安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

カテゴリ:信州あれこれ( 103 )

イギリス人宣教師であり、日本各地の山に登り『日本アルプスの登山と探検』などを著し、
日本アルプスなどの山及び当時の日本の風習を世界中に紹介した登山家ウォルター・ウェストンが
1891年に上田から保福寺峠を越えた時に、峠から見た北アルプスを賞賛したという
その記念すべき保福寺峠から見た北アルプスの風景をこの目で確かめたくて

始めて保福寺峠を訪れたのは、昨年の秋でした。

f0233414_21292761.jpg

その時、目にした素晴らしい風景は、きっと、
当時のウェストンが目にしたであろう風景と、それほど変わらない姿で時を経て、そこにありました。

その時見た風景は、忘れられないほど素晴らしかったにも拘らず、
その時撮った写真をブログにUPすることなく、今日に至ってしまいました^^;
(昨年撮影した写真の中でも、ベスト数枚に入るほどの美しい風景でしたが、何故かUPしませんでした^^;)

f0233414_21301948.jpg

丁度一年前に見た保福寺峠からの素晴らしい風景が忘れられなくて、
北アルプスが比較的きれいに見える日を選んで行ってみることにしました。

f0233414_21363644.jpg

途中、通過した旧四賀村から見た北アルプス。
常念岳が真正面に見えていましたが、空の様子がすでに怪しくなってきていますね^^;

f0233414_2139251.jpg

こちらのお寺は、峠の名前にもなっている「保福寺」

f0233414_21405276.jpg

保福寺山門横にあった道祖神。
何だか、とっても幸せそうなお顔の男女双体像ですね^^ 
(こんな感じになりたいものですね^^;)

f0233414_21452634.jpg

保福寺峠へ至る林道(下奈良本豊科線)の入り口から見た北アルプス。
期待していたお天気でしたが、快晴には程遠く、
どうも今日は昨年の様な絶景にはお目にかかれないようです^^;

この林道下奈良本豊科線は、昔の五畿七道の一つの東山道(とうさんどう)で、
本州の内陸部を近江国(滋賀県)から陸奥国(青森、山形)を貫く幹線道(街道)でしたが、

松本城主が参勤交代のため江戸に上がる際に歩いた当時の街道の面影は
今は、ほとんど残っていないのが残念です。

f0233414_21492013.jpg

昨年同じ場所から見た北アルプスの風景がこれです。
お天気と、北アルプスに雪がついているかどうかで、こんなにも印象が違うのですね^^;

f0233414_21525765.jpg

常念岳と槍ヶ岳。
昨年の11月11日に、保福寺峠を訪れた時には、北アルプスは、すでにこんなに冠雪していたのでした^^;

f0233414_21561479.jpg

ウェストンが見たであろうこの風景は、
やはり彼がその著書の中で絶賛するに相応しい感動を秘めていますね^^

f0233414_2244068.jpg

松本市(旧四賀村)と青木村との境にある保福寺峠の最高地点に、
ウェストンの足跡を伺うことのできる場所がありました。

f0233414_2265453.jpg

そこには、「ウォルター・ウェストン日本アルプス絶賛の地」と彫られた記念碑がひっそりと建っていました。

f0233414_22102586.jpg

東側の青木村から山道を登ってきて、
この峠に辿り着いて初めて北アルプスを目にしたウェストンの気持ちを想像しながら、

遠く空に浮かぶようにそびえる壮大な北アルプスの風景を眺めていると、
いつの時代でも見る人に感動を与える北アルプスの美しい風景に改めて胸を打たれます。

f0233414_2213738.jpg

ウェストンが初めて目にし、感動した(であろう)日本アルプスの風景。
(今年の写真では、その感動を想像できないと思われるので、昨年の写真をご覧下さい^^;)

f0233414_2214578.jpg

今年は、空がすっきりとしない日が多く、全く写真にならない日が多のが、本当に残念です。

この林道は、もうそろそろ冬季閉鎖になってしまうため、
今年は、保福寺峠からのベストショットは、撮れないまま諦めるしかありませんが、

また来春、林道が開通したら、ウェストンが絶賛したという風景を見に、再訪したいと思います^^;
by azumino-macro | 2011-11-14 22:31 | 信州あれこれ
昨年、林道美ヶ原線を通って武石峰の山頂、思い出の丘に初めて行ったのは、11月13日でした。
(ブログは便利ですね。記憶が曖昧でも、きちんと正確に記録しておけるので・・・^^;)

f0233414_20265420.jpg

今年は、5月10日に行ったきりで(確か^^;)、もうそろそろ林道が冬期閉鎖になる筈なので、
その前に、初めて訪れた日より丁度1年、忘れがたい感動を覚えた思い出の丘に行ってきました。

