安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


辰野町にほたる狩りを愉しめる場所があると聞いたので、ほたる祭りは終わっていましたが、
行ってみることにしました。

安曇野市、松本市、塩尻市と抜け、辰野町まで約1時間半。
辰野町は、南北に連なる山に挟まれた農村ののどかな風景が続く丘陵地にあります。

f0233414_8385110.jpg

目的の場所は、その名も、ほたる童謡公園といい、
ゲンジボタルが乱舞する6月下旬にほたる祭りも開催され、町をあげてホタルの保護活動を行っています。

f0233414_8402017.jpg

こういう所にホタルって生息しているんですね^^
辺りが真っ暗になるまで待ちます。

風が強く吹いていたり、雨が降ったりすると、ホタルの数が減少するそうで、
その日は、急な夕立があったので、果たして光ってくれるかどうかちょっと心配ですーー;

f0233414_8463868.jpg

夏至直後ということもあって、辺りが真っ暗になるのは、午後8時過ぎ。
その頃になると、あっという間に人人人で公園内は、お花見の時のような賑わいです^^;
よ~く目を凝らして見て下さいね!^^ (ゴミが写っているのではありませんよ~^^;)

f0233414_8465235.jpg

光り出しました!
一匹光り出したかと思ったら、次々と光り出し、あっという間に乱舞し始めました!
公園内では、「あっ!光った!」とあちこちで人々の歓声が!

f0233414_8475979.jpg

公園内は、フラッシュを使っての撮影は禁止されているので、
わずかなホタルの放つ光を頼りにシャッターを押すしかありません。
なので、写っているんだか、いないんだか、よくわからないまま撮影することに・・・・^^;
(なにせ、辺りは、ほとんど真っ暗な状態で、液晶画面を確認することが出来ないんですよね・・・^^;)

f0233414_11225330.jpg

その場で目で見るホタルの光は、ハッキリとしているのですが、
カメラが捉えようとすると、急に光るのを止めてしまい、
何十枚と撮ったはずなのに、まともに写っていたのは、ほんの数枚という有様^^;

f0233414_8492711.jpg

渾身の一枚!
(これだけ撮るのに、どのくらい時間を費やしたかわかりません・・・^^;)

しばしホタルの小さな光の乱舞を愉しんでいると、
「俺の小さい頃は、こんな風景はザラにあった。そんな珍しいことじゃなかったのになぁー」
と隣で呟く中年の男性の声が何故かとても印象的でした。

昔は当たり前だったホタルが飛び交う自然を、今では、厳重な保護下でしか維持できないという現実。
このような時代に、この小さなホタルの灯火を絶やさないようにと、
公園への入場の際、ほたる保護基金として300円が徴収され、ホタルの保護活動に当てられています。

この日の、ホタルの発生数は、5000匹!
ピーク時(先週)は、1万匹を超えていたそうで、その時は本当に見事な光景だったことでしょうね。

来年も、再来年も、こうしてみんなで絶滅の危機に瀕しているホタルを楽しめるように、
この自然環境を守り続けて欲しいというのは、きっと私だけではなく、みんなの願いであり、
また私達、ひとりひとりが考えなければいけない問題なのだと思いました。
by azumino-macro | 2010-06-30 23:54 | 信州あれこれ

感動をありがとう!

Wカップ、パラグアイ戦、残念ですね!
PKで負けたのは、本当に悔しいですが、
ゲームの内容では、負けていませんでした!
あと一歩だったことを思うと、涙が出てきますが、
日本チームのあっぱれな戦いぶりは本当に素晴らしかった!
負けたけれど、ありがとう!と言いたいです。
感動をありがとう!!
by azumino-macro | 2010-06-30 01:57 | 日々のあれこれ

今夜は・・・


今夜は、Wカップの決勝Tですね^^

関係ありませんが、急に稲荷寿司が食べたくなったので、今夜は稲荷寿司にしました^^
先日のベーシッククラスで作った玄米稲荷寿司ですが、
娘がレーズン嫌いなので、揚げの甘みはレーズンを使わずりんごジュースを使いました。
(りんごジュースを使うと、甘みが強く仕上がります)

ご飯の中に、娘の大好きな炒ったクルミを入れました。

f0233414_0315117.jpg

油で揚げた車麩をお肉の代わりに入れたすきやき煮

f0233414_0231071.jpg

白和え

f0233414_0342785.jpg

おかひじきと切麩のお吸い物

f0233414_0355298.jpg

今夜は、娘の好物ばかり^^;

