安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

2010年 08月 22日 ( 1 )

庭の小さな生き物たち


我が家の庭は、ほとんど手入れをしていないので^^;、相変わらず草がボーボーですが、
それが却って昆虫たちには好都合のようで、いろいろな生き物が住み着いています。

蜂の巣は、もうすでに5つもありますし^^;、
モグラもいて、庭の土を掘り起こしてしまうので、今では地面がボコボコです^^;

f0233414_237474.jpg

でも、中には、こんな珍しいイトトンボが!
昔、子供だった頃、東京でも夏になると、ごく普通に見かけたイトトンボですが、
その後、ある頃を境に、全く見なくなりました。
なので、イトトンボを見るのは、数十年ぶりです^^;

今、家の周りには、沢山のイトトンボが飛んでいるので、
このことからも、安曇野の河川や田んぼには、昔と同じように、
生き物たちが生息できる環境がまだ残っているということなのでしょう^^

f0233414_2382644.jpg

これは、庭でよく見かけるアカトンボ。
茜色がとってもキレイですね^^
ミヤマアカネというトンボだそうで、体が赤いのは、オスだそうです。

f0233414_2385586.jpg

そして、アマガエル!
アマガエル自体は、全然珍しくないのですが、
家の裏に広がる田んぼに産み付けられた卵から成長したアマガエルで、
我が庭には、どうも100匹以上のアマガエルが生息しているようです^^;
(梅雨の頃、カエルの大合唱で夜はとても賑やかでした!^^;)

この辺りでは、農薬を使っていない田んぼも多いようで、
春先に、田んぼをよく見ると、オタマジャクシがウヨウヨ泳いでいたのが、とっても印象的でした^^;

f0233414_2375542.jpg

そして、庭にいる訳ではありませんが、時々上空を旋回しているトンビ。
特に、空気が澄んで空がきれいな日に、ピューロロロロと鳴きながら、上空高く飛んでいるその姿は、
見ていてとっても気持ちがよいです^^

こんな人家のすぐそばでトンビが舞っているのを見たのは、安曇野が初めてで、
本当に自然が豊かな土地なのだと確信したのでした。

f0233414_23385994.jpg

日中は、夏の虫たちが元気に飛び回っていますが、
夜になると、秋の虫がその数を増やしてきていて、
コオロギやスズムシやその他今まであまり聴いたことのない虫の音の混声(?)大合唱になりつつあります^^;

そして、最近だんだんキレイな夕焼け空が見られるようになって来ました!
空気が澄んで、空が高くなると、いよいよ秋の訪れですね^^

最近すっきりとした姿の北アルプスを見ていないので寂しいですが、
それもきっと、もう少しの辛抱ですね^^
by azumino-macro | 2010-08-22 22:58 | 安曇野あれこれ