安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧


北アルプスは、地理的に言うと、飛騨山脈ですが、
山の連なりをひとまとめに小さく区切って、立山連峰、後立山連峰、常念山脈などと、呼ぶことがあります。

昨日は、そんな呼称のひとつ、槍穂高連峰の撮影に初めて成功しました!^^
(槍穂高連峰は、安曇野からは見えないので、
 北アルプスの中でもなかなか撮影するチャンスがありません^^;)

f0233414_2231392.jpg

松本から霧が峰に抜けるビーナスラインから見た槍穂高連峰です。
(槍穂高連峰とは、槍ヶ岳と奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳などの峰々の総称です)

f0233414_22384479.jpg

こちらは、八ヶ岳連峰。

秋を思わせる澄んだ青空に映える山脈の連なりを見ていると、時が経つのを忘れてしまいそうです^^
(とはいえ、あっという間に雲が出てきて、山を覆ってしまったので、
 ウカウカしていると、せっかくのシャッターチャンスが台無しになりそうでしたが・・・^^;)

f0233414_22464261.jpg

次から次へと湧き上がる雲。
昨日は、時間との戦いでした^^;
(でも、この槍ヶ岳の矛先を見ることが出来ただけでも、良しとしましょう!^^)

f0233414_22513787.jpg

空と雲と山が織り成す雄大な風景!
雲もこうして見ると、なかなかの被写体と言えるかもしれませんね!^^;
by azumino-macro | 2010-08-31 23:07 | 信州あれこれ

安曇野、快晴!


今朝、目覚めると、いつもより爽やかな朝でした^^
これはもしや!とカーテンを開けると、久しぶりの快晴!

f0233414_21192016.jpg

青空に、うっすらと白くお月さまも浮かび、
こんなにスッキリと北アルプスが見えるのは、入梅以来?

f0233414_2124126.jpg

先手必勝!早くしないと、雲が出てきて、山がまた見えなくなってしまう!と思い、
カメラを持って、お気に入りの撮影ポイントへ^^

f0233414_21245164.jpg

しかしながら、時、すでに遅し!ーー;(雲の方が一足早かった!)

f0233414_21251271.jpg

夏山の撮影は、早朝と相場が決まっていましたね・・・。
もっと早くに起きて、行動すべきでした!^^;
(8時頃までは、雲ひとつなかったのですが・・・・^^;)

気温がグングンと上昇し、雲もあっという間に現れます。

f0233414_21254936.jpg

でも、これだけ見えるだけでも、今日は、十分です^^
これから秋が深まるにつれ、山並みが綺麗に見える日が、少しずつ多くなっていくことでしょう^^
それまで、もう少しの辛抱ですね^^;

f0233414_22152846.jpg

北アルプスがスッキリと見える日は、何だか、心が晴れ晴れするから不思議です^^

f0233414_21283992.jpg

今日も安曇野は、昨日と同じ、最高気温34.5℃!
日中は、朝の爽やかさが嘘のような厳しい直射日光が容赦なく降り注ぎます^^;

f0233414_21261894.jpg

明日で、8月も終わり。
残暑が続く中、毎日暑さでヘロヘロになっていましたが、
今日は素敵なプレゼントをもらったような気分^^
by azumino-macro | 2010-08-30 22:20 | 安曇野あれこれ

秋空


昨日は、日中の最高気温35.5℃、今日は、34.5℃と
相変わらず、暑い日が続いている安曇野ですが、
(この暑さ、いつまで続くのでしょうかねぇ・・・!?^^;)
さすがに、朝晩は涼しくなってきました!^^

f0233414_2235947.jpg


空にも、すじ雲(巻雲)が現れて、典型的な秋雲が見られるようになりましたが、
朝晩と日中との温度差が大きいので、却って体はバテ気味!@@;
(午前10時頃から、急激に温度が上昇していくんですよね・・・^^;)


f0233414_22263375.jpg


今日は、娘のリクエストに答えて、抹茶のアイスクリームを作ってみました^^
(材料は、玄米粥、甘酒、豆乳、ココナッツミルク、抹茶です)

