微かですが、外から聞こえてくるようになってきました。
少しずつ、季節は移り変わっていっているようです。

とはいえ、日中は、まだまだ暑さが続いている安曇野です!@@;
そこで、今日は、こんな日にこそ食べたいスイカの話題を少々^^

安曇野市のお隣の波田町は、平成22年3月31日、松本市と合併し、今は松本市となりましたが、
この辺りでは、有名なスイカの産地です。

f0233414_20294641.jpg

スーパーで売っていた波田町産(下原産)のスイカです。
そのあまりの大きさに、まずビックリ!(大きさを実感していただくため、隣に桃を置いてみました)
あまいに重いので、(10kg位はあるかも?^^;)、持ち運ぶときに、ギックリ腰になりそうでした!^^;

その上、これで、980円というお値段の安さに、更にビックリ!

f0233414_20301350.jpg

しかも甘くて、おいしい!

そのおいさのヒミツはというと、乗鞍山系の火山灰土壌で育ち、
700~800mの高地のため、昼夜の寒暖の差が大きく、日照時間も長いことから、
糖度が高く、シャリシャリした食感の、品質の良いスイカができるのだそうです^^

この甘くておいしいスイカは、観光客用に、主要道路沿いで軽トラを利用した出店などで売られていて、
少し小さいものなら、1個500円位で買うこともできるようです^^v

まだまだ猛暑日が続きそうですが、冷たく冷やした水分タップリのスイカは、暑い日にはピッタリですね!

陰陽の観点からは、スイカはとても陰性が強く、
食べ過ぎると身体を冷やしすぎてお腹が痛くなったりするので、
食べるときは、少量の塩を振って、少し陽性さを取り入れると陰陽のバランスがとれます。
スイカには、お塩、お忘れなく!
by azumino-macro | 2010-08-07 21:00 | 日々のあれこれ