安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2011年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

安曇野スタイル2011

昨年初めて「安曇野スタイル」期間中に、
安曇野周辺にお住まいの個性溢れる作家さん達の工房を訪ねて、
とても楽しく有意義な時間を過ごせたので、
今年の安曇野スタイルも、今からとっても楽しみにしているところですが、

今年の「安曇野スタイル2011」のポスターが出来上がったそうで、
早速、いただいてきました^^v

f0233414_750631.jpg

今年も、安曇野の森の小さな美術館「バナナムーン」成瀬政博さんのイラストです^^

パンフレットはこれからだそうで、こちらも今から楽しみですね^^

今年の安曇野スタイルでは、どんな出会いがあるのかな?
考えるだけで、ワクワクしますね^^
by azumino-macro | 2011-07-30 23:33 | 安曇野あれこれ
最近ライアーのコンサートで訪れて以来、
何かと旧四賀村にある「Sabou しが むすびや」 さんへ足を運ぶことが多く、
今日は、むすびやさんのランチを頂くことにしました。

f0233414_22421742.jpg

場所は、四賀村にあるゴールデンキャッスルという結婚式場のすぐ近くなので、
分りにくいようで(^^;)、とっても分りやすいところにあります^^

f0233414_22424829.jpg

古民家特有の家の造りから、入り口が低いので、中に入るときは、頭上注意ですね^^;
(いつも頭をぶつけてしまう私^^;)

f0233414_234146.jpg

今日は、むすびやさんのおまかせご膳を頂きました。

まず、出てきたのは、桑の実の酵素ジュース

f0233414_2344549.jpg

きゅうりの山椒味噌添え

f0233414_2346332.jpg

酵素玄米と数々のおかずが、こんなに沢山^^;

f0233414_23472682.jpg

何よりも、この酵素玄米が、とっても美味しい!
酵素の働きで、消化が良くなっているそうで、よく噛んで食べると、
口の中に玄米の甘味が広がり、驚きの甘さに!
(おコメが持つ甘さをこんなに強く感じたことはありません)

f0233414_23504783.jpg

そして、もつひとつ驚いたのは、このお漬物が、メチャメチャ美味しかったこと!
何で漬けているのかお伺いしたところ、

f0233414_23561316.jpg

「玄米こうじ漬けの素」というものを使って漬けているそうで、
「玄米こうじ」なるものがあるなんて全く知らなかった私は、玄米こうじとの出会いに狂喜したのでした!^^

f0233414_001293.jpg

最後に、お知らせですが、
このフライヤーの通り、「むすびや夏祭り」が8月13日、14日に開催されるそうで、
四賀村の自然に囲まれたゆったりしたスペースで、オーガニックなお食事を頂くことが出来ます。

様々なブースも出店するそうなので、ワーク体験や展示品を楽しんだり、
ライブ演奏もあるそうで、楽しいお祭りとなりそうですね^^

そして更に、寝袋や毛布持参なら、無料で宿泊もさせてもらえる、というのですから、
むすびやさん、太っ腹ですね!^^

この夏祭りの会場に、私も少しですが、
マクロビオティックのスウィーツを並べさせてもらう予定です。

まだどんなスウィーツにするか決めていませんが、
Graceful Sweets Schoolで習ってきたばかりのスウィーツにしようか、などと
大胆不敵な(?)ことを考えています^^;

試作ができましたら、UPしようと思っていますので、
いつもように、気長にお待ち下さいね?^^;
by azumino-macro | 2011-07-29 22:40 | 日々のあれこれ

パソコンの不具合

東京自由が丘のパティスリー シンプルモダンマクロビオティックで開催された 
Graceful Sweets School 最後の講座 Inspiration Course を受講した後、

帰宅後、撮影してきた画像をPCに取り込んで、メールなどをチェックしていたら、
突然、PCがプッツンしてしまいました~!!((@@));;(Oh, my god!!)

PCの画面が真っ暗になってしまった後は、何をやってもダメで、
あれこれいじってみましたが、復旧できず、結局、修理に出す羽目に!ーー#
(これは、違うPCを使ってUPしています)

中の画像データがどうなってしまうのか、とても心配ですが@@;
とにかく診てもらわないことには、今の段階では何とも言えないそうで、
こうなってしまったからには、無事にPCが直って手元に帰ってくることを祈るばかりです。
(まだ、買って半年しか経っていないのにぃ~~!!)

