安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

空ぬるむ?

日本海側に大雪を降らせている冬型の低気圧は相変わらず、
日本列島の真上に居座っていて、

今日の安曇野の最低気温は、-10.4℃、最高気温0.6℃@@;
かろうじて真冬日は免れたようですが^^;

そんな極寒の寒さの中、
午後から北アルプスを覆っていた雲が晴れて、
夕方にかけて、常念岳とその周辺の山々だけですが、現れてくれました^^

f0233414_21133024.jpg

久しぶりに夕焼けを撮影しようと、いつもの撮影ポイントから西の空を見上げると、
日の入りを迎えようとしている太陽の光が、今までより若干力強く感じられます^^

f0233414_21142792.jpg

太陽が沈み込む位置も、少しずつ南より北へと移動しているようで、
大滝山付近だったものが、今は蝶ケ岳の左端に沈んでいくように見えます。
(冬至にもっとも南に沈んだ太陽ですが、
 今は徐々に日の入りのポイントが北へ移動中ということになります^^;)

雲も、厳しい季節を象徴する雪雲ではなく、穏やかな感じの雲が浮かんでいました。
(秋にこういう雲が浮かんでいるのをよく見ましたっけ^^)

f0233414_21165525.jpg

凍っていた水が急にゆるんで溶け始めることを「ぬるむ」と言うそうですが、

今日の空は、そんな「ぬるむ」という言葉がピッタリの
どことなく、やわらかい優しい、春を予感させる「ぬるんだ空」でした。
(そうは言っても、日中の最高気温0.6℃ですから、空気は冷たかったですが・・・^^;)

明日には、大雪を降らせた雪雲も移動して、全国的に暖かくなる予報^^

そう言えば、もうすぐ立春ですね^^
by azumino-macro | 2011-01-31 21:47 | 安曇野あれこれ

冬の中山高原

久しぶりに晴れて青空となった先週の金曜日、
春には一面の菜の花で黄色く染まり、晩夏にはそばの花で一面真っ白だった
中山高原の冬景色を見に、公道には雪がついていなかったので、行ってみることに^^

f0233414_21403050.jpg

元はスキー場だった所だけあって、この通り、雪で真っ白です^^

f0233414_21504451.jpg

菜の花畑蕎麦畑も綺麗でしたが、雪景色もいいですね^^
広い草原なので、クロスカントリーやスノーシューの跡が沢山ついていました^^

f0233414_21583845.jpg

こんな何気ない風景も、まるで一枚の絵葉書を見ているかのようです^^

f0233414_2229369.jpg

雪で真っ白になった北アルプスも、極寒の季節の厳しさを物語っています。

f0233414_21511859.jpg

撮影中、体が冷え切ってこごえそうになったので、すぐ近くにある
美麻珈琲」でお茶を頂こうと立ち寄ることに^^

f0233414_21535353.jpg

唐松林の中にひっそりと建っている外国の山小屋風の建物が、美麻珈琲さんです^^

ここでは、毎日良質な豆だけをハンドピッキングで選別し、オーダーを受けてから、
煎って、挽いて、いれて下さるという文字通りの「いれたて」の珈琲を頂くことができます^^

苦味や酸味などの癖がないまろやかな味なので(ブラックでもほのかな甘みがあります^^)、
珈琲が苦手でほとんど飲まない私でも、飲んで美味しいと感じる珈琲です^^

f0233414_215429100.jpg

が、残念ながら、1月末までお店は休業だそうで@@;
楽しみにしていた温かい珈琲はいただくことができませんでした!^^;

残念でしたが、この辺では、お店が冬季休業で長期間お休みなのはよくあることなので、
またの機会に訪れることにいたしましょう^^
by azumino-macro | 2011-01-30 23:15 | 信州あれこれ
今日は、マクロビオティック料理教室の土曜日コースの第一回目でした。
講義内容とメニューは、木曜日と全く同じです。