今日から期末テストが始まったので、頑張って欲しいという気持ちから、
今夜は、娘の好きなおかずばかりになってしまいました^^;

f0233414_11771.jpg

でも、お昼のお弁当は、お塩をふった玄米おにぎりだけでいいそうで(!)、その方が頭がスッキリするそうです^^;
(テストの結果は、また別の話ですが・・・・^^;)

やはり、玄米には、秘められたパワーがあるのかもしれませんね?^^
(観たいWカップも我慢して試験勉強している娘も頑張っていますが、Wカップ、延長戦となりました!
 スゴイです!! これは死闘ですね! 最後まで応援します!!頑張れ、ニッポン!!!)
by azumino-macro | 2010-06-30 01:00 | Macrobiotic

桑の実


久しぶりに野菜直売所を覗いたら、「桑の実」を売っていました!^^

f0233414_21433787.jpg

桑の実は、どどめ、マルベリー(Mulberry)とも呼ばれ、
昔、養蚕が盛んだった時代の農村地では、子供達のおやつとしてよく食べられていたようですが、
その後、養蚕の衰退と共に、桑畑は放置され、桑の実もあまり食べられなくなりました。

高い抗酸化作用で知られるアントシアニンなどのポリフェノールを多く含有しているそうで、
健康食として、最近、また注目を浴びているようです。


f0233414_2150146.jpg


りんごジュースで煮て、ジャムにしてみました。
幼い頃に桑の実を食べたことがある訳ではないのに、甘酸っぱくて、何だかとても懐かしい味です^^


f0233414_21514754.jpg


散歩をしていたら、畑でこんな野菜を見つけました。
何だと思いますか?

最初、かぼちゃ?セロリ?なんて思ってしまいましたが、
よくよく見るとズッキーニのような形をしたものが付け根のあたりに!
ズッキーニって、つる性でキュウリのようにぶら下がって生るのかと思っていました^^;
最近スーパーの野菜売り場でよく見かけるズッキーニですが、
こんな風に、大きくなっていくんですね。(シラナカッター^^;)

知らないことって、世の中にまだまだ沢山ありそうですね・・・・^^;


f0233414_2219559.jpg


今日は、日中雲が多く、北アルプスは見えませんでしたが、
夕方になって雲が上がって、キレイな夕焼け空になりました。

明日は雨のようで、梅雨空はまだまだ続きます^^;
by azumino-macro | 2010-06-28 22:21 | スローフード

晴れ女、来る!


先週のことですが、母が、久しぶりに安曇野の我が家にやって来ました。
実は、母は、強力な、晴れ女!なんです^^;

今まで母と一緒に行った旅行では、ほとんどいつも良いお天気で、雨でガッカリした記憶がありません。
しかも途中で、母と合流するような場合などは、それまでお天気が悪くて土砂降りの雨が降っていても、
母と落ち合ったとたんに晴れてくる、というようなことが今までに何度もあり、
今では孫娘にまで、「おばあちゃんは晴れ女だから、今度一緒に行く旅行は、きっといいお天気だね」と言われるほど^^;

その晴れ女おばあちゃんが、安曇野へやってきたという訳ですから、
近くに山があることさえ忘れてしまうほどの曇天続きの安曇野だって、もちろんこの通り!


f0233414_23294158.jpg


先週の安曇野のお天気は、雨マークが続いていたんですよね・・・^^;
しかも、お天気が良くなりだしたのは、おばあちゃんが安曇野に到着してからだし・・・?^^;
(恐るべし、晴れ女おばあちゃん!)

おばあちゃんの威力のおかげで(?)、しばらく北アルプスの姿を見ることができず寂しかったのですが、
久しぶりにこの日はタップリと美しい景色を堪能しました^^

ありがとう!おばあちゃん^^


f0233414_23371615.jpg


こんな気持ちの良い日には、池田町の山の中腹にある隠れ家的な存在のレストラン「あ・うん」のテラス席から
素晴らしい風景を見ながらのお食事が最高でしょう!


f0233414_23374438.jpg

お料理はマクロビオティックではないので(キュイジーヌ・フランコ・ジャポネ?だそうです^^;)、
食べられるものだけチョイスするしかありませんが、このレストランからの素晴らしい眺望は、最高のご馳走です^^


f0233414_23383141.jpg


今週のお天気も何だかスッキリしない日が多いようで(梅雨だから仕方ないですが^^;)、
晴れ女、おばあちゃんが帰ってしまった今は、ただひたすらに梅雨明けを待つのみ・・・です^^
by azumino-macro | 2010-06-27 23:16 | 安曇野あれこれ

