安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

1年ほど前に地和子先生が台湾で食べられた素食というお料理についての
いろいろ楽しいお話をお聞きしてからと言うもの、

この世に素食なるものがあることすら知らなかった私は^^;
それからというもの、一度でいいから素食を食べてみたいと
ず~とず~と、思っていたのでした^^b

素食は「そしょく」ではなく、「スーシー」と読みます^^
台湾の菜食主義料理で、元来は宗教的な理由で食べられていた精進料理だそうで、
中国語で「菜食」を指し、「質素な料理」という意味ではありません(念のため)^^;

f0233414_23301324.jpg

その本場台湾さながらの素食を食べられるということで、立川にある「健福」へ行って来ました^^
(立川と国立にあるそうですが、立川店が3月いっぱいで閉店になるということで、
今回急遽、その前に、食べに行くことにしたのでした^^;)

マクロビオティックを始めてから、こんな本格的な中華料理屋さんに入るのは、久しぶりです^^;

f0233414_23344882.jpg

中華料理と言っても、素食は、仏教で食べることが禁じられている
三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)、
そして、五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキ)を一切使わないそうで、

肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わず、
出汁にも肉や魚介類を一切使っていない、という徹底振り!@@

日本の精進料理は素食から来ているようで、違いは、素食はあくまで中華料理で、
精進料理は、日本料理、ということでしょうか?^^;

マクロビアンには、動物性なしということで、嬉しい限りのお料理ですが、
お砂糖は、三温糖を使っている所が、マクロビオティックとちょっと違いますね^^;

f0233414_022313.jpg

前置きが、長くなりましたが(いつも長くてスミマセン^^;)
今回は初めてということで、コース料理を頼み、
少量ずつ、いろいろなお料理を食べてみることにしました^^

まず出てきたのが、前菜(焼き豚風大豆タンパク、いかもどきと春雨のサラダ、カシューナッツ)
この焼き豚風の大豆タンパクは、本物のお肉そっくりの味と食感で、ビックリ!@@;
言われなければ、絶対にわからないほど、お肉そっくりでした!
(どーやって、そっくりの味と食感を作り出しているのか、驚くばかりです!^^;)

f0233414_23472925.jpg

ヤマイモと大豆鶏肉風のうま煮
これも鶏肉だんごにそっくりの大豆タンパクです^^;

f0233414_2349811.jpg

揚物の盛り合わせ(チキンナゲット風と鳥の唐揚げ風)
その二つも、言われなければ、絶対にお肉、でしょう!^^;

f0233414_23511195.jpg

ゆば鰻風の蒸し料理
この鰻もどきは、本物そっくり!
絶対にわかりません。というより、本物の鰻より美味しいかも?!^^;

f0233414_23533432.jpg

もやしと椎茸とセロリの炒め煮

f0233414_23551640.jpg

アスパラガスのクリーム煮

f0233414_23555322.jpg

山百合の蕾となつめの炒め物
山百合の蕾は、高級食材だそうで、初めて食べるお味でした^^

f0233414_034311.jpg

焼き麺の野菜あんかけ

f0233414_01291.jpg

薬膳:漢方スープ鍋
スープのベースは植物性なので、とても飲み易く、美味しいスープでした^^

f0233414_0244951.jpg

デザートは杏仁豆腐

動物性は使っていなくても、どのお料理も味も見た目も本格的中華で、驚きの連続でした!^^;
久しぶりに中華料理をお腹一杯食べました^^(イエ、食べ過ぎました~!^^;)

台湾には、ベジタリアンが人口の約1割もいるそうで、インドに次ぐ第2位だそうですが、
この素食は、今密かなブームになっていて、素食専門のレストランも沢山あるそうです^^

そして、お料理の種類もハンパでないほどあるそうで、食べきれないそうです!^^
(中でも、ベジタリアン仕様のハーゲンダッツのアイスクリームがあると聞いたのですが、
 一体どんなお味なんでしょうねぇ~?^^;)