今日の生徒さんのお一人は、伊那市から来て下さいました^^
高速に乗り、車で1時間ちょっとかけて、わざわざ安曇野市まで
マクロビオティックを学びに来て下さるなんて、本当に有難いことです^^

f0233414_22251353.jpg

圧力鍋で炊いた玄米ご飯

f0233414_22222215.jpg

切干大根煮

f0233414_22224845.jpg

ごま塩 ごまと塩の対比は、16:1です。
胡麻のすり方がよかったようで、サラサラのごま塩が出来ました^^

f0233414_2233198.jpg

蕪の梅酢漬け

f0233414_22225872.jpg

蕪の葉の炒め物

f0233414_22244687.jpg

昆布と干し椎茸の出汁を使った大根と油揚げの味噌汁

f0233414_22264241.jpg

マクロビオティックのお料理は、味も作り方もとてもシンプルです。
最小限の調味料(主に塩と醤油)で、素材の味を引き出し、生かします。

f0233414_23165248.jpg

お料理は、陰陽の調和を量ると、驚くほど美味しくなります。
6回コースで学ぶ基本食は、どれもマクロビオティックの定番メニューですので、
是非マスターして、日々のおかず作りに役立てて下さいね^^
by azumino-macro | 2011-01-29 23:18 | マクロビオティック料理教室

北アルプス冬景色

今日は、久しぶりに朝から雲のない空に、
北アルプスがすっきりとそびえる景色を見ることが出来ました^^

f0233414_20561329.jpg

しばらくぶりの雄姿を、マイビューポイントから撮影することに^^

f0233414_20571842.jpg

ただ、すっきりと見えていたのは、朝8時頃までの話で^^;

f0233414_214082.jpg

その後は、すぐに雲が出てきて、山を覆ってしまいましたーー;
(秋の空より、移り変わりが激しい?^^;)

f0233414_2191051.jpg

白馬方面は、晴れているように見えましたが、
今日、高校のスキー教室で栂池に行っていた娘の話によると、かなり吹雪いていたそうです^^;

f0233414_21254240.jpg

日本海側は大雪になっていますが、まだまだ雪は降り続くようで、
初めて過ごす安曇野の冬は、想像以上に寒い日が続いています^^;
by azumino-macro | 2011-01-28 21:29 | 安曇野あれこれ
今週から、木曜日と土曜日にマクロビオティックの基本食を学ぶお料理教室を
新たに始めることになりました^^

木曜日のお二人の生徒さんは地元出身の方なので、
私の知らない安曇野市のことをいろいろお聞き出来て、
とても楽しい講座となりました^^

講義は、まずは、「マクロビオティック調理法の基本」
「マクロビオティック食事ガイドライン」について、お話し、

調理実習は、まずは、玄米の炊き方からです。

f0233414_222141.jpg

今日は、圧力鍋で炊いてみました。

玄米は、人間に必要な必須アミノ酸の中で体内で作ることが出来ない8種類の内7種を含み、
また、白米よりビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。

f0233414_22565222.jpg

副食として作ったのは、マクロビオティックの基本中の基本のレシピであり、
食養とも言われる「切干大根」

切干大根には、体に溜まった動物性のものを溶かして
体外へ排泄しやすくしてくれる作用があるとされています。

もちろん、お醤油のみの味付けですが、
生徒さんお二人とも切干大根の自然な甘みに驚いていました。

f0233414_2225457.jpg

そして、玄米とこれがあれば、すぐにでもマクロビオティックを始められるというごま塩。

今日は、1:16で作ってみたところ、丁度良い塩加減だったようで、
生徒さんから「玄米とごま塩だけで、他には何も要らないくらい美味しいです」
と言っていただけました^^

f0233414_22113013.jpg

精進だしを使った大根と油揚げの味噌汁 
味噌は、麦味噌と玄米味噌を使いました。

一日一杯の味噌汁は、血液を浄化し、抗癌作用があり、免疫力をUPする力があるそうです。

f0233414_224720.jpg

蕪の梅酢漬け
梅酢は、素早く血液をアルカリ性にし、ウィルスや病気への抵抗力を高めます。
マクロビオティックでは、血液のPhは、7~7.5を標準としています。
(酸性に傾いた血液は、病気の温床となると言っても過言ではありません)

f0233414_2235746.jpg

蕪の葉のごま油炒め
一物全体の通り、葉っぱもおいしく頂きます。
(葉っぱの緑の葉緑素は、血液中の鉄と結合し、血を造ります)

f0233414_22173926.jpg

マクロビオティックのお料理は、材料も作り方もシンプルですが、
素材の美味しさが伝わってくるお料理です^^

生徒さんお二人に、とっても気に入っていただけたようで、
初回は、まずまずのスタートとなりました^^

しばらくは、基本のレシピが続きますが、基本は大切なので、
これからも頑張りましょう!^^
by azumino-macro | 2011-01-27 22:55 | マクロビオティック料理教室