(この林道美ヶ原線は、毎年6月に開催される松本市主催の自転車レース大会
 ツール・ド・美ヶ原のコースにもなっている道です)

f0233414_20293194.jpg

安曇野市内から見上げた空は、靄が濃く、東山も西の北アルプスも見えませんでしたが、
この濃霧は、午後になって晴れてくるとのことだったので、
きっと、北アルプスが見えてくる筈、と期待して、出掛けることにしました^^;
(そういえば、昨年も、同様のパターンでしたね^^;)

f0233414_20312583.jpg

烏帽子岩、近くから見たいと思っていながら、
今年もとうとうそばまで行かずに終わってしまいそうです^^;

f0233414_20423936.jpg

一年前、この思い出の丘から見た北アルプスは、雪で真っ白になっていたのですが、
今年は、まだこの通り、全く雪がついていません^^;

f0233414_20455584.jpg

雲が多いですが、何とか、穂高連峰と槍ヶ岳の姿を認めることができました^^

f0233414_20503246.jpg

昨年、初めて思い出の丘から見た北アルプスの風景のあまりの美しさに、
溢れる感動で何故か涙腺が緩み、上手く思ったように写真を撮ることができなかったことを思い出しました^^;

f0233414_20572612.jpg

今年は、同じ失敗を繰り返さないように撮影しようと、しばらく雲が切れるのを待っている間、
この1年間のことがいろいろと思い出され、1年前の感動も甦ってきました。

f0233414_21905.jpg

そういえば、一年前、思い出の丘で、自分がまるで鳥になったように感じましたっけ。
(高所恐怖症ですが・・・・^^;)

眼下に広がる松本平と北アルプスの山並みを贅沢なほど楽しめる場所^^
しかも、ほとんど歩かず(労せず)、展望台に立てる、数少ない場所です^^;

f0233414_2115171.jpg

今日は、雲が多く、見納めの風景とするには、少々物足らない風景だったので、
林道美ヶ原線が冬期閉鎖になる前に、もう一度時間があれば、訪れたいと思います^^

その時は、もちろん、北アルプスが白い雪を被っていることを願って!^^;
(もう、いい加減、そろそろ、ですよねぇ?^^;)
by azumino-macro | 2011-11-12 22:22 | 信州あれこれ

信州の紅葉 高瀬渓谷

安曇野スタイルの開催中、安曇野スタイルの会場を訪ねて回るのに忙しく、
気が付くと、紅葉前線は安曇野市内にも下りてきていて、
市内はすっかり秋色一色になっていました^^;

f0233414_2371277.jpg

先月中旬以降、信州の各地の紅葉スポットを訪ねている間に、
身近な紅葉スポットであるお隣大町市の高瀬渓谷の紅葉を見に行く機会を逸してしまい^^;
どうやら紅葉のピーク時を逃してしまったようです^^;

f0233414_20534072.jpg

今日は朝から曇天でしたが、これ以上遅くなると、木々の葉っぱが全て落葉してしまうので、
撮影にはイマイチでしたが、見に行くことにしました。

f0233414_2138651.jpg

標高の低い場所の紅葉は、とても綺麗でしたが、^^;

f0233414_20551811.jpg

更にその奥の大町ダムの方へ進むに従って、すでに周囲の木々は落葉していました!^^;
(やはり、遅かったですね^^;)

f0233414_2134610.jpg

気持ち、何とか紅葉の余韻を味わうことができる感じでしょうか?^^;

f0233414_2164428.jpg

この辺りは、冬期は雪が多いので、主に、ブナやミズナラなどの広葉樹の黄葉が主ですが、

f0233414_2110135.jpg

スケールの大きな黄葉の風景も、なかなか見応えがありますね^^

f0233414_2111831.jpg

大町ダムより大町市の市街地を見下ろすことができます。

f0233414_21132620.jpg

大町ダムより上流の水は、エメラルドグリーンで、とても綺麗ですね^^

f0233414_21144881.jpg

葛温泉まで行ってみましたが、そこまで行くとすっかり紅葉は終わっており、
木々も落葉して、山は冬支度に入っていました^^;
(もう少し早く見に来るべきでしたね^^;)

f0233414_21171054.jpg

見頃を過ぎてしまっているので、ピーク時の様子は想像するしかありませんが、
信州の紅葉スポット50に選ばれているだけあって、高瀬渓谷の紅葉は素晴らしいようです^^;