今回素食を食べてみて、ますます、台湾へ行ってみたくなってしまいました!^^;
(素食食べ歩きツアー、いいですねぇ~^^)
by azumino-macro | 2011-02-28 23:23 | スローフード
2月もアト残すところ2日となり、引っ越してきてから11ヶ月。
そろそろ1年となります。

f0233414_0375269.jpg

市内の地理に詳しくなりたいと思い、自分なりに、必死にいろいろな場所を訪れて、
約1年をかけてそれなりに土地勘を得たと思っていましたが、

他の方はよくご存知でも、まだまだ訪れたことのない場所、
知らない場所はたくさんあるようで、(当たり前ですが^^;)
今日、訪れた「いのちと平和の森」も、そんな場所の一つと言えます^^;

f0233414_236596.jpg

いつも近くまで来ているのに、ここは知りませんでした^^;
森、と言っても、森?というような雑木林でしたが・・・・^^;

f0233414_2391158.jpg

長峰山山頂からの眺望に匹敵するほどの素晴らしい眺め!^^
特に冬期、光城山や長峰山へ通じる山道が冬期閉鎖になっている今、
このような展望を気軽に楽しめる場所は少ないので、とても貴重ですね^^

f0233414_23141550.jpg

今日のお天気自体が、イマイチぼんやりしていたので、北アルプスが霞んでしまい残念ですが、
是非とも次は、青空の綺麗な日に撮影に訪れたいですね^^

f0233414_2314455.jpg

ブログを初めて約1年。
日々更新する内に、最近同じような風景や同じような記事ばかりで、
内容がマンネリ化してきてしまっていて、更新意欲が乏しくなっていましたが、

こうして新しい風景に出逢えると、無性に嬉しいですね^^

f0233414_23153368.jpg

木々も、冬芽がこんなに大きくなっていました!^^

f0233414_2316265.jpg

まるで、新しい命に生まれ変わっていくかのようですね^^
春先は、特に、新しい命の息吹を強く感じます^^

f0233414_23164132.jpg

今は、訪れる人も少ない小さな森ですが、植樹された木々が大きくなって、
豊かな森となり、花もいろいろ咲くようになるころには、

安曇野平とその向こうにそびえる北アルプスの展望台として、知名度も上がり、
いずれきっと、多くの人々が訪れる名所となることでしょう^^
(車で簡単に行けるので嬉しいですね^^)

f0233414_2340623.jpg

「有始者有終」
マクロビオティックの創始者桜沢如一先生の無双原理「宇宙秩序」の第一項目の文です。

朝があれば、夕がある、ように、「始まりあれば、終りあり」ということですね^^
(そして、マクロビオティックの無双原理では、エネルギーの変化はスパイラルなので、
 「終りあれば、また、始まりあり」と続いていくことになりますが・・・^^;)

冬の終わりは、春の始まりであり、出逢いあれば、お別れもあり、生があれば、死があり・・・。

マクロビオティックの無双原理は、自然界の法則そのもの、と言えますね^^
by azumino-macro | 2011-02-26 23:53 | 安曇野あれこれ
安曇野の今日の最低気温、0.5℃、最高気温は、ナント17℃!@@
一気に気温が上昇し、春のような暖かな日となりました。

関東地方では、春一番が吹いたそうですが、
安曇野でも、暖かい南風が吹いて、一気に春がやって来たかのようです。

そんな日中、家の周りで、なにやらヒラヒラと軽やかに飛んでいるものが目に入ったので、
何だろう?とよくよく見ると・・・・

f0233414_23471953.jpg

それは、ヒョウモンチョウでした!

あの・・・蝶って越冬したんでしたっけ?^^;
こんな季節に、成虫の蝶を見るとは、思ってもいませんでした!

今、成虫だということは、この蝶は、あのマイナス気温の真冬日も雪の日も
何処かで越冬していた、ということになりますが・・・@@?