雪の中の大カエデ

このところ、北アルプスに雪雲がしっかりと張り付いてしまっているようで^^;
全く山の姿を見ることが出来ない日が続いています。

昨日、少しばかり青空がのぞいていたので、
久しぶりに雪に覆われた大峰高原の大カエデを見に行ってきました^^

f0233414_2327356.jpg

高原というだけあって、大カエデへ通じる道は、すっかり雪で覆われていました^^;
(途中の白露さんの工房辺りは、ほとんど雪がついていないのに、
少しの標高差で全く違った風景が広がっていました^^;)

f0233414_23305594.jpg

動物らしき足跡
小さいので、熊のではありませんね^^;
辺りをよく見ると、大小様々な大きさの足跡が残っていて、
普段は気付きませんが、多くの動物が生息しているんですね^^

f0233414_23262136.jpg

大カエデは、只今、冬眠中。
冬の間にも訪れる人は絶えないようで、周りには多くの足跡が^^;
(これは、明らかに人間の足跡ですね^^;クマさんではないと思います^^;)

今日も雪がチラチラ舞いましたが、明日も安曇野は雪の予報。
今年は例年より雪が降る日が多いのでは?と思うこの頃です^^;
by azumino-macro | 2011-01-26 23:54 | 安曇野あれこれ

Brown Mountain Bakery

3日前の日曜日のこと、
最近、地和子マクロビオティッククッキングスクールの恒例行事になりつつあるバスツアーで、
KIIX卒業生と那須へ行かれたそうで、
(今回は、残念ながら、翌日がお料理講習会だった関係で、参加できませんでしたTT)

その際に、地和子先生の古くからのお友達であり、
長年マクロビオティックを実践されているご夫婦が那須に2年ほど前に開店した
天然酵母でオーガニック素材にこだわったパン屋さん「Brown Mountain Bakery」に立ち寄られ、

行きたくても行かれなかった私にもお土産に、
Brown Mountain Bakeryの美味しいオーガニックのパンを買ってきて下さったのでした!^^

f0233414_0545947.jpg

お店のショップカードの裏には、
「山とパン。
しっかりとした食事になるパン。
まいにちの力になるパン。
おにぎりのかわりに山に持って行けるパン。

日本の小麦と天然酵母で焼いています。
美しい那須岳のふもとのパン屋です。

ブラウン・マウンテン・ベーカリー」と書かれてありました。

そのコンセプトの通りのパンがこれです^^

f0233414_0591490.jpg

一切れでも、十分お腹がいっぱいになります。
しっかりとしていますが、固すぎず、もっちりとした食感のパンで、食べ応えは十分!
パンの美味しさと作った人のコダワリが伝わってくる
噛めば噛むほどに美味しいパンです^^

f0233414_12730.jpg

軽く焼いて、前日のりんごのおやきを作った際に使った胡桃入り煮りんごをのせてみました^^

美味しいのはパンばかりではありません。

f0233414_154397.jpg

ライ麦酵母のケーキ
ケーキといっても甘みはドライフルーツの甘みのみ。

原材料は、身土不二に忠実に、栃木産有機全粒粉、自家製ライ麦酵母、
有機ドライフルーツ、有機くるみ、有機ココナッツ、有機シナモン、塩(海の精)

これほどまでにオーガニックにこだわり、美味しくて安全なものを提供して下さる
ブラウン・マウンテン・ベーカリーさんに脱帽です!^^

f0233414_1115779.jpg

パンのようなパウンドケーキのような?
一度食べたら病み付きになりそうなくらい美味しいケーキです^^

薄く切って、グローブなどのスパイスが入った紅茶と頂きました^^
(美味しい!しあわせ~^^)

f0233414_114288.jpg

そして、何よりも楽しみにしていたのは、コレ。
ごまクッキー。

f0233414_115231.jpg

原材料は、小麦と自然酵母と菜種油と胡麻とお塩のみ。
シンプルだけど、サクサクしていて、歯ごたえが何とも言えず、美味しい!

