安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

2010年 08月 31日 ( 1 )


北アルプスは、地理的に言うと、飛騨山脈ですが、
山の連なりをひとまとめに小さく区切って、立山連峰、後立山連峰、常念山脈などと、呼ぶことがあります。

昨日は、そんな呼称のひとつ、槍穂高連峰の撮影に初めて成功しました!^^
(槍穂高連峰は、安曇野からは見えないので、
 北アルプスの中でもなかなか撮影するチャンスがありません^^;)

f0233414_2231392.jpg

松本から霧が峰に抜けるビーナスラインから見た槍穂高連峰です。
(槍穂高連峰とは、槍ヶ岳と奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳などの峰々の総称です)

f0233414_22384479.jpg

こちらは、八ヶ岳連峰。

秋を思わせる澄んだ青空に映える山脈の連なりを見ていると、時が経つのを忘れてしまいそうです^^
(とはいえ、あっという間に雲が出てきて、山を覆ってしまったので、
 ウカウカしていると、せっかくのシャッターチャンスが台無しになりそうでしたが・・・^^;)

f0233414_22464261.jpg

次から次へと湧き上がる雲。
昨日は、時間との戦いでした^^;
(でも、この槍ヶ岳の矛先を見ることが出来ただけでも、良しとしましょう!^^)

f0233414_22513787.jpg

空と雲と山が織り成す雄大な風景!
雲もこうして見ると、なかなかの被写体と言えるかもしれませんね!^^;
by azumino-macro | 2010-08-31 23:07 | 信州あれこれ