今日は、まだ2月ですし、
二十四節気では「雨水」(雪やあられが雨に変わり、 氷や霜が融けはじめる)で、
「啓蟄」(冬のあいだ土の中に巣ごもりしていた虫たちが目ざめ活動を始める日)には、
まだちょっと早いのですが、
17℃という気温に、蝶も春が来たと錯覚してしまったのかもしれませんね?^^;

三寒四温、明日はまた2月本来の気温に戻るようですが、
それにしても、安曇野で2月に蝶々が飛んでいるとは、
今年の冬は、寒いんだか暖かいんだか、よくわからなくなってしまいました^^;
by azumino-macro | 2011-02-25 22:57 | 安曇野あれこれ
今日は、いつもは土曜日に来られる生徒さんも合流して
第5回マクロビオティック料理教室を開催しました。

講義の内容は、自分の体質をまずチェックし(陰性体質か陽性体質か)、
体質別タイプを知った上で、バランスをとるための食事法を学びました。

今日のメニューは、

f0233414_2224643.jpg

小豆玄米ご飯
生徒さんから、まるで「お赤飯みたい」という声が^^

昔から毎月1日と15日に小豆ご飯が食べられてきた習慣があったそうで、
小豆の持つデトックス効果を利用して、体内に溜まった不要なものを
体外へ排泄するのに一役買っていたと考えられます。

f0233414_22111121.jpg

蓮根ボール
蓮根とにんじんを摩り下ろし、炒めた玉ねぎと全粒小麦粉を混ぜ、丸く丸めて油で揚げました。
甘辛のタレにつけると、蓮根の甘味が更に引き立ちます。

肉ボールの代わりに、いろいろなお料理に使えて、とても便利です^^

f0233414_2215276.jpg

温野菜とわかめのサラダ
野菜を軽くボイルし、わかめと混ぜ、ドレッシングを添えました。

f0233414_22162223.jpg

ドレッシングは2種類。
胡麻ドレッシングと味噌ドレッシング。
両方とも、ノンオイルのヘルシードレッシングです。

f0233414_22195059.jpg

玉ねぎの味噌煮スープ
玉ねぎに味噌をぬり、とろ火で長時間煮込むだけですが、
驚くほど、玉ねぎが甘くなり、味噌を使っていますが、洋風な味になります。

f0233414_22222531.jpg

もち粟と洋ナシのデザート
りんごジュースで炊いたもち粟に細かくカットした洋ナシを混ぜて火を通しました。
寒い季節に食べても、体を冷やさないデザートとして、雑穀を上手に使いましょう。
少量の生姜が味のアクセントに。

f0233414_22264039.jpg

今日は、伊那から通ってこられるOさんにアストロメリアのお花を、
安曇野市にお住まいのMさんからは、お手製のランチョンマットを頂きました^^

春を運んでくれるお花の華やかさと、シックな色合いのランチョンマットのお陰で、
テーブルがこんなに素敵にコーディネートされました^^

Oさん、Mさん、思いがけない素敵なプレゼントをどうもありがとうございます^^

f0233414_22312536.jpg

それで、という訳ではありませんが、
今日の講習を最後に、出産のため帰省されるNさんのために
ノンシュガー、ノンエッグ、ノンミルク、ノンバターの木の実のタルトを焼きました^^

焼き時間を間違えて、少し焦げてしまいましたが、味は美味しいとのことで、
皆さんに喜んで頂きました^^

f0233414_22361971.jpg

今日も、試食しながら、マクロビオティックの話に花が咲きます。

生徒さんの中には、マクロビオティックを取り入れてまだ約1ヶ月だというのに、
すでに体に変化が表れてきている方もいて、マクロビオティックの威力を感じます^^

是非、生れてくる赤ちゃんもマクロビオティックで育ててみて下さいね。
子育てが楽で、元気で健康な子に育つそうですよ^^
by azumino-macro | 2011-02-24 22:45 | マクロビオティック料理教室

冬の戸谷峰

安曇野では、月曜日から今日までの3日間
すっきりとした青空に白く輝く北アルプスが浮かび、
日中の最高気温も14℃と、
桜の咲く頃のような春のような暖かな良いお天気となりました。

f0233414_2042861.jpg

しかし、明日からはお天気は下り坂のようで、
すでに今日の午後は、北アルプスも霞んでしまい、
しばらく、この絶景を楽しむことはできなくなりそうです。

昨日、お天気が良い内に、冬の北アルプスの絶景をカメラに収めておこうと、
一念発起して、秋に登った戸谷峰に行ってみることに!^^;
(季節が春めいてきてしまったので、
 このチャンスを逃がすと冬景色を撮ることが出来なくなりそうなので、思い切って行く事に^^;)

f0233414_20175590.jpg

秋に登った時は、登り約2時間余りだったのですが、
登るにつれ、思ったより雪が深くなり、登っていくのはかなり大変でした^^;