来年は、美しく紅葉した渓流沿いの風景を撮りに、
遅くとも10月下旬には訪れようと思います^^;
by azumino-macro | 2011-11-07 21:28 | 信州あれこれ
木曽谷に足を踏み入れるのは、これが初めてだったため、
車窓から眺める景色は、まだ一度も見たことがないもので、とても新鮮でした^^

f0233414_20555191.jpg

「おひさま」のロケ地として有名になった奈川村を過ぎ、
木曽福島から開田高原へと入っていくと、途中に、大きな滝が見えました。

f0233414_2118896.jpg

唐沢の滝

f0233414_21113747.jpg


f0233414_21215132.jpg

落下差が100Mある、かなり迫力のある滝でした。

f0233414_21263683.jpg

滝の周りは、紅葉が青空に映えて、とても綺麗です^^

f0233414_2131163.jpg

旧飛騨街道を進んでいくと、地蔵峠という見晴らしの良い峠から北の方角に
乗鞍岳(3,026m)を望むことができました^^

f0233414_21352461.jpg

3000m級の乗鞍岳でさえ、まだ白くなっていません。
今年は、どうやら暖かい日が多いようで、それで紅葉の色もイマイチなのかもしれませんね^^;

f0233414_2143766.jpg

開田高原の紅葉(黄葉)は、ヒノキ、カラマツ、など植林されている森が多いので、黄葉が主体です。

f0233414_21452940.jpg

そして、もうしばらく進むと、展望台があり、そこからは、今度は、御嶽山(3,067m)が見えました^^

f0233414_21501130.jpg

遠くから見たことはありましたが、こんなに近くで御嶽山を見たのは、初めてで、
その堂々たる迫力ある山容に、御嶽信仰を生んだ霊山の威厳が感じられ、圧倒されます^^;

f0233414_21585699.jpg

紅葉も開田高原全域が見頃になっていて、

f0233414_2201740.jpg

澄んだ青空に赤や黄色が綺麗に映えていました^^

f0233414_2265569.jpg

更に進んだ所にある九蔵峠からの眺め。
午後になっていたため、逆行で、御嶽山はシルエットになってしまい、残念!==;

f0233414_2282226.jpg

青空をバックに、カラマツ林の美しい黄葉^^

f0233414_2211762.jpg

初めて訪れた開田高原は、想像していた雰囲気とはちょっと違っていたのですが^^;
御嶽山の裾野にどこまでも広がるカラマツ林の黄葉が素晴らしく、
日本三霊山と称される御嶽山の威風堂々とした姿とマッチして、
いつまでも眺めていたい感動の景色でした^^

f0233414_2212084.jpg

信州の主だった紅葉の名所を訪ねてみたいと思い、
お天気と相談しながら楽しんできた紅葉と新蕎麦と温泉の信州紅葉巡りは、
もうそろそろ終わりを迎えようとしています^^;
(本当は、もっともっと行ってみたかった場所は沢山あるのですが、また来年ということで・・・^^;)

あまり綺麗でないと言われた今年の紅葉ですが、訪れてみると、感動の連続でした^^;
来年も、また、素晴らしい紅葉の風景を見せてもらいたいものですね^^

そうそう、開田高原で味わった今年初めてのとうじそばと温泉の話題は、また次の機会にでも^^

(先日訪れた奥裾花渓谷の紅葉の写真が、「撮るしん。」に掲載されました^^v
 投稿を始めて丁度一年、記念となる10作品目となりました^^)
by azumino-macro | 2011-11-02 22:37 | 信州あれこれ