まだまだ体は、冷たい物(陰性なもの)を欲しているようです。
(たくさん作ったのに、全部食べてしまいました@@;)


f0233414_22101550.jpg


空が高く、空気が澄んでいたので、久しぶりにきれいな夕空です^^
夏雲の入道雲も健在ですが、秋雲もその勢力を着実に広げてきているようです。
(夏と秋が混在した不思議な空模様ですね^^)


f0233414_22171397.jpg


若干、雲が多目ですが、久しぶりに夕焼け空をバックに、雄大な北アルプスのシルエットが浮かび
そのあまりに美しい風景に、時を忘れて見入ってしまいました^^;
(夕食作らなくてはならないんですが・・・・、ついつい^^;)


f0233414_22154941.jpg


夕焼けにも、秋の気配。
赤とんぼの歌を口ずさみたくなるような茜色の空でした^^
by azumino-macro | 2010-08-29 22:46 | 安曇野あれこれ

ヒカリゴケ


学生だった時に、武田泰淳の短編小説「ひかりごけ」を読んで、小説の内容もさることながら、
自ら光っているように見えるという非常に珍しいヒカリゴケそのものに、興味を覚えた記憶があります。

ヒカリゴケとは、どんな風に光って見えるのでしょうか?
その後、そのことはず~と疑問のまま、今に至るのですが、

岡谷市でヒカリゴケを見られる場所がある、とニュースで聞いた時には、
これは、千載一隅のチャンス!これを逃がしたら、ヒカリゴケを見る機会はない!と思い、
ちょっと遠いですが、とにかく地図を頼りに、行ってみることに^^;

f0233414_21121941.jpg

ニュースでは、「唐櫃石古墳」の岩でできた石室内に4年前に発見され、その後少しずつ増えて、
今年は、かなりの範囲で生育しているのが見られる、というのですが、

ヒカリゴケのことは、あまり知られていないらしく、僅かな手がかりを頼りに岡谷市内をウロウロしていたら、
やっとのことで、「ヒカリゴケ、ここより5分」の標識を見つけました!

矢印の方向に歩いていくと、突然、道は行き止まりに!?^^;
よくよく見ると、唯一、裏山の崖と民家との間に、獣道のようなわずかに雑草が人に踏まれた跡があり、
数分前に老夫婦がその細い路地に入って行くのを見かけたので、とりあえず行ってみることに^^;
恐る恐るその30cm幅ほどの小路を辿っていくと、
(お二人の姿を見かけなかったら、それが道だとは絶対に気がつかなかったことでしょう!^^;)

f0233414_21111961.jpg

200mほどで、広々とした場所に出ました。
そして、そこには古墳らしきものが!

f0233414_21125468.jpg

これでしょうか?
ヒカリゴケを守るためなのか、人が入れないように入り口をガッチリと鉄柵で固めています。

果たして、目的のヒカリゴケは、この暗い古墳の石室の中に生えているということなんですが・・・・?

f0233414_21565917.jpg

これですね!
確かに、穴の奥で、苔らしきものが光っています!^^ 
(イエ、正確には、光っているように見えるのですが・・^^;)

f0233414_21591653.jpg

蛍光色の緑と言ったらよいのか、不思議な色です。

f0233414_22111358.jpg

ここには、こんなりっぱな解説板が立っているのに、
ここまで来るのに必要な標識が全くありませんでした!ーー;

先に歩いていかれたご夫婦も、入り口をなかなか見つけられず、非常に迷われたそうです^^;

f0233414_21593966.jpg

見れば見るほど、不思議な植物ですね。
ヒカリゴケの花言葉は・・・・あるんでしょうか!?
ちなみに、苔の花言葉は、母性愛・信頼・孤独・物思い だそうですが・・・?^^;

f0233414_22144038.jpg

ヘェ~~、そうなんですねぇ。(ちょっと読みにくいですね^^;スミマセン)
光を反射して光っているように見えるということは、真っ暗なところでは、光らない、ということなんですね。