いくら春のように暖かい日が続いているからと言っても、
まだ2月ですから、標高1,600mある山ともなれば、これくらいの雪はあっても当然ですね^^;

それをアイゼンなしで登って行くのは、(私にとっては)至難の業!^^;
ところどころ凍っていたし・・・・・^^;
(アイゼン必要だとは全く予想もせず、無謀でした・・・・^^;
 お天気が良かったので、何とか無事でしたが、一歩間違えば危険でした^^;)

f0233414_2018948.jpg

しかも、登るにつれ、先週降った雪の上に、大きな動物の足跡が!((@@));;;

どうもこの辺りには、熊が生息しているようで、証拠の足跡が辺り一面に残っていました!@@;
この時季、熊は冬眠している筈なのですが、
どういう訳か、最近この辺りを徘徊していた、ということのようです?++;;

(前もって熊がウロウロしているとわかっていれば、絶対に来ませんでした!
 しかも、冬眠中の筈の熊のことは念頭になく、熊除けの鈴を持って来なかったので、
 仕方がないので、歌を歌いながら歩きました^^;)

雪道を歩く困難さと、熊に遭遇するかもしれないという恐怖で、
途中で、登頂は諦めようと、何度思ったかわかりませんが、
冬の北アルプスのオールスターが勢揃いした絶景をこの目で見たいという一心で、
3時間以上かかってやっとのことで、山頂に辿り着きました!

(私の前に登頂された登山者の足跡のお陰で、雪でわからなくなってしまった山道も
 踏み跡を辿って、迷うことなく、山頂に到着することが出来ました^^v)

f0233414_2046847.jpg

登りながら、気がかりだった北アルプスですが、まだ綺麗に見えていました!
(ヨカッタ!あんなに苦労して登ったのに、
 雲で霞んで見えなくなっていたら、それこそガッカリです^^;)

f0233414_21123334.jpg

秋に登った時も、この景色を見て、感動したのですが、
冬は更に、山に雪が白くついている分、美しさが倍増する感じがします^^

f0233414_21131018.jpg

美ヶ原から見える景色とほぼ同じですが、
(それは、戸谷峰と美ヶ原がお隣同士だからですが^^;)
今は美ヶ原へ通じる道は冬季閉鎖のため、
美ヶ原からは、簡単にこの景色を眺める事はできません^^;

f0233414_2140987.jpg

この美ヶ原からこの眺望を楽しむためには、
今は歩いて登るか、山頂にあるホテルに泊まるしかないそうで、
(ホテルの送迎バスで山頂まで行けるそうです^^;)
やはり、限られた人のみが、この絶景に預かれるということになります。

f0233414_20575597.jpg

どうしても、見たかった冬の穂高連峰。
上高地への道路も冬季閉鎖されているため、
冬の穂高連峰を間近で見るためには、釜トンネルを抜け、
延々と上高地へ通じる車道を登っていくしかありません^^;

冬は、近づき難い山となっている穂高連峰を今日見ることができて、幸せです^^

f0233414_2201937.jpg

槍ヶ岳も、安曇野からは見ることができないため、
冬の槍ヶ岳の写真を撮ることができて、苦労して登ってきた甲斐がありました^^

f0233414_211751.jpg

今回は、自分でも信じられないほどの底力を発揮して、
この素晴らしい絶景を拝みたいという一心で、ここまでやって来たのですが、
想像以上の美しい風景に、しばらく放心状態でした^^;

f0233414_2114668.jpg

北アルプスの左側に、白くそびえているのは、乗鞍岳です。

f0233414_2140423.jpg

後ろには、浅間山が見えます。

f0233414_21414540.jpg

白馬方面の北アルプスは、ちょっと見えにくいですが、
前日に、旧大岡村の北アルプス展望台から十分見てきたので、よしとしましょう^^;

f0233414_216819.jpg

昼食を済ませ、いよいよ下山ですが、
疲れと、装備の悪さから、2度も滑って尻もちをついてしまいました!^^;
(谷で滑っていたら、大変なことになっていますね^^;)