信州の紅葉 奥裾花渓谷

小川村大洞高原から北アルプスの絶景を楽しんだ後、
鬼女とされる「紅葉伝説」が残る鬼無里を通り、
日本百景にもなっている奥裾花渓谷へ紅葉を見に行きました。

f0233414_21531174.jpg

信濃信州新線を鬼無里へ抜けていく途中で、真正面に特異な山容の戸隠山が現れました。

鬼無里とは、鬼女とされる「紅葉伝説」が残る歴史的に興味深い山村地域で、
この辺りは、戸隠山の岩戸伝説といい、現在でも、古代ロマンが色濃く残っている数少ない地域です。

f0233414_2214776.jpg

奥裾花渓谷は、犀川の支流でもある裾花川の上流にある渓谷で、入り口に奥裾花ダムがあり、
ダムにかかる奥裾花大橋を渡ると、その先は、

裾花川により、周辺の侵食に弱い泥岩や砂岩、凝灰岩からなる地質が侵食され、
特異な地形や奇岩などが形成された渓谷が続いています。

その渓谷に沿って道路が走り、ぐるりと一周できる一方通行の周遊コースが設けられています。

f0233414_22122014.jpg

紅葉は、見頃をちょっと過ぎた感じでしたが、まだまだ楽しめそうでした^^

f0233414_22161618.jpg

車で一周できるようになっていましたが、
美しい紅葉の景色を楽しみたかったので、少し歩くことにしました^^

f0233414_22213115.jpg

裾花川の対岸は断崖絶壁がそびえていて、地層が露出していて、
地質学的には、とても面白い地形をしているようです^^;

f0233414_22234371.jpg

奇岩、千畳岩。
横80m、高さ150mという珍しい一枚岩だそうです^^;

f0233414_22271924.jpg

ゆっくり歩きながら、美しく紅葉した渓谷美を楽しんだのは、いいのですが、

f0233414_22295164.jpg

高い所ばかり見上げていたので、少々、首が痛くなりました^^;

f0233414_22304236.jpg


f0233414_2234591.jpg


f0233414_22364330.jpg


f0233414_22374415.jpg


f0233414_22412788.jpg

裾花川が流れてくる方向に、日本百名山の高妻山(2,352m)が見えてきました。

f0233414_22441979.jpg

この先2kmほど進むと、水芭蕉の群生地として有名な奥裾花自然園がありますが、
奥裾花自然園内の紅葉は完全に終わっているとのことだったので、
引き返すことにしました。

f0233414_22465753.jpg

一方通行になっている復路の途中、振り返ると、
隠れた名山とされる堂津岳(1,926m)が迫って見えました。

f0233414_2322925.jpg

一周してまたダムにかかる橋に戻り、奥裾花渓谷の紅葉巡りは終わりです。

次は是非、奥裾花自然園の水芭蕉が咲く頃に訪れたいですね^^
by azumino-macro | 2011-10-30 23:08 | 信州あれこれ
今朝の最低気温は、2.7℃!@@;
起きた時、どーりで寒い筈ですね^^;

f0233414_20241729.jpg

朝方よく冷え込んだ日は、北アルプスがきれいに見える、というのはまさに本当にようですね^^;
くっきりとはいきませんでしたが、北アルプスの稜線がきれいに見えていました^^

f0233414_20271721.jpg

よく見ると、鹿島槍ヶ岳より北に延びる稜線が白くなっていました。
3,000m級の山の山頂付近は、森林限界を超えているため、ほとんど木がないので、
これは霧氷ではなく、雪が積もったということなのでしょう。

f0233414_20401054.jpg

今日は、先日通った北アルプスパノラマロードを通り、
小川村経由で鬼無里の奥裾花渓谷の紅葉を見に行ってみることにしました^^;

f0233414_20394045.jpg

先日も撮った同じ風景ですが、わずかですが山に雪がついていて、
また、前山の紅葉も進んでいるようで、ぐっと違った雰囲気になっていますね^^

雪で白くなった北アルプスを間近で見るのは、今年初めてなので、嬉しかったです^^
(白くなったと言っても、ほんの少しですが・・・・^^;)