そして、夏でも涼しい環境でないと、生育しないそうで、石室の中は、一年を通して、
ある一定の温度に保たれているのかもしれません。

f0233414_22184692.jpg

ご夫婦のお話では、山で時々、岩に生えているのを見たことがあるそうですが、
こんなに広範囲に生えているヒカリゴケを見たことはない、ということでした。

お二人も、ヒカリゴケのニュースをラジオで聞いて、遠くから見に来たそうで、
絶滅危惧Ⅰ種のヒカリゴケをこんなに沢山見られて、とても幸運だと話されていました^^

それもそうなのですが、幸運と言えば、いろいろ迷った挙句に、
やっとのことでヒカリゴケに辿り着けた事も、とても幸運だったような気がしている私です^^;
(せめて、入り口に標識あるとよいのですが・・・^^;
 それとも、ヒカリゴケは環境に非常に敏感なので、保護のため、
 多くの見物人が来ないようにと、入り口に標識立てていないんでしょうかねぇー?)
by azumino-macro | 2010-08-28 22:32 | 信州あれこれ

蓮の花


安曇野市のお隣、池田町で休耕田を利用して作られた蓮田で、
蓮の花がきれいに咲いていると聞いたので、見に行ってきました^^

f0233414_021587.jpg

花は半分ほどは咲き終わっていましたが、まだまだ十分愉しめます^^

f0233414_024959.jpg

以前住んでいた所は、近くに蓮田が沢山あったので、
夏の早い時間帯に咲く蓮の花をよく見に行ったものでした。

蓮の花が咲く時は、一気に花開くのでポンという音がするという話ですが、
実際には聞いたことはありません^^;(一度聞いてみたいですねー^^)

f0233414_031267.jpg

花には、白い花と、

f0233414_032863.jpg

ピンクの花があるんですね^^
花言葉は、「雄弁」だそうですが、ナンデ???という感じです^^;

f0233414_041461.jpg

中には、蓮の実が入ってます。
和菓子に使われたり、マクロビオティックのお菓子にも時々使われる高級食材でもあります。

f0233414_03509.jpg

レンコンの形に似ていますね^^
でも、レンコンは地下茎(蓮根)ですから、これがレンコンになる訳ではないのですが、
似ているところが面白いですね^^;

蓮の花が終わると、秋から冬にかけて、おいしい蓮根(レンコン)が出回り始めますね^^
我が家の食卓に載る事が多いレンコン。

キレイな蓮の花を見て、レンコンを連想するとは、食いしん坊の証拠かもしれません^^;
by azumino-macro | 2010-08-27 23:59

数日前のブログでもご紹介しましたが、三郷のそば畑のそばの花も見ごろになっていたので、
5月に訪れた時に、一面菜の花でとても美しかった中山高原のそば畑の様子が気になり、
早速、見に行くことにしました^^
(中山高原の菜の花畑の様子は、5月21日にUPした写真をご覧下さいね^^)

大町より中山高原へ登っていく車道沿いには、
先日清水高原で見たススキよりも多くのススキが風に揺れていました。
中山高原は、すっかり秋の気配です。

f0233414_18141923.jpg

入り口の駐車場に車を停めようと入っていくと、いつもならガラガラの駐車場が、
今日は、沢山の車がすでに止まっていて、この状態。

f0233414_2254055.jpg

エ?何?工事?いや、違う、これは、もしかして・・・!?とよく見ると、

f0233414_2273461.jpg

おひさま」の撮影でした!
来年の4月から始まる朝の連ドラ「おひさま」のことは、数日前のブログにもちょっと書きましたが、
もうすでに撮影が始まっていたんですね!

f0233414_22434571.jpg

やっています。やっています。
公開されているストーリーを読んだ時、
ドラマの初めに、一面のそば畑で主人公と母親が約束をするシーンがあるそうなのですが、
どこのそば畑を撮影に使うのかなー?とは思っていたのですが、
中山高原のそば畑だったんですね!@@;(厳密に言うと、安曇野ではありませんね^^;)

お話の最初の方の舞台は、昭和初期という設定だそうで、
確かに、安曇野だと、現代的な建造物がバックに入りすぎるきらいがあるのでしょう^^;
(中山高原なら、バックは全然気にせず、撮影できます。しかも、見物人も少ないし・・・^^;)

f0233414_2235334.jpg

この暑いのに、舞台は昭和初期ということで、真央さんは、どうやら着物姿のようですね@@;