幸運にも熊に遭遇することはありませんでしたが、
今考えると、そのような状況で、よく登ったなぁーと我ながら感心しています。
でも、一歩間違えば、大変なことになっていたと、大いに反省^^;
(今でも、あのおびただしい数の足跡がついていた事を思い出すと、ぞっとします^^;)

f0233414_22351571.jpg

そんなこんなでしたが、何とか無事帰って来ました^^
自分で言うものなんですが、今回はよく頑張ったと思います^^

ということで、今回UPした写真は、今までに撮った写真の中でも、
一番思い出に残る写真となりました^^v
by azumino-macro | 2011-02-23 22:38 | トレッキング

雪の棚田と北アルプス

旧大岡村の北アルプス展望台で北アルプスの雄大な景色を堪能した後、
棚田の風景を写真に撮ろうと、丸子信州新線沿いを車で少しウロウロ^^;

f0233414_2220308.jpg

旧大岡村は、村役場自体も狭い山の斜面に建っているという
村全体が山岳地帯にあるので、移動は全て傾斜のある山道となり、
当然、畑も田んぼも棚田になっています。

f0233414_22221234.jpg

日本の棚田100選の中で3つが旧大岡村の棚田ということで、
(長野県では、17の棚田が選ばれており、その中でも姨捨の棚田は有名ですね)
棚田の美しさは際立っています。

写真は、その選ばれた3つの棚田の中のひとつ、慶師沖の棚田。

f0233414_22255690.jpg

北向きの斜面からは、遠くに飯綱山や戸隠方面の北信の山々も見えます。

f0233414_2228997.jpg

雪を被った北アルプスの白い稜線が青空に映える様は、溜息が出るほど美しかったです^^
いつまでも後世に残したい信州の美しい風景ですね^^
by azumino-macro | 2011-02-22 22:41 | 信州あれこれ

北アルプス展望台より

今日は、朝から良いお天気で、絶好の撮影日和です^^

f0233414_2212915.jpg

朝からすっきとした青空に映える美しい北アルプスの稜線の連なり^^
気温も上昇中で、こんなお天気に恵まれた日には、何故か気持ちもウキウキしてきますね^^

f0233414_22123244.jpg

ということで、ここしばらく積雪などが心配で行くことができなかった
お気に入りの撮影場所、旧大岡村にある北アルプス展望台へ久しぶりに行ってみることに^^

f0233414_22192489.jpg

カフェテラスモモの周りにも先週降り積もった雪がまだ残っていました。

f0233414_22291468.jpg

先回訪れたのは、12月17日なので、約2ヶ月ぶりの風景です。

f0233414_2234153.jpg

お馴染みの、常念岳。
ここから見る常念岳は、雪がついてますます凛々しく見えますね^^

f0233414_22342567.jpg

そして、餓鬼岳の横から、槍の矛先だけを覗かせている槍ヶ岳。

f0233414_22333289.jpg

爺が岳と鹿島槍ヶ岳。

f0233414_2230313.jpg

雪で真っ白になった北アルプスの稜線の連なりをこんな風に端から端まで見ることが出来るのは、
長野県広しと言えども、そう多くはありません。

f0233414_22354226.jpg

今日、展望台に訪れた人たちはみな、この風景を見て、歓声をあげていました。

そして、みな口々に、「今日、来て良かった」
「こんな素晴らしい北アルプスを見られるのは、ここだけ」と絶賛していました^^

私も、同感です^^

f0233414_2303743.jpg

冷えた体を温めるため、カフェテラスモモさんに立ち寄り、
窓の外に広がる北アルプスを眺めながら、天然酵母パンのベジバーガーを頂きました^^

マクロビアンの私にとっては、至福の時^^
(この展望台に何度も足を運ぶのは、景色ばかりでなく、モモさんがここにあるから、かも?^^;)

f0233414_2344456.jpg

こんな美しい風景と共に暮らす人々は、世界広しと言えども、そう多くはいないでしょう。

北アルプスの展望地としては、まだまだ知名度が低いようですが、
この通りの素晴らしい風景を、一人でも多くの方に訪れて見て欲しい、
そう願わずにはいられないお勧めのビューポイントです^^