Graceful Sweets School の Inspiration Course で習ったスウィーツは
どれも素晴らしく美味しかったので、PCの画像データを取り出せるようになったら、
ブログでご紹介したいと思いますので、しばらくお待ち下さいね^^;

f0233414_21245352.jpg

代わりに、と言ったら申し訳ないですが、オリジナルスウィーツの画像をUPします^^;
いつもの豆乳甘酒ゼリーブルーベリーソースかけ
むすびやさんに持っていって、食べていただきました^^v

(Graceful Sweets の写真を待ち望んでいた方々には、大変申し訳ありません!^^;)
by azumino-macro | 2011-07-28 21:37 | 日々のあれこれ
先日開催された池末先生の「いのちの環 ライアーコンサート」の会場にもなった
旧四賀村にある「Sabou しが むすびや」で、

f0233414_2124939.jpg

何でもマヤ暦で「時間をはずした日」とされている今日、
「時間をはずした日のまつり」というイベントがありました。

f0233414_21234550.jpg

「Sabou しが むすびや」さんは、
今年の2月まで松本市にある「むすび亭」という酵素玄米のおむすびのお店でしたが、
この6月に四賀村へお店を移転されたのでした。

f0233414_21374391.jpg

古民家を改装したモダンな内装の古民家カフェレストランSabou しが むすびや

f0233414_21451024.jpg

古い家具や調度品も、素敵なインテリアに^^

f0233414_21491350.jpg

広い庭を眺めながら、ゆっくりとお食事が出来ます^^

f0233414_21504774.jpg

今日は、イベント用の特別メニューということで、
バイキング形式のランチメニューでした。

f0233414_21522753.jpg

お食事は、マクロビオティックを基本としているそうで、何とも嬉しいですね^^

f0233414_21543298.jpg

看板メニューの酵素玄米のおにぎり。
ひとつでも食べ応え十分、とってもおいしかったです^^

f0233414_215639100.jpg

お食事の後は、「わの舞」の踊りを踊り、

f0233414_21575425.jpg

ライアー製作者であり、ライアー奏者でもあるワームウッド8さんによる
ライアー演奏がありました。

何でも、演奏された曲は、ご自分で作曲されたそうで、
ライアーらしい癒しに満ちた心が嫋やかになるようなメロディーでした^^
(もちろん演奏されているライアーは、ワームさんご自身が制作されたものです)

f0233414_2212882.jpg

一年に一日だけある「時間をはずした日」。
マヤ暦のことは、よく分かりませんが、

「Sabouしがむすびや」さんで、滋養溢れるマクロビオティックなお食事を頂き、
そこに集まった人々で「わの舞」を愉しみ、癒しの音ライアーの演奏を聴きながら、
自然時間がゆっくりと流れていくのを感じ、ゆったり、のんびり過ごしたのでした^^;

たまには「時間をはずして」みるのも、いいですね^^;
(いつも、はずれてばかりの私ですが・・・?^^;)
by azumino-macro | 2011-07-25 22:34 | スローフード

常念岳登山 後編

常念乗越からは、常念岳山頂と、

f0233414_2146725.jpg

お隣の横通岳と東天井岳とを、はっきりと見ることが出来ました^^v

f0233414_20592537.jpg

が、残念ながら、常念小屋の後方に見える筈の穂高連峰(左側)と槍ヶ岳(右側)が
ちょうど雲に隠れて見えませんでした;;
(見えているのは、表銀座縦走コースの西岳、赤岩岳の稜線です。
 その向こう側に、少しだけ、穂高連峰の雪のついた山肌が見えています)

常念乗越から見える槍穂高が迫るようにそびえる様は、
さぞかし迫力のある風景だったことでしょう^^;

f0233414_21102298.jpg

西側は残念でしたが、東側は、この通り、雲海の上に広がる風景を堪能することが出来ました^^v

f0233414_21153941.jpg

このすっきりとした山容は、上田市にある四阿山でしょうか?