「カ~ット!」とか「次、本番!」という掛け声が響く中、
出演者やスタッフは猛暑にもめげず、撮影に集中していましたが、
見物する方は、この炎天下での見物に耐えられず、早々に退散することに^^;
(ドラマ撮影の邪魔にならないようにと、遠くからの写真撮影のみに留めました^^;
 なので、どういう場面を撮影していたのかは、定かではありませんが、
 公開されているストーリーを読んで想像するに、このシーンの真央さんは、
 主人公の母親を演じているのではないか、と思います。
 そして真央さんの相手役の少女が、幼い時の主人公を演じていて、
 その後成人した主人公をまた真央さんが演じるという、謂わば二役なのではないか、と思うのですが・・・?)

f0233414_22361184.jpg

そんなこんなで、今日のそば畑の写真撮影は、最初の予定通りとは行きませんでした^^;

今日のところは、撮れる範囲で撮ることにして、一番良いショットが撮れる奥の方からの撮影は、
後日ドラマの撮影が終わってから、静かになったそば畑で、ゆっくりと撮影することにいたしましょう^^

f0233414_22363746.jpg

それにしても、あの炎天下で、しかも照明まで当たっていて、メイク崩れなんてしないんでしょうかねぇー?
(見ている方は汗ダクで、あのまま長時間炎天下で見ていたら、熱中症で倒れていたと思います!@@)

ドラマの撮影現場を知ると、こんな風にワンカット、ワンカット撮って、つなぎ合わせて、
連続したストーリーにしていくんですね^^

ますます放映が楽しみになってきました^^

今、安曇野市では、「おひさま」のエキストラを募集しているそうです。
応募用紙は、安曇野市のHPよりダウンロードできます。

エキストラとして出演したら、ますます放映が楽しみになりますね^^
by azumino-macro | 2010-08-26 22:58 | 信州あれこれ

清水高原


昨日UPした唐沢そば集落へ通じる道の入り口に、
大きく「清水高原へようこそ」と書かれた看板がかかっていました。

シミズ?キヨミズ?キヨミズコウゲンと読むそうで、
唐沢集落へ通じる一本道を奥へ奥へと入っていくと、道幅の狭い山道となり、
どうやら山頂へと通じているようです。

地図を見ると、途中に清水高原の別荘地があり、
その先に、「スカイランドきよみず」という宿泊施設があるようでした。
それまで清水高原という名は聞いたこともありませんでしたが、とりあえず行ってみることに。

f0233414_019275.jpg

唐沢集落から松本平を背に車を走らせていくと、
「スカイランドきよみず、こちら」の矢印の看板に「日帰り入浴女性半額」の紙が貼ってありました^^
温泉があるのでしょうか?

ちょっと期待しながら、薄暗いクネクネ道をしばらく行くと、
ようやく山の斜面に切り開かれた別荘地らしき場所に辿り着きました^^;
別荘地といっても、車道の両側から細い小路が分かれていて、
その先のうっそうとした木立の中にログハウスなどが建っているようで、
辺りにほとんど人の気配がなく、静まり返っています^^;

想像していた風景とは全く違っていたので、
この先にあるスカイランドきよみずに対する期待が一気に不安に変わってきました^^;
すれ違う車もなく、あとから来る車もなく・・・・

f0233414_0205924.jpg

来たことを後悔しながら、登っていく道から山頂を見上げると、
山頂近くに、なかなか洒落た外観の建物が見えます!
エッ?あれがスカイランドきよみず?!

f0233414_0212235.jpg

以前は、山形村の村営保養施設だったそうですが、
山形村の観光の目玉として、数年前に新しく建て替えられたのだそうです。
(なるほど、どーりでキレイな筈だわ^^)
テニスコートやバーベキュー施設も備えていて、観光客の呼び込みにかなり力が入っている感じです^^

f0233414_0214517.jpg

こんなにきれいなお風呂ですが、サービス期間内なので女性は半額ということで、入浴料金は250円でした^^
(通常500円ですが、8月末まで半額で入ることが出来るそうです^^)

f0233414_0221722.jpg

しかも展望風呂というだけあって、窓から見える松本平の眺望は抜群です。
きっと夜景も綺麗でしょうね^^

f0233414_0195284.jpg

清水高原は、標高1,300m程で、真夏日にも拘らず、高原というだけあって、かなり涼しかったです^^
そういえば、気がつくと、道端に、ススキが!