f0233414_2173573.jpg

日本海に近い白馬三山は、さらに白くなっていました^^

f0233414_2192936.jpg

先日撮った写真に比べると、心持ち、被写体がしまって見えます^^;
やはり北アルプスには白い雪が似合うようです^^

f0233414_2114316.jpg

小川村にある大洞(おおどう)高原からの眺め。

f0233414_21451583.jpg

標高約1, 000mの大洞高原には、「星と緑のロマントピア」というレジャーエリアがあり、
60cm反射望遠鏡をもつ「小川天文台」と「プラネタリウム館」が建っていました。

f0233414_2117289.jpg

また、小川村には、雄大な北アルプスの山並みを村内各所で眺めることができるため、
その景観は、「信州の自然百選(景観選)」や「信州サンセットポイント百選」に選ばれているそうです^^

f0233414_21223062.jpg

あまりの素晴らしい風景に、圧倒されてしまいますね^^;

f0233414_21242913.jpg

もっと山が雪で覆われて白くなった頃に再訪したい北アルプスの展望台^^
何処までも真っ直ぐに続く北アルプスの稜線に沿って走っている北アルプスパノラマロード

f0233414_21401839.jpg

今日は、信濃信州新線を通って北アルプスの絶景を楽しみながら鬼無里へ抜け、
以前から一度行きたいと思っていたその先の奥裾花渓谷へと足を延ばしました^^

(鬼無里、奥裾花渓谷の紅葉は、明日UPします^^)
by azumino-macro | 2011-10-27 21:56 | 信州あれこれ
いつも車で走り慣れている道を外れて、
ちょっとした冒険心で車を走らせていて、
思いがけない景色に出会ったりすることがあります。

又は、当りをつけて、この道を走ったら、
こんな風景に出会えるのではないか、と思って運転していて、
その結果、予想を遥かに超えた素晴らしい風景に出会えることもあります。
(その反対のケースもありますが・・・^^;)

昨年は、県道12号丸子信州新線が正しくそれで、
密かに、「北アルプスパノラマロード」と名付けたのでした^^;

f0233414_2324386.jpg

数日良いお天気が続いた昨日、そろそろ崩れる兆しが見えたので、
北アルプスが綺麗に見えている内に、新しいマイビューポイントを探しに出掛けることにしました^^;

f0233414_23272456.jpg

安曇野から見える常念山脈の山々は、ボンヤリとしていたので、
澄んだ青空が覗いていた大町より北方面へ向かうことに^^

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳が、きれいに見えていました^^

f0233414_23332174.jpg

北葛岳と蓮華岳。
前山もどうやら紅葉が始まっているようで、まだ見頃ではありませんが、微かに色付いています。

f0233414_23413929.jpg

左から、北葛岳、蓮華岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。

f0233414_23444574.jpg

美しく紅葉する前山の向こうにそびえるは、鹿島槍ヶ岳と五竜岳。

f0233414_23493935.jpg

大町より以北の北アルプスは、安曇野から見る北アルプスとは違って、荒々しい印象を受けますね^^;

f0233414_23512592.jpg

今回出会った目も覚めるような北アルプスの絶景です^^
前山の紅葉がもっと見頃になると、もっと素晴らしい景色となることでしょうね^^

f0233414_0254693.jpg

晩秋の空は、どこまでも澄んでいて、遠く日本海へ続く北アルプスを遠望することが出来ます^^

f0233414_035536.jpg

思いがけず見つけた北アルプスパノラマロード^^v

もっと紅葉がきれいになった頃に、再訪することにいたしましょう^^
(山が雪で白くなっていたら、サイコー!なんですが・・・?^^;)
by azumino-macro | 2011-10-22 23:27 | 信州あれこれ
今朝は、すっきりとした青空に北アルプスが映えて、完全に撮影日和のお天気でした^^;

こんなにお天気の良い日には、カメラ片手に、素晴らしい景色に出会えることを期待して、
何処へともなく、フラフラと出掛けたくなりますね^^;

f0233414_2311537.jpg

先日見た乗鞍高原の紅葉が素晴らしかったので、
今度は、安曇野より北の方角の紅葉を見に行くことにしました^^;