f0233414_21171877.jpg

浅間山。
その隣に見える筈の八ヶ岳は、残念ながら、雲の中で見えませんでした。

f0233414_21265498.jpg

岩と石だらけの山小屋周辺にも、足首の高さほどの小さな高山植物が咲いていました^^
高山のがん礫地に生えるイワツメクサ

f0233414_21282065.jpg

何回かご紹介したことのあるキスミレの仲間、キバナノコマノツメ
白い花は、ホソバコゴメグサ

f0233414_21311930.jpg

高山植物の女王、コマクサ

f0233414_21353375.jpg

夜明け前に出発し、山頂を目指します。
星も月も出ていて、雲が切れているようだったので、
山頂からのご来光と素晴らしいパノラマ風景を期待して登り始めました^^

f0233414_21553940.jpg

まだ薄暗い中、岩がゴロゴロしている山道を赤い印を頼りに登って行きます。
常念岳山頂は、岩が積み重なっているだけなので、
岩の上で滑らないように全神経を集中しながら進まなくてはならず、結構疲れます。

f0233414_2153325.jpg

気が付かない内に夜が明け、明るくなっていましたが、あっという間に霧が出てしまい、
視界が悪く、ほとんど何も見えない状態になってしまいました!@@;

f0233414_21593720.jpg

常念岳山頂は、思ったより狭く、2、3人がやっと立つことが出来るほどのスペースに、
小さな祠が祀ってありました。

今回の無事の登頂はもちろん、ここまで登って来られるほどに健康を回復できたことも、
手を合わせて、心から感謝しました^^

f0233414_22457100.jpg

長い間、日常生活もままならない健康状態だったため、
北アルプス復帰が実現するまでの道のりはかなり遠かったので、
常念岳の山頂に立った、正にこの瞬間の感激は、ひとしおでした^^

f0233414_2211685.jpg

蝶ヶ岳への縦走路。
多くの登山者が、北アルプスを縦走して歩くようですが、
今回は、まだまだ再挑戦第一弾ということで、常念岳のみの往復にしました。

今度ここに来るときには、この道を通って、蝶ヶ岳へも足を延ばしたいですね^^

f0233414_22155898.jpg

晴れていれば、360度のパノラマを満喫できるそうですが、
生憎と、ガスっていて、山頂からは何も見えず、
がっかりして下山したのですが、その下山途中、振り返ると、
一瞬、雲が切れて、おひさまと青空と常念岳が顔を出してくれました^^v
(その後また直ぐにガスってしまい、下山後から今日に至るまで、
いまだに常念岳は雲の中なので、山頂を垣間見られただけでも良しとしましょう!^^;)

f0233414_22193619.jpg

結局、今回期待していたパノラマ風景は、
次回へのお楽しみということになってしまいました^^;

できれば、次回は縦走に挑戦したいと思っているので(無謀との声も?^^;)
それまでに、もう少し体力をつけなければ、と大いに反省したのでした!^^;

(下山後は、筋肉痛がひどく、これは完全にトレーニング不足の証拠ですね^^;)
by azumino-macro | 2011-07-24 22:43 | トレッキング

常念岳登山 前篇

1年前に引っ越して来た時から、
安曇野の我が家から真正面に見える常念岳(2,857m)に、
一度は登ってみたい、とず~と思っていました。

f0233414_20412656.jpg

北アルプスは、10年ほど前に白馬岳、槍ヶ岳、鷲羽岳に登ったことはありましたが、
安曇野から見える北アルプスは行ったことがありませんでした。

そしてその後、体調を崩してしまったこともあり、
それ以後、登山は諦め、山からは遠ざかっていたのですが、

7年前にマクロビオティックに出会い、
食生活を改めることで、徐々に健康を回復し、
低山ウォークから慣らして、これなら多分大丈夫と思えるようになった今年、
長年の夢の夢だった北アルプスに再挑戦することにしたのでした!^^v

f0233414_2052080.jpg

常念岳登山の表玄関とも言える一ノ沢から常念小屋(2,460m)まで歩いて5.7km、標高差1,200m。
更に常念小屋から常念岳山頂まで400m近く登らなくてはなりません。

いつの日かこの先に歩いて行けたらと憧れの気持ちで眺めていた登山口を
今日は、10kg近い荷物を背負って、今年新調した登山靴を履いて通過しました。

f0233414_20563388.jpg

しばらく行くと、山の神社があり、山の神とされていたのは、
大きなトチノキの古木でした。

登山の安全と無事の登頂を祈願します。

f0233414_2133865.jpg

登山道は、一ノ沢に沿って登っていくように作られているので、
水場が多いことと、夏場は涼しいということで、
比較的登りやすいコースになっているようです。

紀伊半島に大雨を降らせた台風6号が通り過ぎたばかりなので、
沢は、みな水量が多く、登山道も一部、川と化していました^^;