f0233414_0201973.jpg

処暑にもありましたが、萩の花も確かに咲いていました^^
高原には、もう秋が早々と訪れているようですね。

(追記)後で知ったのですが、9月12日に、スカイランドきよみずへの車道を利用して、
     「信濃山形清水高原サイクルロードレース2010年度 全日本学生ロードレースシリーズ第5戦
     山形村ヒルクライムラウンド」なるものが開催されるそうです。
     かなりの斜度の上、ヘアピンカーブの連続なので、
     自転車で走行するのは、スリル満点かもしれませんね@@;
by azumino-macro | 2010-08-25 23:30 | 信州あれこれ

唐沢そば集落


安曇野に引っ越して初めて、安曇野市より南側、松本市のお隣の山形村に、
唐沢そば集落」という9軒のそば店が短い距離の間に軒を並べている集落があることを知りました。

f0233414_21175684.jpg

そば店が集結しているそば集落!?
蕎麦好きとしては、これは何としてでも行かねばなりませんね!^^;

f0233414_21203884.jpg

ということで、早速、そのうちの一軒、「山法師」に行ってみました^^

f0233414_21213555.jpg

暖簾がなければ、外観はごく普通の民家ですね^^;
最近、自宅がお店というこの手のお蕎麦屋さんに行くことが多いので、今ではちっとも驚きませんが・・・・^^;
(信州では、こういうお蕎麦屋さんが結構多いようです)

年配のご夫婦二人だけできりもりしているせいか、マイペースで営業されているようで、
6人のグループが入ってきた後に来たお客さんには、何故か丁重にお断りしていました^^;
(席は、まだ空いていたんですが、お蕎麦なくなってしまったんでしょうか?・・・・^^;)

f0233414_212530100.jpg

お蕎麦は、自家栽培・自家製粉の蕎麦粉で打っているそうで、蕎麦の甘みがとても強く、
つゆなしでも、十分おいしくいただけます^^
(挽きぐるみの蕎麦のみで、とろろと天ぷらをつけることができます)

帰り際に外の看板を見ると、すでに「準備中」の板が!
(まだ12時ちょっと過ぎなのに、もう店仕舞い?!@@;
 確実に食べたいなら、午前中が勝負ですね!^^;)

まぁ、このお店がダメでも、唐沢集落には、まだまだ他にもお蕎麦屋さんがあるので、
ガッカリして帰るというお客さんはいないのかもしれませんが・・・・^^;

私も、今度来るときには、他のお蕎麦屋さんのお蕎麦も食べてみようと思います^^

f0233414_21285547.jpg

これは、蕎麦の花です。
今がちょうど満開のようです。

f0233414_21311221.jpg

山形村へ行く途中、安曇野市三郷の辺りで咲いていました。
蕎麦の収穫は11月になってから。
今から、新蕎麦の季節が楽しみですね^^

蕎麦といえば、NHKの来年4月から放映される朝の連ドラ「おひさま」は、
蕎麦屋に嫁いだ女性の半生のドラマだそうで、舞台は、松本と安曇野です^^
(安曇野は、1975年に大竹しのぶ主演「水色の時」で朝の連ドラの舞台になったことがあります^^)

ひょっとしたら、TVでこんなそば畑の風景が見られるかもしれませんね^^
(4月からの放送開始が、とっても楽しみです^^)
by azumino-macro | 2010-08-24 22:18 | そば三昧

処暑の安曇野


今日は、二十四節季でいうところの処暑だそうで、暑さが止むとされている日のようですが、
今年に関しては、全く当てはまりませんね^^;
安曇野はとうとう、最高気温が36℃を越えました!(ますます暑くなっているぅ~!@@;)

処暑は、萩の花が咲き、穀物が実り始める頃で、厳しい暑さが峠を越し、
朝夕は涼風が吹く頃とされています?^^;