ベーシッククラス2日目は、昨日の1日目の基本のお料理を発展させた
おもてなしにも応用できるちょっとご馳走のレシピです^^

f0233414_13382532.jpg

玄米いなり寿司(玄米は土鍋で炊き、揚げはレーズンを使って甘みをつけています)

f0233414_1316468.jpg

豆腐ステーキ きのこと野菜のあんかけ

f0233414_1317293.jpg

煮しめ (お醤油のみの味付けですが、野菜のうまみでほんのり甘いです^^)

f0233414_13175449.jpg

大豆タンパクの唐揚げ(見た目も食感も、鳥の唐揚げ!です)

f0233414_13185475.jpg

蕎麦の実と松の実のロールキャベツ

f0233414_13193579.jpg

レンコンボール(これを知っていると、いろいろなお料理に応用できます^^)

f0233414_13392487.jpg

にんじんとレーズンの蒸しパウンドケーキ
(いつもなら焼くケーキも、蒸して作ることで消化しやすくなり、身体に負担が少なくなります)

f0233414_13394948.jpg

甘酒プリン ブルーベリーソースかけ
(季節の果物でソースを作ってかけると、四季折々のデザートに^^)

今回は、レシピや手順など細部のことを確認する目的で受講しましたが、
新しい発見や沢山のヒントを得ることが出来て、とても勉強になりました。

また、他の受講生の方々と楽しいマクロビオティック談義に花を咲かせることが出来、
とても有意義で実り多い2日間でした。

地和子先生、素晴らしい講習会をありがとうございました。
アシスタントのくーちゃん、お疲れ様でした^^

今回学んだことを今後活かせるよう頑張りたいと思います^^
by azumino-macro | 2010-06-26 23:14 | Macrobiotic

今日は、地和子マクロビオティッククッキングスクールにて行われた、ベーシッククラスを受講しました。

このベーシッククラスは、定員6人という少人数制で、
初心者にはちょっと難しいように思えるマクロビオティックの理論を理解し、また実践できるように
基本的な考え方と代表的なレシピを2日間で学ぶことができる入門的なクラスです。

まだマクロビオティックを始めたばかりの頃、
KIIXを受講する前に、初めてマクロビオティックのお料理講習会に参加したのが、
この地和子先生のベーシッククラスでした。

初めて本格的に習ったマクロビオティックのお料理はおいしくてやさしい味で、
しかも作り方が、本当に簡単!
誰でも無理なく、毎日の食事作りに活かせる基本中の基本のレシピを教えていただくことができます^^

3年前に受けた時に見落とした調理のポイントを再確認するために、
今回は、おさらいのつもりで再受講することにしたのでした。

f0233414_23432018.jpg

まずは、マクロビオティックの陰陽についての分かり易い説明や、基本的な考え方を学びます。
そして、地和子先生によるデモストレーションを見ながら、受講者も実際に調理し、
直接、作り方を学びます。

今日作ったお料理は全てマクロビオティックの基本中の基本、食養にもなる定番レシピです。

f0233414_2346434.jpg

          まずは、玄米の炊き方から(圧力鍋の場合)
          今日は、黒米を少し入れて炊いてみました。

f0233414_23464137.jpg

          タマネギ、キャベツ、カボチャ、ニンジンを鍋の下から順に入れ、
          静かに水を注ぎ、火にかけ、とろ火でじっくりと煮出します。
          (カボチャのない季節は、かぶで作ります)

f0233414_23465910.jpg

          その野菜の煮汁を漉したものが、甘い野菜のスープです。
          このスープは、疲れた膵臓をいたわる滋味に溢れていて、
          低血糖症や膵臓の病気に特に効果があるとされています。

f0233414_23472940.jpg

          そして、マクロビオティックの基本、ゴマ塩。
          ゴマの油を出さないように、力を入れずに、サラッと仕上がるように擂ります。

f0233414_23475480.jpg

          ひじきれんこん。

f0233414_23481860.jpg

          切り干し大根。

f0233414_23484286.jpg

          きんぴらごぼう。

f0233414_23485999.jpg

          あずきかぼちゃ。

f0233414_23492797.jpg

          葛餅。黒蜜風くるみソースかけ。

f0233414_23494535.jpg

          レンズ豆とリンゴのコンポート。

f0233414_2351143.jpg

          お味噌汁

f0233414_23502625.jpg

          お皿に盛ると、こんな素敵なワンプレートが!

          一度受講したことがあるとはいえ、忘れている部分も多いので、
          今回復習ができて本当によかったです。

          2日目の明日は、どんなお料理になるでしょうか。
          お楽しみに^^
by azumino-macro | 2010-06-25 22:02 | Macrobiotic

ウォ~~!!