(他にも写した写真があるので、後日UPいたしますね^^)
by azumino-macro | 2011-02-21 23:28 | 信州あれこれ

春を探しに

昨日の天気予報では、今日は朝から一日中お日さまマークが輝いていたので、
運良ければ、早朝にモルゲンロート(朝焼け)を撮影できると思い、
目覚ましをセットして、楽しみにしていたのですが、
朝起きて、窓の外を見ると・・・・?

f0233414_2205099.jpg

常念岳の横に何か丸く輝くものが・・?
起きたてのボンヤリ頭には、すぐにそれが月だとはピンときませんでした^^;
(結局、モルゲンロートは撮れませんでした。雲はなかったのですが・・・^^;)

f0233414_2272597.jpg

日中、気温はどんどん上昇し、風はありましたが、暖かな陽気に誘われて、
春を探しにフラフラと出掛けることにしました^^
(北アルプスは見えていましたが、バックの空が白っぽい色で、写真写りはイマイチですね^^;)

f0233414_22124847.jpg

オオイヌノフグリも暖かな日差しの中、辺り一面に咲いていました^^

f0233414_22173670.jpg

でも、今日のお目当ては、コレです^^
春を告げる花の代表、福寿草。

f0233414_22192469.jpg

雪の解けた地面から芽を出し、花を咲かせていました。

初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、
それから春までを地下で過ごすというスプリング・エフェメラル!

f0233414_22201487.jpg

まだほんの少しでしたが、日当たりの良い南斜面から咲き始めていました^^

f0233414_22245748.jpg

寒い寒いと思っていても、自然界は敏感に春を感じているようですね^^

f0233414_22255173.jpg

前々から、花の写真を綺麗に撮れるようになりたいと思っていたので、
今年は、新しいカメラで、頑張ろうと思います^^

f0233414_22281810.jpg

福寿草の開花のピークは、2週間ほど先になるようですが、
寒冷地の信州にも、春は着実に近づいているようですね^^

f0233414_22571544.jpg

帰り道、御宝殿遊水地の近くを通ったら、丁度コハクチョウが北穂高の孤島から
帰ってくるところでした。

f0233414_2237165.jpg

偶然、遠くの空に小さく、全く違う方向に飛んでいく鳥の群れを見つけました。

f0233414_011189.jpg

コハクチョウが北帰行する時は、ファミリーで帰るそうなので、
かなり大きな群れになることと、

また、上昇気流に乗って空高く舞い上がって飛ぶそうなので、
きっと、この一団は、北へ旅立って行ったのではないかと思います。

f0233414_2240781.jpg

コハクチョウの一団は、東山を越えて、次第に見えなくなってしまいました。
(東山の方角は、シベリアの方角なので、やはり北帰行でしょう^^)

現在、安曇野に残っているコハクチョウの数は、553羽。
約半数が、北へ旅立ったことになります。

春は、新しい出会いの季節であり、また、お別れの季節でもありますね~~。。
(コハクチョウさん、お元気で~!また、来季、安曇野に帰ってきてね~!><。。)
by azumino-macro | 2011-02-20 23:56 | 安曇野あれこれ
今日は、先週の土曜日に予定していた第3回土曜日マクロビオティック料理教室が
雪のため開催できなかったので、順延となり、今日になりました。