でも、暑さは別として、穀物が実り始める頃というのは、本当のようですね^^

f0233414_2223740.jpg

この通り!^^
あと1ヶ月もすれば、稲刈りの時期を迎えます。

f0233414_22313651.jpg

今年は、豊作だそうで、このまま台風などの被害がないとよいですね^^

f0233414_22214712.jpg

そして、リンゴ園のリンゴもこの通り!
随分と大きくなり、色づきもよく、とっても美味しそうです!^^

f0233414_22221698.jpg

品種が違う数種類のリンゴが栽培されているようで、実の成熟度が違うリンゴもあり、
早稲のリンゴは、もうスーパーで売っていました!

f0233414_22223794.jpg

ナシも実っています^^

この他に、モモ、ブドウ、プラムなども採れるようで、長野県は、なかなかのフルーツ大国なのです^^
(個人的に果物大好きなので嬉しいのですが、果物の食べ過ぎは、身体を冷やすので気をつけねば・・^^;)

f0233414_018484.jpg

今日の夕空もダイナミックでした!

今日から授業だった娘は、エアコンのない教室で、暑さでのびていたそうです^^;
(テスト中であったにも拘らず、具合が悪くなって保健室行きになった生徒もいたというのですから@@!)

明日はもう少し、涼しくなってくれると嬉しいんですがーー;?
by azumino-macro | 2010-08-23 22:34 | 安曇野あれこれ

庭の小さな生き物たち


我が家の庭は、ほとんど手入れをしていないので^^;、相変わらず草がボーボーですが、
それが却って昆虫たちには好都合のようで、いろいろな生き物が住み着いています。

蜂の巣は、もうすでに5つもありますし^^;、
モグラもいて、庭の土を掘り起こしてしまうので、今では地面がボコボコです^^;

f0233414_237474.jpg

でも、中には、こんな珍しいイトトンボが!
昔、子供だった頃、東京でも夏になると、ごく普通に見かけたイトトンボですが、
その後、ある頃を境に、全く見なくなりました。
なので、イトトンボを見るのは、数十年ぶりです^^;

今、家の周りには、沢山のイトトンボが飛んでいるので、
このことからも、安曇野の河川や田んぼには、昔と同じように、
生き物たちが生息できる環境がまだ残っているということなのでしょう^^

f0233414_2382644.jpg

これは、庭でよく見かけるアカトンボ。
茜色がとってもキレイですね^^
ミヤマアカネというトンボだそうで、体が赤いのは、オスだそうです。

f0233414_2385586.jpg

そして、アマガエル!
アマガエル自体は、全然珍しくないのですが、
家の裏に広がる田んぼに産み付けられた卵から成長したアマガエルで、
我が庭には、どうも100匹以上のアマガエルが生息しているようです^^;
(梅雨の頃、カエルの大合唱で夜はとても賑やかでした!^^;)

この辺りでは、農薬を使っていない田んぼも多いようで、
春先に、田んぼをよく見ると、オタマジャクシがウヨウヨ泳いでいたのが、とっても印象的でした^^;

f0233414_2375542.jpg

そして、庭にいる訳ではありませんが、時々上空を旋回しているトンビ。
特に、空気が澄んで空がきれいな日に、ピューロロロロと鳴きながら、上空高く飛んでいるその姿は、
見ていてとっても気持ちがよいです^^

こんな人家のすぐそばでトンビが舞っているのを見たのは、安曇野が初めてで、
本当に自然が豊かな土地なのだと確信したのでした。

f0233414_23385994.jpg

日中は、夏の虫たちが元気に飛び回っていますが、
夜になると、秋の虫がその数を増やしてきていて、
コオロギやスズムシやその他今まであまり聴いたことのない虫の音の混声(?)大合唱になりつつあります^^;

そして、最近だんだんキレイな夕焼け空が見られるようになって来ました!
空気が澄んで、空が高くなると、いよいよ秋の訪れですね^^

最近すっきりとした姿の北アルプスを見ていないので寂しいですが、
それもきっと、もう少しの辛抱ですね^^
by azumino-macro | 2010-08-22 22:58 | 安曇野あれこれ