本田!遠藤!!やってくれましたねぇ~~!!
3:20くらいに起きて、眠い目をこすりながらプレイを観ていました^^;
睡魔でボンヤリしていた頭が一気に目覚めましたよ~~!!
(大声で騒いで、ご近所迷惑でしたねぇ^^;)
これで失点しなければ、決勝T!
想いは必ず形になって現れる!
ニッポン、必勝!
ガンバレ~~!!
by azumino-macro | 2010-06-25 04:15 | 日々のあれこれ

必勝!

明朝3:30キックオフ!
日本サッカーの新しい時代の幕開けとなるでしょうか!?
早朝観戦なんのその、応援も気合いを入れて、頑張りましょう!

マクロビオティックでは、想い(イメージ)は具象化するそうですから、
「勝つ」というイメージを持って、応援あるのみ!(デスネ!^^)
by azumino-macro | 2010-06-24 21:46 | 日々のあれこれ

おめでとう


1週間の七号食明けの今朝の食事は、これにしました。

「おめでとう」

f0233414_22354182.jpg

マクロビオティックの創始者、桜沢如一先生が、病気の回復を祝って、
病み上がりの身体にやさしい炒り玄米あずき粥を「おめでとう」と名付けられました。
(病み上がりではないですが、一応身体にやさしい食事をとりたいと思ったもので・・・^^;)

f0233414_2233179.jpg

そして、1週間、緑の野菜を一口も口にしなかったので、一番に食べたかった大根葉炒め。

f0233414_22371779.jpg

いただきます。
こんな豪華でもなんでもないフツーのご飯ですが、おいしいです^^ 
(自分で言うのもナンデスガ・・・1週間、玄米とゴマ塩しか味わっていなかったもので・・・^^;)

いろいろな味があるってすばらしいですね!
ひとくち、ひとくち、ゆっくりと噛み締めて食べると、久しぶりに眠っていた感覚が呼び覚まされていくようです。
人間って、自分で自覚している以上に味覚に支配されているんだなぁーと感じます。

そうそう、七号食の小さな変化を忘れないうちに書いておきますと、
まず、体重が1週間で2kg減りました!^^;

これは、ある程度予測していたことですが、玄米をモリモリと食べていた娘は、たった1kg減だったそうで、
私の場合は、4日目頃から、そろそろ玄米とゴマ塩の味に飽きてきて、食欲が極端に減ったのが原因だと思います。
(なので、直接、七号食の効果、というには当たらないかもしれません・・・^^;)

それから、眉間の辺りがスッキリして、顔の肌がスベスベに。
(肌には、すぐに効果が出やすいのかもしれませんね。)
また、白目の濁りが無くなってきたこと。
(白目の濁りは、内臓の特に肝臓にいろいろ溜まってきている証拠だそうなので、
少し肝臓が綺麗になったのかもしれません^^)

娘の変化としては、体重減より顕著だったのは、顔のニキビがよくなったこと。
始める前は、ニキビでかなり肌が荒れていたのですが、1週間後には、ニキビは目立たなくなり、
肌もとてもきれいになりました^^ (もちろん、本人は喜んでいました^^)

それから二人に共通して現れた現象ですが、
4日目頃から、玄米がそのまま消化されずに排泄されるようになり(汚い話でゴメンナサイ!)
これは、きっと噛む回数が少なくて、玄米が消化されていないからだと思い、
ひとくち百回以上噛むようにしたところ、この現象はなくなりました。
(よく噛んで食べていたつもりだったのですが、身体が足りないと言っているかのようでした)

噛むって、本当に消化に大切なんだなぁーと実感。

その他に実感したことは、ご飯の支度をしなくてよいので、チョー楽だったのですが、
それも最初のうちだけで、段々とお料理したい気持ちがウズウズしてきて、
でも、作っても食べられないので、我慢しましたが・・・^^;
お料理しないで簡単に済ませることは、ラクチンのようですが、反面、生活がとても単調になってしまい、
食事というものが生活全般に与える影響がいかに大きいかを思い知りました。

こう書き上げてみると、肉体的変化は乏しかったのですが、七号食によって再発見できたものは多く、
マクロビオティックをキチンとやっているつもりでも、気付かずにその真の道から外れてしまった時には、
七号食をやることで、マクロビオティックの基本に立ち返ることができるのではないかと思います。

これからも少しでも健康の七大条件の点数のUPを目指して、
娘も私も、いつかまた、七号食に挑戦したいと思っています^^;
(今度はもう少し長く?10日が目標とか!?)
by azumino-macro | 2010-06-23 23:36 | Macrobiotic