何度も何度も熟成してこの食感を出しているそうで、
手間隙かけて作られたものの味は、やっぱり違いますね^^

f0233414_1194652.jpg

これは、私にとっては、紛れもなく、食事をマクロビオティックに切り替えたからこそ出合えた味。

体も心も共に喜ぶ食べ物。
食べるほどに元気が出てくる食べ物。

そんな食べ物を、ひと噛み、ひと噛み、感謝していただく幸せ^^
(ただ、ひとつ困るのは、あまりの美味しさについつい食べ過ぎてしまうこと^^;
マクロビオティックでも、食べ過ぎは、やはり太ります!気をつけましょ~?^^;

(Brown Mountain Bakeryは、注文すれば、パンのデリバリーもしてくれるそうです。
 詳しくはコチラから)
by azumino-macro | 2011-01-25 23:38 | Macrobiotic
約1年前に、地和子マクロビオティッククッキングスクールにおいて、
「白砂糖にさようなら」というテーマのもと、デモンストレーションによる
お料理講習会を開催してから今回で2回目。

f0233414_17162838.jpg

「安曇野マクロカフェ」と題したお料理講習会を開催することになり、
信州の郷土料理をマクロビオティックでご紹介したいという想いで、
秋ごろからレシピ作りと試作を重ねて、準備してきました。
(今まで試作はブログでも何回かUPしてきましたが^^;)

f0233414_16453273.jpg

簡単きのこご飯
極陰性なきのこを安全に食べるために、塩をふり、蒸し煮にしてから醤油で味を付け
炊いたご飯に混ぜるだけの、超簡単炊き込み風ご飯です^^;

f0233414_16494435.jpg

根菜と凍み豆腐の胡麻味噌煮
冬においしくなる根菜と、凍み大根を真似た手作り干し大根、
凍み豆腐を真似て作った豆腐(お豆腐を冷凍庫に入れ、その後解凍したもの)を使った
胡麻と味噌味のコクのある味の煮物です。

f0233414_1874683.jpg

そばがき汁
まずは、水で溶いた蕎麦粉を火にかけながら、擂り粉木で練ってそばがきを作り、

f0233414_17193274.jpg

にんじんとねぎを入れ、一口大の大きさにスプーンですくって、油で揚げます。
揚げたそばがきをお椀に入れ、大根おろしをのせ、葛粉でとろみをつけた汁をはりました。

f0233414_16503797.jpg

胡桃味噌味のりんごのおやき
おやきの中身は、蒸し煮にしたりんごに胡桃を混ぜ、白味噌で少し味をつけました。

出来る限り薄皮にしたいと思いましたが、人前でのデモストということで、ちょっと上がり気味^^;
作ったおやき12コは、皮の薄いものもあり、そうでないものもあり、という結果に^^;
(写真のおやきの皮は、ちょっと厚めですね^^;)

練習した割には、本番での形はイマイチとなってしまいましたが^^;
皮とりんご餡が美味しい!との評価を頂きました^^v

f0233414_16505985.jpg

大根とにんじんの味噌漬け
味噌と甘酒で作ったタレの中に、漬け込むだけの簡単漬。
2日目からが食べごろです^^

f0233414_16512647.jpg

元来、人前で話をするのが苦手なタイプなもので、
本番ではど~なることか、とかなり不安でしたが、
無事、大きな失敗もなく?(小さな失敗はかなりありましたが^^;)、
Mさんという力強いアシスタントに助けて頂いたお陰もあって、
なんとか無事、終了することができました!^^;