f0233414_21163897.jpg

白馬岳に源を発する松川にかかる松川橋より見える白馬鑓ヶ岳、白馬岳。

10月初めに初冠雪した爺ヶ岳より北の北アルプスは、
このところの暖かさで、すっかり雪も解け、

今日は、雪で真っ白に覆われる前のゴツゴツした岩肌も顕わな姿でそびえ立ち、
来たるべき長い寒い冬の到来を待っているかのようでした。

f0233414_21285615.jpg

白馬周辺の山は、紅葉が始まったばかりのようで、写真撮影にはイマイチだったので、
今日は、白馬を通り過ぎ、まだ一度も足を踏み入れたことのない小谷村地区にある
雨飾山近くにある鎌池まで足を延ばしてみることにしました。

f0233414_21305539.jpg

標高1,190mに位置する鎌池周辺の山々のブナ林は、すでに紅葉していて、
美しい黄色を基調としたグラデュエーションに目を奪われます^^

f0233414_2137988.jpg

左手に見える山が、百名山にも選ばれている雨飾山です。
雨飾などというロマンチックな山の名とは別に、想像以上に、男性的な荒々しい山容の山でした^^;

f0233414_21382360.jpg

長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市との県境にそびえる標高1,963mの雨飾山。

f0233414_21401047.jpg

紅葉しているのではないか、という予測が見事に当たり^^v
辺りは、すっかり紅葉が見頃になっていました^^

f0233414_2148505.jpg

そして、これもいつか訪れたいとず~と思っていた鎌池。
何でも、池の形が、草を刈る鎌の形に似ていることから名づけられたそうで、
周りのブナの原生林が水鏡に映る様が美しいことで有名です。

f0233414_21455828.jpg

鎌池を一周できる40分ほどのトレッキングコースがあったので、歩いてみました。
その途中で、運よく、少しだけですが、水鏡を見ることができました^^v

f0233414_2217353.jpg

確かに、上と下を逆さまにしても見分けがつき難いかもしれませんね^^;

f0233414_22205589.jpg

水鏡自体、美しい自然現象ですが、
紅葉の時期は、特にその美しさが際立ちますね!^^

f0233414_22222793.jpg

今日は、ブナ林の美しい紅葉と、

f0233414_22365292.jpg

鎌池の水鏡に映った紅葉の美しい風景と、

f0233414_22234967.jpg

堂々とした荒々しい山容の雨飾山を見ることができて、素晴らしい一日でした^^

それにしても、雨飾山、いつか、登ってみたいですね^^;
by azumino-macro | 2011-10-20 22:41 | 信州あれこれ
先月乗鞍高原で滝巡りをしていた時に、転んで痛めた右膝ですが、
その後、野沢温泉などの湯治治療が功を奏したのか^^;
大分良くなり、最近やっと痛みなく歩けるようになりました^^

そこで、乗鞍高原にある三つの滝巡りの内、見ることが出来なかった「善五朗の滝」を見、
残った時間で、先回歩いていない一の瀬園地を歩くことにしました。

f0233414_2058082.jpg

すでに乗鞍高原全域で、紅葉が見頃となっていて、良いタイミングで再訪することが出来ました^^

f0233414_20595618.jpg

善五朗の滝を見るために、階段を何段も下りなくてはならないのですが、
今日は、難なく下りることが出来たので、完全復帰できた、と言えます^^v

f0233414_2162150.jpg

一か月遅れで、やっと見ることが出来た善五朗の滝ですが、
周りの草木が紅葉していて、却って趣があって、良かったかも?^^;

f0233414_2174331.jpg

その後、紅葉真っ盛りの一の瀬園地を歩きました。
青空でないのが残念ですが、乗鞍岳もすっきりと見えていました^^

f0233414_2112171.jpg

夏には、放牧地として使われているそうですが、
この時期は、園地の中は、自由に歩けるようになっていて、
開放的な広々とした牧草地の広がりがとても気持ちが良いです^^