f0233414_21143658.jpg

夏山も始まったばかりなので、登山道には多くの高山植物が咲いていました^^
センジュガンピ

f0233414_2116786.jpg

コバノイチヤクソウ

f0233414_21164844.jpg

ゴゼンタチバナ

f0233414_21172165.jpg

葉緑素のない植物、ギンリョウソウ、別名、ユウレイタケ^^;
(確かに、そんな印象の植物ですね^^;)

f0233414_21185842.jpg

ミヤマカラマツ

f0233414_21274156.jpg

ヤマハハコ

f0233414_212947.jpg

ミヤマアキノキリンソウ

f0233414_21401225.jpg

オオバミゾホオズキ

f0233414_21422232.jpg

ニッコウキスゲ

f0233414_21432525.jpg

八方尾根にも咲いていた食虫植物のムシトリスミレ

f0233414_2150401.jpg

一ノ沢に沿って歩き、標高差700mほど登りましたが、その一ノ沢ともお別れです。

f0233414_21561294.jpg

ここから、いよいよ常念岳登山の一番の難所(?)胸突八丁という名の急勾配が始まります^^;
標高差400mほどを一気に登っていきます。

f0233414_21572122.jpg

あっと言う間に、眼下に一ノ沢を見下ろす位置にまで登りました。

f0233414_21592330.jpg

登山道は、どこもよく整備されていますが、ここからは狭い道が続き、
滑落事故も多発している箇所なので、細心の注意を払いながら歩きます。

f0233414_2211150.jpg

道が細いので、すれ違うのは大変です。
運良く、下山者がほとんどいなかったので、恐い思いをしないで済みました^^;

f0233414_223166.jpg

いろとりどりの高山植物が咲いていて、さながらお花畑のようでした^^
白い花は、アマニュウ、ピンク色の花は、シモツケソウ

f0233414_227596.jpg

クルマユリ

f0233414_22111454.jpg

カエデの花も色付いていました。

f0233414_22125393.jpg

シロバナニガナ

f0233414_22144923.jpg

タカネニガナ

f0233414_22221456.jpg

アブラツツジ?
(ドウダンツツジの仲間のようですが、よく分かりません^^;)

f0233414_2232546.jpg

所々に、雪渓も残っていて、ここまで来ると、随分と登ったという感じです。

f0233414_22344049.jpg

周りはガスっていて、霧でほとんど視界はありません^^;
山頂からの眺めを期待して登ってきたのですが、何も見えなさそうですーー;

f0233414_22364076.jpg

台風一過を期待してこの日に登ることにしたのですが、期待外れだったようで、
ガッカリしながら登っていくと、常念小屋まであともう少しという所で、
にわかに辺りが明るくなって、急に視界が開けました!

見ると、目の前に常念岳山頂がそびえていました!

f0233414_22385361.jpg

白い雲海が眼下に見え、どうやら今までこの雲の中を歩いていたようです^^;
2,500mより上空はこの通り、晴れて青空が広がっていました^^v

f0233414_22415261.jpg

初めて間近で見る(当たり前ですが・・^^;)常念岳の山頂

f0233414_23434977.jpg

完全に森林限界を過ぎていてるので、ハイマツ以外の草木はほとんど生えていなく、
常念小屋のある常念乗越より上部の山頂付近は石と岩で覆われています。

f0233414_23103870.jpg

途中、何度も休憩して、やっと、何とか、常念小屋まで辿り着くことが出来ました!^^;

この日は、ここまでで丁度エネルギー切れになってしまったので、
このまま常念小屋に泊まり、山頂は明朝アタックすることにしました^^;

(長くなったので^^;明日に続きます)
by azumino-macro | 2011-07-23 23:11 | トレッキング
昨年もこの季節に八方尾根に咲く高山植物を見に行きましたが、
今年も、お花畑を目当てに、白馬八方尾根自然研究路を八方池まで歩いてきました^^

f0233414_5411651.jpg

生憎と雲が多く、北アルプスは見えませんでしたが、
予想通り、多くの高山植物のお花が見られ、楽しいウォーキングとなりました。

f0233414_5442529.jpg

今が盛りのニッコウキスゲ

f0233414_5455188.jpg

コース沿いに沢山咲いていたヤマブキショウマ

f0233414_549401.jpg

イワシモツケも沢山咲いていました

f0233414_551245.jpg

アズマウサギギク

f0233414_5522625.jpg

テガタチドリ

f0233414_5535144.jpg

チングルマ
ピンク色の花は、イワカガミ

f0233414_557130.jpg

ヨツバシオガマ

f0233414_5575496.jpg

ハクサンタイゲイ

f0233414_621051.jpg

タテヤマウツボグサ

f0233414_66479.jpg

トキソウ

f0233414_68971.jpg

ハッポウウスユキソウ

f0233414_6122561.jpg

タカネナデシコ
(ボケボケでスミマセン^^;)