参加者のみなさんに、美味しい!と言っていただけたことが、何より嬉しいです^^v

ご参加頂きました方々とレシピの段階からいろいろアドバイスを下さった地和子先生、
細かい配慮でアシストしてくれたMさんに心から感謝申し上げます。

それにしても講習終了予定時間を大幅にオーバーしてしまい、
参加者の皆様には、大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。
誠に申し訳ありませんでした。

これも、日頃、安曇野のゆったり流れる安曇野時間の中で生活しているからなのか・・・?^^;
(引っ越しして1年経ちませんが、安曇野時間、しっかりと身についてしまったようです^^;)
by azumino-macro | 2011-01-24 23:54 | マクロビオティック料理教室
このところ、24日の講習会のメニューのひとつ、
りんごのおやきを試作する日々が続いていますが、
地和子先生のアドバイスを参考に改良し、
初めの頃より、かなりバージョンアップしてきたと思うこの頃^^;

f0233414_143452.jpg

おやきの皮がイマイチとの評だったので、かなり改良したつもり?^^;
(見た目は、変わっていませんかね?^^;)

f0233414_152487.jpg

なるべく皮を薄くできるように、あとは練習あるのみ^^;

お味の方は、美味しい!とお褒めの言葉を頂いたので、
まずは一安心です?^^;
(あとは、本番で失敗しないようにしないと・・・^^;)

f0233414_161836.jpg

散歩をしていたら、道端でオオイヌノフグリ(可憐な花なのに、この名前ヒドイですね^^;)が
日溜まりでひっそりと咲いていました。

この寒さの中、健気ですねぇー^^

一眼レフのおかげで、ぼかし撮影もかなりイメージに近いものが撮れるようになりました^^v
(カメラもおやきも、同じく、ひとえに練習あるのみ、ですね^^;)
by azumino-macro | 2011-01-23 01:17 | Macrobiotic
昨年末に穂高交流学習センターみらいで開催された
安曇野百選プロジェクトの「私の好きなビューポイント あづみの秋」で
紹介されていたビューポイントの中に、気になる場所があったので、
この寒さの中、行ってみることにしました^^;

f0233414_2246297.jpg

明科にある城山公園。
長峰山へ登って行く山道の入り口の近くに位置する小さな公園です。

f0233414_2245314.jpg

晴れていれば、真正面に北アルプスを眺めることができるなかなかのビューポイントですが、
今日は、生憎と雲が多く、ご覧の通りの写真しか撮ることができませんでした^^;

リベンジを誓い、周りには桜の木が多かったので、
訪れるなら春のお花見の頃がいいですね、きっと^^

f0233414_22524755.jpg

城山公園からは、第一白坂トンネルを通過する篠ノ井線の電車を見下ろすことが出来ます。
(長野方面から篠ノ井線に乗って松本方面へ向かう時、長いトンネルを抜けた後
 突然北アルプスの風景が目に飛び込んできますが、それがこのトンネルなんですね^^)

f0233414_22564890.jpg

ここまで来たついでに、
明科の旧国鉄篠ノ井線の廃線敷ウォーキングのコースが近くにある筈なので、
少しばかり歩いてみることにしました。

f0233414_22585140.jpg

上にUPした第一白坂トンネルが1988年に開通してから、この三五山トンネルは使われなくなり、
線路が外され、廃線となりました。
廃線となる前は、篠ノ井線の線路は国道403号に沿って走っていたようです。

f0233414_2323715.jpg

この三五山トンネルともうひとつある漆久保トンネルは、
昨年の4月から中を歩くことが出来るようになったそうで、
入り口からは、トンネルがどのくらいの長さがあるのかは、よくわかりません^^;

今日は、長距離を歩く準備はして来なかったので、
今回は下見ということで、全行程を歩くのは、次の機会に^^;

f0233414_2363265.jpg

帰り道、コハクチョウを見に、御法田遊水地に^^

f0233414_23224196.jpg

今日は、沢山のマガモの中に、安曇野では珍しいスズガモ(?)を発見。
黒い帽子を被っている様で、とてもカワイイです^^

f0233414_2381490.jpg

白鳥の飛来数も更に増えて、530羽になったそうで、

この時季、御法田遊水地は、多くの鳥達で大賑わいです^^
by azumino-macro | 2011-01-21 23:30 | 安曇野あれこれ