園地を巡るように自転車専用道も整備されていて、サイクリングするには、最高のロケーションですね^^

f0233414_21143847.jpg

途中にあった、あざみ池。
少しだけ水鏡になっていました^^
(この池の周りには、カメラマンさんがいっぱい^^;皆さん、ベストショットを狙っていました^^;)

f0233414_21164656.jpg

しばらく行くと、一の瀬キャンプ場があります。

f0233414_21414384.jpg

白樺林の紅葉は、とてもロマンティックで、これはもう自然の織りなす素晴らしい芸術作品ですね!^^;

f0233414_21195562.jpg

水芭蕉群生地に至る放牧場から見た乗鞍岳
(青空だったら、最高なんですが・・・^^;)

f0233414_21225880.jpg

どじょう池付近から見た乗鞍岳

f0233414_21244341.jpg

カエデも真っ赤に紅葉していました^^

f0233414_2146249.jpg

そして、帰りは奈川経由で帰ることにし、
昔は有料道路だった上高地乗鞍スーパー林道の途中から見下ろした乗鞍高原

今日は、あの一面紅葉した樹林帯の中を数時間、歩いたのでした^^

f0233414_21291346.jpg

まるで、錦の絨毯ですね・・・・

ここからの景色は、ホント圧巻でした!^^;

f0233414_21335945.jpg

お天気は一日中曇りがちで、午後は乗鞍岳が見えなくなってしまったのですが、
紅葉は最高に綺麗でした!^^

里よりも一足先に、紅葉の景色を堪能することが出来て、今日は大満足です!^^v

(完全復帰できたので、またトレーニング頑張りま~す^^)
by azumino-macro | 2011-10-17 21:47 | 信州あれこれ
乗鞍高原で滝巡りをしていた時に転んで痛めた右膝の打撲の後遺症で、
右足が紫色に変色したまま、なかなか痛みが取れないので、
湯治治療を兼ねて、野沢温泉に行ってきました^^;

行く前に、野沢温泉についていろいろ調べていたら、温泉とスキー場以外にも、
「日本の夕陽百選」に選ばれているサンセット・ポイントがあると紹介されていたので、
どんな素晴らしい夕陽なのか、期待して見に行ってみることにしました^^

f0233414_2051325.jpg

地図には載っていないそのサンセット・ポイントは、野沢温泉スキー場のゲレンデへ登っていく
道の途中にありました。

f0233414_1192390.jpg

どうやら、日没には間に合ったようです。
雲が多く妙高山にかかっていましたが、夕陽は拝めそうです^^;

f0233414_11182985.jpg

正面に、妙高山、黒姫山、高妻山、と北信三山が見渡せ、
遠くに夕陽に輝きながら蛇行して流れている千曲川と、野沢温泉の街並みを見下ろすことのできる展望台。
(「千曲川」は、日本で一番長い川「信濃川」の長野県側の呼称です)
そして、遥か遠くには、北アルプスも遠望できる素晴らしいロケーションです^^

f0233414_21174983.jpg

見ると、雲の間から覗いている妙高山の山頂に、白く輝くものがついていました。
どうやら、朝の寒さ(穂高5.6℃、野沢温泉6.9℃)で初冠雪となったようです@@;
(この日、全国的に初冠雪した山が多かったようで、ニュースにもなっていましたね^^;)

f0233414_21182353.jpg

遠くにシルエットのみ確認できる北アルプスも、きっと初冠雪したことでしょう^^;
(少し雲がついていますが、槍ヶ岳の矛先が確認できますね^^)

f0233414_11315719.jpg

さすが、日本の夕陽百選に選ばられるだけあって、素晴らしい夕陽です^^
(写真でその素晴らしさをお伝えできないのが、残念です^^;)

f0233414_6374945.jpg

この日は、カメラのシャッターを押す指も悴むほど空気は冷え切っていて、
秋を通り越して、冬の寒さに匹敵するほど寒気が下りたようで、

スキーシーズンの準備が始まっている野沢温泉のスキー場のゲレンデから眺める夕陽は、
澄んだ空をオレンジ色に染めながらゆっくりと沈んでいきました。
寒さに震えながらも、日没まで、百選に選ばれたサンセット風景を楽しんだのでした^^

今日の穂高の最低気温は、2.6℃だったそうで@@; 温かい温泉の話題は、明日にでも!^^;

(3日の夕方のNHK「イブニング信州」の中の「撮るしん。」コーナーで、
 「朝霧と北アルプスと安曇野と」の写真が紹介されたそうで、
 生憎とその時間帯は、この夕陽を眺めていた頃なので、TVを見ることができませんでした^^;
 このコーナーでマイフォトを紹介して頂くのは、通算3回目となりますが、
 そう滅多にあることではないので、後で知り、ガックリです^^;)
by azumino-macro | 2011-10-04 21:49 | 信州あれこれ