f0233414_6151147.jpg

エゾシオガマ

f0233414_6174440.jpg

キンコウカ

f0233414_6201864.jpg

ハッポウタカネセンブリ

f0233414_7552085.jpg

ハッポウアザミ
花名にハッポウと付く花も結構あるんですね^^

f0233414_6212342.jpg

コバイケイソウ

f0233414_17311253.jpg

イワイチョウ(別名ミズイチョウ)

f0233414_6224867.jpg

ムシトリスミレ
名前にスミレと付いていますが、スミレの仲間ではなく、
葉から出る消化液で、葉に止まった虫を消化してしまう食虫植物だそうです^^;

f0233414_6252141.jpg

そして、お目当てだったハクサンコザクラ
雪田周辺に群落となって咲いていました^^v

f0233414_6273798.jpg

雪田?
そう、まだ、こんなに雪が残っていました!^^;

f0233414_6331792.jpg

八方池の周りにもまだ雪が残り、今年は残雪が多いようです。

f0233414_6381326.jpg

ミヤマツメクサ

f0233414_641472.jpg

クモマミミナグサ
白馬岳周辺と日光赤薙山に生えるミヤマミミナグサの変種

f0233414_8233042.jpg

ヒロハヘビノボラズ
何だか舌を噛みそうな名前ですね^^;

f0233414_7451835.jpg

花の時期ということもあって、八方池には多くの人が訪れていました。

f0233414_747882.jpg

美ヶ原にも少し咲いていたタカネバラ

f0233414_7493591.jpg

ミヤマムラサキ

f0233414_751117.jpg

イワギキョウ

f0233414_753489.jpg

北アルプスは全く見えませんでしたが、
多くの高山植物が咲き乱れるお花畑を堪能できました。

f0233414_759239.jpg

少しずつ咲く花は違ってきますが、まだまだこのお花畑は楽しめるようです^^

よく整備されて歩きやすい片道2時間ほどの行程なので、
猛暑の暑さを忘れさせてくれる標高2,000mに吹く涼しく爽やかな風に吹かれながら、
比較的手軽に、高原や高山に咲くお花畑を楽しむことができます^^

(この他にもいろいろ咲いていたのですが、UPしきれず、
 それでも今回は、高山植物の花図鑑のようになってしまいました^^;)
by azumino-macro | 2011-07-20 08:09 | トレッキング
今日の最高気温は、30℃ちょっとということで、比較的過ごしやすかった安曇野。

f0233414_21592535.jpg

朝から、青空という訳にはいきませんでしたが、爽やかな夏山の風景が広がりました^^

f0233414_20495953.jpg

久しぶりに訪れた北アルプスの全貌を眺めることができる数少ない撮影日和。

f0233414_2053084.jpg

三連休は、どこも混雑しているので出掛けないつもりでしたが、
今日のこのチャンスを逃したら、またいつこのような風景を拝めるかわかりません^^;

そこで急遽、お気に入りのビューポイント、美ヶ原の「思い出の丘」へ行くことに^^
(もちろん、今回は、時間がないので、車です^^;)

f0233414_211043.jpg

明日からお天気は下り坂ということで、青空ではありませんでしたが、
南北に広がる青い山々の連なりに思わず溜息が出ます^^

f0233414_21122663.jpg

まさに、青い山脈ですね^^
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。

f0233414_21154667.jpg

北信の山々も見えます。
(すみません^^;詳しい山の名前はよくわかりません・・・^^;)

f0233414_21194341.jpg

左から餓鬼岳、船窪岳、北葛岳、蓮華岳

f0233414_22165980.jpg

左から穂高連峰、南岳、槍ヶ岳、
前列の稜線は、蝶ヶ岳、常念岳(ほぼ、槍ヶ岳に重なってしまっていますね^^;)、横通岳、大天井岳
眼下に広がるは、松本平に広がる松本市と山形村

f0233414_2131320.jpg

東側には、佐久市の街並みと浅間山が広がります。

f0233414_21353140.jpg

御嶽山
王ヶ鼻に御嶽山の方向を向いた石造群が建っていましたね。

f0233414_21401373.jpg

乗鞍岳

f0233414_2142082.jpg

穂高連峰

f0233414_21433270.jpg

南岳と槍ヶ岳
前列は、常念岳

f0233414_2146826.jpg

青空ではありませんでしたが、また、稜線に雪はついていませんが、
夏場にこれだけの透明度で北アルプスの稜線の広がりを堪能できるのは、
そうあることではありません。

f0233414_2150108.jpg

明日からは、台風の影響で安曇野でもまとまった雨が降るようで、
その影響からか、午後からは、雲に覆われてしまい、
この青い山脈の景色を楽しめたのは午前中だけでした^^;