今日の講義は、「陰」と「陽」のエネルギーについて
「陰陽の原理(無双原理)」についてお話しました。
また、食物の陰陽を陰陽表を使って学びました。

今日のメニューは、

f0233414_2305725.jpg

玄米稲荷寿司
りんごジュースで甘みをつけた油揚げが、美味しい!と好評でした^^

f0233414_2311088.jpg

ひじき蓮根
ひじきの旨みと蓮根の甘みで、お醤油のみの味付けですが、ほんのり甘いです。

f0233414_2312041.jpg

にんじんと青菜の胡麻和え
にんじんの甘さを引き出すことで、胡麻衣には、お砂糖もみりんも使いませんが、
胡麻の甘みも加わって、お醤油のみの味付けとは思えないほど甘いです。

f0233414_2313028.jpg

わかめとお麩のお吸い物
昆布と干し椎茸の出し汁にほっと体も心も緩みます^^

f0233414_231427.jpg

白玉レーズン小豆
小豆の甘みは、レーズンと米飴です。
レーズンをある方法で処理してから小豆の中に入れると、
レーズンが何処に入っているのかわからないほど自然な甘みになります^^

しつこくない甘さ控えめの小豆餡は、今日も好評^^

f0233414_2315528.jpg

今日も、生徒さんに、美味しい!と何度も言って頂き、とても嬉しいです^^

マクロビオティックのお料理はシンプルですが、
陰陽の理論に基づいて作られているので、無双原理への理解は不可欠となります。

陰と陽のバランスをとると、お料理は自然と美味しくなります。
美味しいマクロビオティックのお料理を、是非体験(食べて)してみて下さいね^^
by azumino-macro | 2011-02-19 23:23 | マクロビオティック料理教室

さよなら、コハクチョウ

朝方の激しい雨の後、次第にお天気は回復し、薄日が差してきた午後、
北帰行が始まったコハクチョウの様子が気になって見に行ってみることに。

まずは、明科にある御宝殿遊水地に行ったのですが、
白鳥は、殆んどいませんでした。(カモさんも少なかったです^^;)

コハクチョウの大半がもうシベリアへと旅立ってしまったのか、と愕然!@@;
サヨナラ、も言わずに、サヨウナラになってしまうなんて!
とすっかり気落ちしてしまったのですが、
(まるで、恋人との突然の別れに直面したかのような気持ちに・・・・^^;)
何とか気を取り直して、北穂高の孤島の田んぼに行ってみることに。

すると・・・・。

f0233414_2211184.jpg

いました!
多いときは、飛来数、1000羽を超えていたコハクチョウですが、
北帰行が始まったとは言え、まだ、半分くらいは残ってくれているようで、
とりあえず、ホッとしました^^;

f0233414_22123383.jpg

水の張っていない田んぼで休んでいるコハクチョウもいて、思わず、嬉しくなってしまいました^^

f0233414_22312334.jpg

それでも、もうすぐ、餌やりのおじさんに群がるコハクチョウ達のこの姿も、
見られなくなる日も近いと思うと、とっても寂しいです--。。

f0233414_22561630.jpg

こうしてコハクチョウの姿をカメラで追う楽しみもなくなってしまうと思うと、
今の内に出来るだけ写真に収めておこうと、
今日はいつもにも増して沢山シャッターを押してしまいました^^;
(いつもコハクチョウを撮ると、沢山撮ってしまうのですが・・・^^;)

コハクチョウの写真をUPできるのも今年はもう今回が最後かもしれませんので、
UPした枚数が多いですが、どうぞたっぷりとご覧下さい^^;

f0233414_22415642.jpg


f0233414_23231659.jpg


f0233414_2325258.jpg


f0233414_23262185.jpg


f0233414_23265932.jpg


f0233414_23275217.jpg


f0233414_23285770.jpg


f0233414_23294825.jpg


f0233414_23334140.jpg


f0233414_23341424.jpg


f0233414_23372054.jpg


f0233414_23394165.jpg


f0233414_23402937.jpg


f0233414_23454843.jpg


f0233414_23465555.jpg


f0233414_23473349.jpg


f0233414_0165754.jpg


f0233414_0154970.jpg


f0233414_7413246.jpg

今年は、鳥インフルエンザなどの脅威があり、
これからのコハクチョウを取り巻く環境がとても心配ではありますが、
また、次の冬、幼鳥を連れて、安曇野へ戻って来て欲しいものですね^^
by azumino-macro | 2011-02-18 23:20 | 安曇野あれこれ