安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

カテゴリ:ネイチャー( 1 )

ここ安曇野に移住してからというもの、
春になるとどこからともなく現れる美しい蝶に魅せられて、
カメラ片手に、その姿を追うことが多くなりました。

f0233414_21284035.jpg

この日は、国営アルプスあづみの公園に撮影に行きました。
写っているのは、ウスバシロチョウ。
氷河期の生き残り、とも言われている蝶で、絶滅危惧種に指定している県もあります。

f0233414_21264318.jpg

環境省のレッドデータブックに準絶命危惧種として記載されているヒョウモンチョウ

f0233414_2127415.jpg

内側の羽は、この通り。
本当に、見事な、豹の模様ですね^^

f0233414_21192541.jpg

そして、この季節、一番のお目当ては、
同じく環境省のレッドデータブックの絶滅危惧種Ⅰ種に指定されているオオルリシジミ。

オオルリシジミがとまっている植物は、クララといい、オオルリシジミにとっては、なくてはならない食草です。

f0233414_21231746.jpg

国営アルプスあづみの公園では、このクララを育成し、
オオルリシジミの生育環境を整えて、保護しています。

f0233414_21241459.jpg

内側の羽は、この通りの美しい瑠璃色。
本当に、美しいですね^^

このオオルリシジミが生息できる環境を、未来に引き継げるよう、
地球環境に対する私達人間の配慮が、とても大切だと痛感します。

(このオオルリシジミの写真は、「撮るしん。」に掲載されました。)
by azumino-macro | 2014-05-31 21:49 | ネイチャー