今度また、このような景色を見ることができる日まで、
しばらくの間、我慢ですね^^;
by azumino-macro | 2011-07-18 22:00 | 信州あれこれ

三連休の安曇野

いつもよく車で通っているオリンピック道路を走っていたら、
大王わさび農場の交差点のかなり手前で、大渋滞に巻き込まれてしまいました!@@:
(ヒエ~~東西南北どの方向へ行くにも、長~い車の行列ができています!@@;)

f0233414_0341588.jpg

そう言えば、今日は、三連休の中日でした!
GWと夏休み中の休日、特にお盆休み中は、この交差点は渋滞するのが常なので、
通らないように迂回するのが賢明だったのでした!(すっかり忘れていました^^;)

今年は、「おひさま」効果なのか、特に渋滞がひどいように感じます^^;
(観光地としては、大歓迎なのですが・・・?^^;)

他県ナンバーの車が多く行き来する夏休みは、
安曇野が一年で一番賑やかな季節と言えます^^

f0233414_0415330.jpg

よいお天気は続いていますが、このところ、全く北アルプスは姿を現してくれません。
青空なのですが、気温が高すぎるようです^^;

f0233414_050727.jpg

明日から少しお天気が崩れるようですが、
連日の猛暑日に、体も心も夏バテ気味なので、
クールダウンのためにも、一雨欲しいところですね^^;
by azumino-macro | 2011-07-17 23:27 | 安曇野あれこれ

家庭菜園のその後

毎日、毎日暑い日が続きますね。
安曇野では今日、とうとう今年の最高気温35.2℃を記録しました!@@;
(信州は避暑地ばかりだと思っていたのですが、大間違いでした^^;)

皮膚を刺すような強い直射日光の下で、植物は元気にすくすくと成長しています。

f0233414_22464574.jpg

バジル。
お料理にちょっとバジルを加えるだけで、イタリアンに変身!
何も手間をかけなくとも成長著しく虫もつかないので、とても便利なハーブですね^^

f0233414_2249754.jpg

ペパーミント
スウィーツの飾り付けに、あると便利なハーブです。

f0233414_22524833.jpg

ブラックベリー と

f0233414_22532320.jpg

ブルーベリー
両方ともジャムにしたかったのですが、収穫量が少なく諦めました^^;

f0233414_2315964.jpg

シシトウ

f0233414_232331.jpg

ツルムラサキ

f0233414_2332733.jpg

まだ小さくてよくわかりませんが、これは、オクラです。

f0233414_2343630.jpg

ダイコン
葉っぱを食べたかったのですが、青虫に先に食べられてしまいました^^;

f0233414_235473.jpg

モロッコインゲン
花の段階で、まだ実っていません^^;

f0233414_2365089.jpg

夏は、これがなくては始まりません?
エダマメ
(第一陣で撒いた豆は、鳥に食べられてしまいました^^;)

f0233414_2375471.jpg

トウモロコシは、まだ穂が出てきたばかり。
これからの成長が楽しみです^^

f0233414_239242.jpg

トマト
真っ赤に熟するまで待ちます^^

f0233414_2310245.jpg

カボチャ
葉が生い茂り過ぎて、どこにカボチャが育っているのか、わかりません^^;

f0233414_23134720.jpg

ゴーヤの緑のカーテンもここまで伸びてきました^^

f0233414_23193581.jpg

このところの植物の成長が著しいのには驚きます。
おひさまの力は、偉大ですね^^

でももう少し、手加減して欲しい気もしますが・・・?^^;
(毎日の水やりも結構大変です^^;)

今年始めた家庭菜園、収穫期を狙うカラスなどの鳥類や、
無農薬で作っているので、虫との戦いの日々が続きます^^;
by azumino-macro | 2011-07-16 23:31 | 日々のあれこれ